バイオ医薬品業界向け分離機

適切な分離システムで収益性を向上

細胞の回収は、すべての発酵ベースの薬物生産における重要なステップであり、分離システムの選択は、製品の品質、収量、および次工程のコストに大きな影響を与えます。アルファ・ラバルは、数十年にわたってバイオ医薬品業界に分離システムを提供してきました。当社は、あらゆる種類のバイオ医薬品業界の用途にディスク型遠心分離機を提供しています。私たちはお客様の課題を理解し、プロセスが使用するセルタイプやプロジェクトのサイズに関係なく、応用専門家チームがお客様にぴったりの衛生的な分離システムを提供します。

ご検討ください

弊社のバイオ医薬品専門家と植物の細胞採取改善の可能性をご検討ください。

 

 

Culturefuge 400

Culturefuge遠心分離機シリーズ―穏やかなフィードによる高効率

当社のCulturefugeシリーズは、哺乳類細胞培養を使用するプロセス用に特別に開発されました。独自の設計によりCulturefugeは壊れやすい細胞を培養液から非常に優しく分離し、細胞溶解や製品の汚染のリスクを最小限に抑えます。

  • 穏やかな細胞処理により、複雑な下流処理の必要性を最小限に抑え、生産コストを削減
  • 完全気密設計
  • 衛生的、完全蒸気滅菌可能、CIP対応
  • FDAに完全準拠
  • 最も厳しいcGMP要件に適合
  • 幅広いモデル範囲による簡単なスケールアップ
  • コンパクト
  • 低エネルギー消費
  • 柔軟性があり、複数の製品ラインを処理できます
  • 比類のない性能を備えた独自の特許デザイン

 

詳細を見る

 

Culturefuge 400

アルファ・ラバルMB 601のブースト

アルファ・ラバルMB 601は、特許取得済みのインテグラルディスクを搭載したバイオ製薬業界初のディスクスタックセパレーターです。この画期的な技術には以下のような利点があります。

  • 分離能力の向上
  • 高められた分離性能
  • 衛生面の改善によって、クリーニングがより早く簡単に

MB 601は、穏やかな製品処理のために設計されており、完全に密閉されています。最も厳しい業界要件に適合しており、細胞培養、バクテリア、rDNA製品、ワクチンなどのプロセスを対象としています。

詳細について

新しいMB 601についてはお問い合わせください。

 

MB 601

Culturefuge 分離機シリーズ — 穏やかなフィードによる高効率

ヘルメチックデザインのCulturefuge遠心分離機シリーズは、哺乳動物細胞培養を使用するプロセス用に特別に開発されました。独自の設計のおかげで、Culturefuge は壊れやすい細胞を培養液から非常に優しく分離し、細胞溶解や製品の汚染のリスクを最小限に抑えます。バイオ医薬品の生産には、しばしば長くて費用のかかる発酵プロセスが伴います。その間、細胞内タンパク質の汚染が原因でバッチを台無しにするリスクを抑えます。アルファ・ラバル Culturefuge を使用すると、パイロットやデモスケールから最大規模の製造運転まで、あらゆる規模のプラントで信頼できる細胞回収システムが構築できます。

Culturefuge 分離装置の主な利点は次のとおりです。

  • 穏やかな細胞処理により、複雑な下流処理の必要性を最小限に抑え、生産コストを削減
  • 完全気密設計
  • 衛生的、完全蒸気滅菌可能、CIP対応
  • FDAに完全準拠
  • 最も厳しいcGMP要件に適合
  • 幅広いモデル範囲による簡単なスケールアップ
  • 柔軟性があり、複数の製品ラインを処理できます
  • 比類のない性能を備えた独自の特許デザイン

バイオ医薬品の生産のための当社の Culturefuge 範囲のユニークな特長について詳しくご覧ください。

 

もっと詳しく知る  パンフレットをダウンロードする

 

biopharma_culturefuge_vignette.jpg

シングルユ—スのバイオ医薬品処理向けの最初のディスク型遠心分離機

アルファ・ラバル CultureOneTMに対応:剪断に敏感な生体物質を穏やかに処理することによる効率的な清澄、および収率増加とタンパク質回収率の向上。比類のない性能で少量バッチ生産の新しい可能性を発見してください。

あなたにぴったりの分離装置を見つけましょう

細胞回収遠心分離機を選択する際に考慮すべき多くの要因があります。細胞の種類、培養液中の細胞濃度、最大通液量、将来の生産規模の拡大、バイオセイフティレベル、および可能な封じ込め要件。当社の専門家が、お客様のプロセスに最適な分離システムの選択をお手伝いします。新しい機器がお客様のすべての要件を満たし、最適な製品品質、生産歩留まり、性能を提供できるようにします。以下の分離機モデルの詳細をご覧ください。   

Culturefuge シリーズ

culturefuge_400_right_side_640x360.png

Culturefuge は、哺乳動物細胞培養、微生物細胞および沈殿タンパク質向けに特に開発された、独自の下部からの給液の気密分離システムです。結果として生じる遠心分離機内の供給の穏やかで効率的な加速は、剪断に敏感な細胞壁膜の破壊を回避するのに役立ちます。これにより、標的タンパク質の下流での精製が容易になり、費用対効果が高くなります。

Clara シリーズ

clara_250_front_640x360.png

Clara 分離機は、工業用発酵用途向けに特別に開発されました。それらは、実験室やパイロット規模の運転から、発酵プラント用の大型産業用遠心分離機のモデルまで、あらゆるサイズのシステムとして提供されています。これらの遠心分離機は、穏やかな製品処理、高い分離効率、および低消費電力を保証します。モデルに応じて、分離機は、非気密(上部供給)設計から完全気密(底部供給)設計まで、さまざまな設計で利用できます。

BTPX

btpx_710_system_left_side_640x360.png

BTPX は、沈殿タンパク質、微生物ブロス、ホルモン、その他のバイオ医薬品用途のための自動遠心分離機です。この分離システムには100年以上の技術的ノウハウと開発が組み込まれており、パイロットまたは中規模のセットアップで遠心分離機の性能を発揮します。卓越性を得るために設計されたこの固液分離機は、清浄機、清澄機および濃縮機として使用することができます。

BTUX

btux_510_system_right_side_640x360.png

このノズル遠心分離機は、固形物の連続的な排出を必要とする高密度発酵など、幅広いバイオテクノロジー業務用に設計されています。本格的な生産に向けた準備として、実績のある分離ソリューションです。分離機ボウルには、アルファ・ラバル独自のヴォルテックス式ノズルが装備されており、従来のノズル遠心分離機にはない性能を提供します。その効率が高いため、このノズル遠心分離機は目詰まり点の近くで運転できます。

FEQX

fesx_feqx_520_right_side_640x360.png

これらのノズルボウル分離機は、工業用発酵用途向けに設計されており、さまざまなサイズと構成で利用できます。それぞれが、広範囲に多様化する分離の仕事を取り扱うために設計され、適しています。

FESX

fesx_feqx_520_right_side_640x360.png

これらのノズル遠心分離機は、固形不純物の有無にかかわらず、細胞含有量が高い微生物の分離に最適です。細胞はボウルの周囲に配置されたノズルから連続的に排出されます。その設計のおかげで、分離機は細胞含有量が高い、より大きな微生物、たとえば酵母を処理できます。

FEUX

feux_214_right_side_640x360.png

FEUX 分離機は、設計機能の独自の組み合わせを組み入れ、工業用発酵用途で最適な分離と濃縮効率を保証します。これらの機械は、洗浄サイクル中に洗い流された固形物を自動的に排出するように設計されており、そのためこの分離機は特に自動定置洗浄(CIP)を装備したプロセスラインに適しています。

MBPX

mbpx_404_left_side_640x360.png

MBPX は、特に微生物学的用途のために調整された高速ボウル速度を備えた一連の製薬遠心分離機です。これらの遠心分離システムは粒子サイズ約 0.5~500 μmの浮遊固形物の分離に適しています。この範囲の分離機には、小規模な実験用機械や大規模な工業用遠心機が含まれます。2つのバージョンが提供されています:従来の上部流入オープン、非気密型または中空のスピンドル完全気密型。

MBUX

mbux_214_right_side_640x360.png

MBUX 工業用遠心分離機は、製薬用途における酵母およびその他の微生物の回収に非常に適しています。様々なサイズで利用可能な、これらの分離機は濃縮された固形物を回収するために必要なエネルギーは、比較的少ない量ですみます。システムは密閉構成により、高い衛生状態が得られます。

可能性を探る

アルファ・ラバルのエクスプローラープログラムでは、お客様の現場で当社のディスクスタック分離システムを試して評価することができます。これにより、お客様の特定のプロセス条件の下で装置の性能を試験することができます。テストランの設定については、弊社までご連絡ください。

患者の安全が第一

私たちの第一の優先は、患者の安全であり、当社のバイオ医薬品分離システムのどの部分もこの考えの元に設計されています。私たちのソリューションは、衛生、洗浄可能性、トレーサビリティ、記録、システム変更と検証に対する最高の製造基準に適合しています。製薬業界に遠心装置を供給する長い経験があり、cGMPコンプライアンスのすべての要件を管理するための規制専門知識と組織ツールを持っています。私たちは、最も厳しい業界の要求に準拠する検証、証明書、文書を提供します。社内の工場受け入れテスト(FAT)ラボでは、納品前に各システムを検証でき、必要に応じて追加の検証サービスも提供できます。

 

Patient safety

 

clara_support_vignette.jpg

信頼できる性能

アルファ・ラバルをサービスパートナーとしてご利用いただくと、専任のサービス専門家のグローバルネットワークによる完全なサポートが得られます。分離性能を向上させるアップグレード、監視システム、監査など、分離システムの寿命全体にわたる幅広いサービスを提供します。当社の専門家は、性能を最大化するために最適な方法でシステムを運転および維持するようにオペレーターをトレーニングします。当社の流通ネットワークは、必要に応じて、必要なコンプライアンス証明書をすべて備えたスペアパーツを迅速に提供します。 

アルファ・ラバル サービスの詳細

 

サービス概要

お問い合わせ

アルファ・ラバルの機能を活用する

すべてのアルファ・ラバルの分離機は、ディスク型分離技術での130年以上の経験とお客様のプロセスに関する私たちの深い知識を活用して開発されています。その専門知識のすべてが、分離性能を向上させるための独自の機能にどのように組み込まれているかをご覧ください。

イノベーションを探る

分離技術の革新についてもっと知りたいですか?以下のリンクをクリックしてください。アルファ・ラバルは最初のディスク型遠心分離機を発明し、1世紀以上にわたって遠心分離技術の開発をリードしてきました。その過程で得た専門知識を皆さんと共有できることをうれしく思います。Separator Innovator ナレッジベースにアクセスして、分離の進歩と、アルファ・ラバルがテクノロジーに革命を起こし続けるために取っているステップについて詳しく学んでください。