デカンタ-遠心分離機

アルファ・ラバルのデカンター型遠心分離機・遠心脱水機は、連続プロセス内でプロセス液から液体と固体を効率よく分離します。 優れた品質とより高い性能が引き出され、他社との違いが明確化された高性能分離/脱水性で従来のデカンターのイメージとは一線を画しています。 アルファ・ラバルの産業用デカンター型遠心分離機・遠心脱水機は、貴重な原材料を効率良く回収し、エネルギー消費を削減し、設置面積と廃棄物管理コストを削減し貴社のプロセスの効率化に貢献いたします。

ビジネスと環境に変化をもたらします:

  • 高性能な分離によりプロダクトの価値を高め廃棄コストを削減
  • 省エネルギーと二酸化炭素排出量を低減
  • 高品質材料の使用、無駄の無い設計、故障予防サービスの提案により、より長い継続運転が可能
  • 性能・エネルギー消費量に対し高いコストパフォーマンスを追及
固液分離は一般的な製造プロセスであり、アルファ・ラバルは、さまざまな業界で固液分離のご要求を満たすためのデカンター型遠心分離機・遠心脱水機を提供し65年以上の経験を持っています。 アルファ・ラバルは、業界のノウハウと世界中の専門的なプロセスの経験と合わせて、特定のアプリケーションと設置要件へのニーズに応えます。

革新的な改善がなされたデカンター型遠心分離機・遠心脱水機

 

分離方法の変更

重力沈降槽や沈殿タンクなどの従来の分離方法から、遠心力を使用した革新的な技術に切り替えます。

より良く分離する

既存のデカンター型遠心分離機・遠心脱水機を最新機種に更新します。 または、パフォーマンスサービスでデカンター機能を拡張します。


.

デカンター技術

 

遠心力を使用したイノベーション

固体を液体から分離することは、無数の工業プロセスで重要な役割を果たします。 伝統的に、多くの企業は清澄槽または沈殿槽を使用しています。この槽では、重力により粒子、沈殿物、および固体が徐々に底に落ちます。 ただし、このような清澄化は非常に時間がかかるプロセスであり、結果を制御することはできません。

分離プロセスを加速するために、デカンター遠心分離機・遠心脱水機は遠心力を利用します。–効果は、重力を使用する場合に比べて最大約4000倍になります。 固液分離は、回転速度やデカンター遠心分離機・遠心脱水機を調整することで比較的簡単に制御することができます。

decanter centrifuge hub
Decanter centrifuge

デカンター遠心分離機・遠心脱水機の差動原理とは

遠心力を受けると、比重の大きい固体粒子から回転するボウルの壁(内壁)に向かって外側に押し付けられ、比重の小さい液相がデカンター型遠心分離機・遠心脱水機内部で同心円状の内層を形成します。 必要に応じて、異なるダムプレートを使用して、液体の深さ、いわゆる「液深」を変化させます。清澄液は混合液導入口(フィード)と反対側にある清澄液出口から排出されます。 固体粒子によって形成された沈殿物は、ボウルとは異なる速度で回転するスクリューコンベヤーによって連続的に搬送・除去されます。 その結果、固形物は徐々に液相から出てボウル円錐部の「ビーチ」に上がりさらに脱水され、最終的に混合液導入(フィード)側の下部の固形分出口から排出されます。

遠心力により固体分が圧縮され、余分な液体が固形分内部からさらに絞り出されます。 より脱水された固形分がボウルから排出されます。 清澄化された液相は、ボウルのフィードと反対側にあるダム部から排出されます。 ボウル(遠心分離ケーシング)内部にバッフルを持った機種は、バッフルにより分離した相の分離状態を保持し、分離液の清澄性と固形分の脱水性の相対する性能の向上を両立します。

スクリューコンベヤーの速度(差速)は、固体負荷の変動に合わせてインバーター(VFD)を使用して調整することができます。


.

アルファ・ラバル デカンター型遠心分離機・遠心脱水機の特徴

アルファ・ラバルの遠心分離機・遠心脱水機の利点とは

連続プロセスでの高速分離

アルファ・ラバルのデカンター遠心分離機・遠心脱水機は、連続高速プロセスで、1つまたは、水と油など2つの液相と固体分を分離します。 これにより、生産性、ひいては収益性の向上が期待されます。

幅広い導入混合液種(フィード液種)に対応し、分離性能の制御が可能

アルファ・ラバルのデカンター遠心分離機・遠心脱水機は、最大直径約5 mmから数ミクロンの幅広い粒径の固体粒子を処理できるように設計されています。

アルファ・ラバルのデカンターユニットは、配管を流れることができる固形分比率0.1wt%から65%wt%程度のスラリーの処理ができます。

制御可能な遠心力、その他の構成要素により、可能な限り低いコストで高い分離性能で、お客様の要件と目標に応じたプロセスの最適化を実現します。

Solid bowl centrifuge
horizontal centrifuge decanter motor
.

アルファ・ラバル

デカンター遠心分離機・遠心脱水機の世界的リーディングカンパニー

1883年に設立されたアルファ・ラバルは、継続的に開発・改良がなされる遠心分離技術の先駆者であり、当社の高性能デカンター型遠心分離機・遠心脱水機はその1つの製品です。 1950年代以来、デカンター型遠心分離機・遠心脱水機の設計と製造に関する実務実績があり、 今日、世界中に営業、サービス拠点を持つアルファ・ラバルは、あらゆる場所で優れた製品、優れたサービス、優れた結果をお客様に提供しています。

 

高機能材料と高い技術力

アルファ・ラバルでは、炭素鋼の使用に伴う腐食のリスクを回避するために、プロセス液に接触するすべての部品に高品質のステンレス鋼を使用しています。

高応力にさらされるアルファ・ラバルのデカンター型遠心分離機・遠心脱水機の回転部品は、高強度のステンレス鋼から機械加工されています。欠陥や欠陥のない均一な結晶粒構造の材料と、完全に溶接個所のないボウル部品が用意されます。その結果、最高の強度、比類のない信頼性、長寿命が実現します。

アルファ・ラバルのデカンター遠心分離機・遠心脱水機のすべての摩耗しやすい領域(フィードゾーン、固形物排出ポート、コンベヤー羽根先、固形分排出衝撃部など)は、各プロセスでの摩耗パターンに対する適切な耐摩耗性材料で保護されています。

アルファ・ラバルのデカンター型遠心分離機・遠心脱水機で使用されているシール技術の継続的な改良は、当社の技術リソースによって確立されています。これは、アルファ・ラバルの専門知識と経験が他社と大きな違いをもたらす分野です。

 

サービス

アルファ・ラバルは、サプライチェーン全体を完全に管理しています。お客様にタイムリーに供給の可否、リードタイムの情報などを提供することができます。

デカンター型遠心分離機・遠心脱水機はアルファ・ラバルの世界を網羅するサービスネットワーク、同一なサービス品質、豊富な経験により、世界中で必要なサービスを受けることが出来ます。このため、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。

お客様ごとのサービス要求については、サービスパフォーマンスを最大化し、運用コストを削減することを目的として、カスタマイズされた保守契約「パフォーマンス・アグリーメント」をご提案いたします。

アルファ・ラバルのイノベーションの進歩は、ハードウェアに限定されません。インターネット・テクノロジーを活用したコネクティビティーソリューションの発達に伴い、予防的保守、リモート制御、最適化などの分野でお客様により良いサービスの提供も提案いたします。

.
.

産業分野やアプリケーションに適したデカンターの選定

化学工業向けデカンター

P2シリーズ

P3シリーズ

バイオエタノール産業用途デカンター

SG2シリーズ

石油・ガス産業用途向けデカンター

LYNXシリーズ

オリーブオイル産業用途向けデカンター

Olive oil - Xシリーズ

Olive oil - Yシリーズ

Olive oil -シグマシリーズ

 

ヤシ油産業用途向けデカンター

PANXシリーズ

澱粉産業用途向けデカンター

STNXシリーズ

.

アルファ・ラバルのIoTサービスによる運転信頼性の最大化

アルファ・ラバルのIoTサービスは、食品および飲料加工プラントにおける運転信頼性と運転可能期間を最大化する多様なデジタルサービスです。

アルファ・ラバル IoTサービスでデカンター運用コストを最小化

アルファ・ラバルのIoTサービスは、排水プラントの運転コストの削減と運転信頼性の最大化を目的とした多様なデジタルサービスです。

お問合せフォーム

見積り依頼 デカンタ-遠心分離機

お問合せ項目