クリーンエネルギー

脱炭素化は、現代社会における最も複雑な課題の一つです。世界のエネルギーシステムを根本的に変革していく必要があり、単一または単純なソリューションだけでは脱炭素社会を実現することはできません。パリ協定の目標を達成するためには、さまざまな技術やソリューションを組み合わせる必要がありますが、その中でもクリーンエネルギーの推進は大きなインパクトを与えます。

アルファ・ラバルが長年開発してきた先進的な熱交換・分離技術は、よりクリーンなエネルギーの利活用を実現するために活用されています。お客様やパートナーと密接に協力しながら、エネルギーインフラの変革を加速し、グリーン水素、Power-to-X、燃料電池、エネルギー貯蔵からバイオ燃料、CO2回収利用・貯蔵などの持続可能なエネルギーソリューションを進めています。

cleantech_clean_energy_spotv2.jpg


cleantech-WHE-chart-final.png

脱炭素社会の実現に向けた様々なアプローチ

脱炭素化の課題には2つの側面があります。急増するエネルギー需要を支える必要がある一方で、パリ気候協定の目標を達成するためにCO2排出量を削減しなければならないということです。

こちらの図にあるように、現在の達成度合いのシナリオから、パリ目標を達成するための「SDGs:持続可能な開発」へのシナリオへ移るためには、さまざまな技術や新しい燃料を組み合わせて取り組む必要があります。クリーンエネルギーの取り組みとして、再生可能エネルギーの普及で実現できるのが緑の部分、さらに、よりクリーンな新燃料とCO2回収技術も普及させることで、ようやく達成すべき目標に近づくことができることが分かります。

アルファ・ラバルは世界中でお客様と提携し、よりクリーンなエネルギーへの移行をお手伝いしています。当社がお客様のビジネスをどのようにサポートできるかご説明しますので、是非お問い合わせください。

アルファ・ラバルが貢献している業界

最先端の熱交換・分離技術により、アルファ・ラバルは世界中のお客様のビジネスにおけるクリーンエネルギーへの移行をサポートしています。以下のカテゴリーから関連するテクノロジーを選択いただき、弊社がどのようにお客様をサポートできるかをご覧ください。

Cleantech-hydrogen-intro-final.jpg

グリーン水素

2050年には、水素がエネルギー市場の24%を占めるようになると言われています。グリーン水素は、交通機関や発電所の燃料として、重工業や建築物の熱源として、また化学工業の重要な原料として、ゼロエミッションのエネルギーソリューションとなる重要な技術です。グリーン水素の製造、貯蔵、輸送を効率的に行うための、当社の熱交換と脱塩のソリューションについてご紹介します。

詳しくはこちら

Cleantech-Fuel-cells-intro-img-final.jpg

燃料電池

燃料電池は、私たちのクリーンエネルギーへの移行における課題を解決するための重要な要素の一つとなります。高分子電解質膜(PEM)、固体酸化物燃料電池(SOFC)、あるいは定置用の燃料電池ソリューションについての取り組みをご紹介します。熱技術に関する豊富な経験を持つアルファ・ラバルが、お客様の困難なアプリケーションの要求に応えるお手伝いをいたします。


詳細はこちら

Cleantech-P2X-intro-final.jpg

Power-to-X (P2X)

Power-to-X技術により、電気をガス状の液体燃料や化学物質(e-アンモニア、e-メタノール、メタン、グリーン水素、合成ガスなど)に変換することで、産業、輸送、エネルギーの脱炭素化を可能にするとともに、重要なエネルギー貯蔵ソリューションを提供することができます。長年にわたり化学業界に先進的なソリューションを提供してきたアルファ・ラバルは、多岐に渡る高効率な熱交換器ポートフォリオでPower-to-Xに必要なプロセスをサポートします。


詳しくはこちら

Cleantech-energy-storage.jpg

エネルギー貯蔵

24時間365日にわたり再生可能エネルギーを活用するためには何が必要でしょうか?太陽光発電や風力発電のような再生可能エネルギーは、発電自体が天候に左右されるため断続的である上に、必要なときに必要な場所で生産されるとは限らないため、長期的に、かつ大規模で運用できる電力貯蔵が必要になります。効率的な熱交換技術は、コスト効率の高いエネルギー貯蔵システムを設計するための重要な鍵になります。


詳しくはこちら

Cleantech-carbon-capture-intro-final.jpg

二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUS)

CO2回収・利用・貯留(CCUS)が注目を浴びていますが、それを可能にする技術は何十年も前から存在していたことをご存知でしょうか?石油・ガス、電力、石油精製、石油化学、セメントなどの業界では、脱炭素化の選択肢が限られているため、CCUS技術はこれらの業界のエネルギー戦略にとって重要なものとなります。CO2回収の効率を最大化するために設計された熱交換器をご覧ください。


詳しくはこちら

Cleantech-CSP-intro-final.jpg

集光型太陽熱発電(CSP)

真の意味で再生可能で、クリーンで、分散可能な電力を生み出すことは、将来のエネルギーインフラにおいて重要な意味を持ちます。太陽熱発電(CSP)と蓄熱を組み合わせれば、必要なエネルギー供給量を確保するだけでなく、淡水や熱を他の用途に活用することもできます。アルファ・ラバルは、太陽光発電、淡水、熱の供給の鍵となる最先端の技術を提供しています。


詳しくはこちら

Cleantech-Bio-fuels-intro-img-final.png

バイオ燃料

交通機関の脱炭素化に伴い、バイオ燃料は急成長している市場です。バイオエネルギーが世界の一次エネルギー需要の10%を占め、そのうち7%がバイオ燃料によるものであることをご存知でしょうか。アルファ・ラバルは、プレハブのバイオディーゼ ルプラント一式を含む、バイオ燃料製造業者をサポートするために必要な熱交換・分離装置のポートフォリオを一貫して提供しています。


詳しくはこちら

cleantech_symbols.jpg

お問い合わせはこちら

私たちのサステナビリティを加速させるソリューションやパートナーシップの可能性について詳細なご説明を差し上げます。是非お問い合わせください。

お問い合わせフォーム

上記の情報は、 当社のプライバシーポリシーに従って保存および処理されます。