Alfa Laval - 燃料電池

燃料電池

世界のエネルギーシステムの変革を実現するためには、様々なソリューションが必要になります。燃料電池は、クリーンエネルギーへ転換するための重要なテクノロジーの一つとして活用が進んでいます。世界的なエネルギーの増加に伴い、より多くの、そしてより強力な燃料電池技術に対するニーズは増え続けていくと言われています。今後、燃料電池は、分散型電源から、成長を続けるデータセンターの発電まで、あらゆる用途に使用されるようになると予想されています。

高分子電解質膜(PEM)、固体酸化物燃料電池(SOFC)、海事産業向けのソリューションなど、将来の燃料電池技術は熱交換に高い性能を要求します。90年にわたりプレート式熱交換器の開発をリードしてきたアルファ・ラバルは、これらの困難なアプリケーションにおいて求められる高温や熱応力の下で強い耐性を確保するためのノウハウとソリューションの両方を提供します。

Cleantech-Fuel-cells-intro-img-final.jpg

Alfa Laval Sustainable solutions Fuel cells chart

燃料電池開発における課題への対応

アルファ・ラバルは、高効率で堅牢なプレート式熱交換器技術の開発に数十年を費やしてきました。超高温でも信頼性の高い性能を発揮する融着技術から、極めて不均一な流量要件に対応できる気体/液体両用ソリューションまで、燃料電池の開発に最適なソリューションを提供することができます。

お客様の燃料電池の開発における課題に対して、当社が今日どのようなテクノロジーを提供できるかご紹介します。一例として、燃料電池スタックシステムにおける当社の主要なソリューションや、600℃以上の温度に対応するSS310S鋼で作られたアルファ・ラバルAlfaNovaオールステンレスプレート式熱交換器が含まれます。また、現在開発中の製品として、船舶用燃料電池アプリケーションに理想的な代替品を提供するチタン接合熱伝達ソリューションのイノベーションなどもご紹介します。

アルファ・ラバルのソリューション

ブレージングプレート式熱交換器

当社のブレージングプレート式熱交換器は、コンパクトで効率的、かつメンテナンスフリーのソリューションとして、さまざまな用途の加熱、冷却、蒸発、凝縮用途に使用されています。優れた熱性能と最大の信頼性を確保するための様々な独自の機能を備え、負荷の最適化のために設計されています。


詳しくはこちら

ガス・ツー・リキッド(気体/液体)熱交換器

非常に高い温度から極端に非対称な流量の媒体まで、アルファ・ラバルの気体/液体両用製品は他のプレート式熱交換器よりも多くの機能を備えています。革新的な「ディンプル」プレートデザインを採用したこれらの熱交換器は、ガスアプリケーションにおいて効率的な熱回収と非常に低い圧力損失を実現し、さらに多管式(チューブ式)熱交換器よりもはるかに小さい設置スペースに収めることができます。


詳しくはこちら

オールステンレスプレート式熱交換器

特許取得済みのAlfaFusion接合技術によりつくられた、高効率でコンパクトな、オールステンレスプレート式熱交換器です。メンテナンスフリーで、非常に高い圧力と温度に対応できるこの熱交換器は、600℃を超えるような難しい用途にも理想的な熱交換ソリューションです。


詳しくはこちら

cleantech_symbols.jpg

お問い合わせはこちら

私たちのサステナビリティを加速させるソリューションやパートナーシップの可能性について詳細なご説明を差し上げます。是非お問い合わせください。

お問い合わせフォーム

上記の情報は、 当社のプライバシーポリシーに従って保存および処理されます。