Alfa Laval - Filtering and treatment

濾過と処理 - 課題と解決策

濾過、処理、および事前包装

完成されたビールを濾過するために必要な2つの主な技術は、珪藻土とクロスフロー膜分離です。 腐敗、詰まり、および廃棄物の管理は、醸造家が直面する課題の一部です。

ノンアルコールビールやアルコールの強いビールから、フレーバー入りの派生製品に至るまで、差別化された製品の生産が増加しています。 混合、炭酸化、および脱アルコールモジュールに関する当社のポートフォリオでは、皆様の現在や将来の顧客のための新しいユニークな製品を確実かつ柔軟に生産する効果的な方法をご紹介します。

包装前に低温殺菌または滅菌濾過を行って微生物を排除することにより、貯蔵寿命、製品の味わい、および安全性を高めることができます。 当社は、さらに持続可能な方法で実行できる効果的なソリューションを提供します。

.

ビールの濾過

課題

  • 濾過中の珪藻土フィルターの詰まり
  • 珪藻土の使用率の高さ
  • クロスフローフィルターの短い濾過サイクル

成果

  • 分離機出口の安定性と固形物の低減
  • 遠心分離で固形物を除去することにより、珪藻土の全体的な使用量と濾過中の負荷の低減を達成
  • ビール内の微粒子の微細化を最小限にすることで、フィルターの詰まりの低減と濾過サイクルの長期化を達成

課題

  • 製品の保存可能期間の短さ
  • 再感染

成果

  • 微生物の完全除去

課題

  • 濾過中の酸化

成果

  • 醸造期間中の移送ラインの脱気水による酸化の防止

課題

  • 高い廃棄物管理コスト

成果

  • 液体が除去され、乾燥により軽量化が実現するため、珪藻土の廃棄物管理が容易
.

混合、注入、炭酸化

課題

  • 仕様の範囲内でビールを製造

成果

  • 高精度の混合、注入、炭酸化
.

アルコールの除去

課題

  • 低アルコールビールの製造が必要

解決方法

成果

  • 製品への熱の影響がない
  • 低アルコールビール (<0.5% v/v) の製造

課題

  • ノンアルコールビールの製造が必要

解決方法

解決方法

  • ノンアルコールビール (<0.05% v/v) の製造
  • 生産高の一貫性
  • 取り除いたアルコールは原料として他の用途に再利用可能

処理

. .

課題

  • 必要な保存期間の維持と再感染のリスク
  • 大量のエネルギー消費

課題

  • ビール中で除去された微生物
  • 製品の保存可能期間の延長
  • Flexithermの使用により、従来のトンネル型低温殺菌装置と比較して、最大95%のエネルギー回収、運用コストの削減(最大80%)を達成
  • ビール滅菌濾過モジュールの使用により、最小限のエネルギーで低温プロセスを実現
.

お問い合わせ

上記の情報は、当社のプライバシーポリシーに従って保存および処理されます。