Alfa Laval - MBPX

MBPX

アルファ・ラバル MBPXは、特に微生物学的用途のための高速ボウル速度を備えた一連の製薬遠心分離機です。粒子サイズ約0.5~500 μmの浮遊固形分の分離に適しています。この範囲には、小規模のラボ機器や大規模な製造機器が含まれます。2つのバージョンがあります:従来の上部流入オープン、非密閉型または中空のスピンドル完全密閉型。

mbpx 404 left side 640x360

最小限のせん断応力、無酸素、低消費電力、低騒音レベル用に設計

  • 乾物含量の固形物を保証する調整可能な排出量のおかげで、最小限の製品ロスと下流の加工コスト
  • ボウル形状による高い分離能力
  • 簡単なCIP用に設計
  • FDAまたはUSPクラスIV規制に準拠した、すべての接液製品ポリマーとシールリング
  • メカニカルシールのFDA準拠材料

MBPX 810分離システムは、ディスクスタック分離機を備えた鋼鉄製スキッドと、安全で効率的な操作に必要なすべての補助機器で構成されています。同システムは工場でテスト済みであり、プロセスの流れのフローと電源に接続するとすぐに動作可能になります。

スキッドマウント完全分離システム

MBPX 810分離システムは、ディスクスタック分離機を備えた鋼鉄製スキッドと、安全で効率的な操作に必要なすべての補助機器で構成されています。

同システムは工場でテスト済みであり、プロセスの流れのフローと電源に接続するとすぐに動作可能になります。

非密閉型または完全密閉型

MBPXには、加工要件に応じて2つのバージョンがあります。従来の上部流入オープンの非密閉型や中空スピンドルの完全密閉型です。

MBPX非密閉型

MBPXの非密閉型分離システムは、幅広いバイオマス充填量の取り扱いに大きな柔軟性を与える、かなりの固形物採取スペースと可変排出サイズを 特徴としています。さらに、アルファ・ラバルの特許取得済みのディスク入口が組み込まれているため、流速に関係なく加速ゾーンでのせん断が最小限に抑えられ、タンパク質フロックや微生物細胞が損傷しないため、分離性能が向上します。

MBPX完全密閉型

MBPX完全密閉型分離システムは、簡単な設置と優れた分離性能を兼ね備えています。密閉設計は、中空スピンドル入口、密閉式の出口および液体で完全に満たされた分離機ボウルの組み合わせによって達成されています。独自の密閉型中空スピンドル入口により、粒子の最も穏やかな加速が保証され、粒子の溶解を防ぎます。哺乳動物の細胞培養に理想的です。密閉式の出入口の設計により、空気の連行および酸化や泡といったその他の関連する問題発生を完全に防げます。

多彩なラインアップ

非密閉型シリーズ

  • 容量範囲 100 l/h~300 l/hの実験室規模およびパイロット生産向けのMBPX 404S分離システム 
  • 容量範囲 400 l/h~800 l/hのパイロット生産と小規模生産向けのMBPX507S分離システム
  • 容量範囲1,200 l/h~2,500l/hの中規模生産向けのMBPX810S分離システム

完全密閉型シリーズ 

  • 容量範囲1,500 l/h~3,000l/hの中規模生産向けのMBPX810H分離システム
  • 容量範囲3,000 l/h~8,000 l/hの大規模生産向けのMBPX 714H分離システム
  • 容量範囲3,500 l/h~10,000 l/hの大規模生産向けのMB 601H分離システム
  • 容量範囲5,000 l/h~12,000 l/hの大規模生産向けのMB 701H分離システム 

動作原理

MBPX非密閉型

供給物は上部から静止入口管(1)を介して遠心ボウルに入り、分配器内のディスク入口(2)によって加速されてからディスクスタック(3)に入り、そこでディスク間で分離が行われます。

分離された液相は、ボウル(4)の上部にある液出口から排出されます。より重い固相はボウルの周囲に集められ、そこから予め設定された間隔で固体排出ポート(5)を介して排出されます。

MBPX810H bowl 2
MBPX810S bowl

MBPX完全密閉型

供給物は、底部から中空スピンドル入口(1)を介して回転遠心ボウルに入り、分配器(2)内でそれがディスクスタック(3)に入ると徐々に加速し、そこでディスク間で分離が行われます。 

分離された液相は、ボウル(4)の上部の液出口から排出されます。より重い固相はボウルの周囲に集められ、そこから予め定められた間隔で固体排出ポート(5)を介して排出されます。