Alfa Laval - リユース・リデュース・リサイクル

リユース・リデュース・リサイクル

現在、ほとんどの産業プロセスでは、大量の天然資源を消費し、その結果、大量の廃棄物が発生しています。しかし、適切な技術があれば、廃棄物の排出を最小限に抑え、環境への影響や運用コストを削減することができるようになってきました。また、多くの場合、廃棄物から有用な資源を回収して再利用することで、新しいビジネスの収益源を生み出すことも可能です。

アルファ・ラバルは、廃棄物や水流の管理を改善する処理・回収ソリューションで様々な現場のお客様をサポートしてきた豊富な経験があります。アルファ・ラバルの高効率な分離・水管理ソリューションは、廃棄物の削減、再利用、リサイクルをあらゆる新しい方法で実現します。信頼性と実績のあるアルファ・ラバルの技術を活用することで、サステナブルで収益性の高いビジネスを生み出すことでサーキュラーエコノミーを加速させているお客様の取り組みについてご紹介します。

Cleantech-Reuse-reduce-recycle-final-210303.jpg

尾鉱ダムに別れを告げたリックス・クリーク炭鉱の取り組み

オーストラリアのブルームフィールド・グループは、アルファ・ラバルの尾鉱用デカンタ型遠心分離機を導入することで、リックスクリーク炭鉱および処理工場の廃棄物管理プロセスのサーキュラリティを高めることができました。デカンタによってブルームフィールド社は水を分離し、それを工場の他のプロセスで再利用することができます。固形分が非常に多いケーキは扱いやすく、ドライカットに戻して鉱山の復旧に貢献しています。詳細はこちらのビデオをご覧ください。

サーキュラーエコノミーを実現する取り組み

アルファ・ラバルは何十年にもわたって、分離と熱伝導技術の新しい可能性を追求してきました。今日、これらの技術は、様々な産業や用途において自然資源の有効活用や廃棄物の削減を実現する新しいソリューションの中核的な役割を担っています。

Steam_and_heat_640x360.jpg

無排水化(ZLD:Zero Liquid Discharge)

多くの産業では、廃水を適切に管理・処理することが非常に大きなコストになっています。また、トラック等を使用する場合はCO2の排出源にもなります。したがって、真のサーキュラービジネスモデルを実現するためには、廃水をなくすことが重要です。

これらの目標を念頭に置いて、アルファ・ラバルはゼロ液体排出(ZLD)システムを開発しました。ZLDは、廃水の削減に加えて、効率的な製品回収にも役立ちます。

ZLDシステムは、AlfaFlash エバポレーターを中心とした熱ソリューションと分離技術の組み合わせによって成立します。これらの熱伝達と分離技術の両方に関する実績と豊富な経験により、コスト効率の高い高性能ソリューションを実現しています。


詳しくはこちら

cleantech-RRR-industrial-wastewater.jpg

産業排水

サーキュラービジネスに移行することは、よりサステナブルな方法でビジネスを継続するために不可欠です。多くの産業プロセスでは大量の水を使用するため、循環型のビジネスモデルに移行するには、水をどのように節約・再利用できるかを理解し、製品の再利用、リサイクル、抽出を可能にするソリューションに投資することが必要です。

産業廃水の処理には様々な方法がありますが、最適なソリューションはお客様の用途によって異なります。アルファ・ラバルでは、水と廃棄物を分離するデカンタや無排水化(ZLD)システムを提供しており、必要に応じて水を再利用することで、環境への影響を低減することができます。また、廃棄物を分離することは廃棄の際に役立つだけでなく、場合によっては廃棄物自体を別の用途に転用して新たな収益源にできる可能性もあります。

 

詳しくはこちら

cleantech-Recycling-intro-img-final.jpg

リサイクル

リサイクルとは、サーキュラーエコノミーにおける製品のライフサイクルの最終段階であり、再使用、サービス、修理ができなくなった状態を指します。リサイクルすることで、製品に含まれる部品や天然資源を再活用し、生産に戻すことができます。しかし、これは今日の現実とはかけ離れています。

プラスチック、繊維、バッテリー、都市固形廃棄物(MSW)などのリサイクルプロセスでは、現在、リサイクルされているのはほんの一部で、大半は焼却や埋め立てに回されています。しかし新しいプロセスの登場により、こういったリサイクルの商業化に向けた新たな可能性が生まれています。

廃棄物を新たな価値に変えるために、私たちがどのようにサポートできるかをご覧ください。


詳しくはこちら

建設用ドリル

水の管理は、あらゆる建設プロジェクトにおいて重要です。水は、掘削や基礎工事、機械の冷却、圧力の維持、固形物の移動、洗浄などで重要な役割を果たしています。したがって、水の使用量を最適化することは、単にサステナビリティを高めるだけではなく、競争上の優位性を得るためにも重要です。

アルファ・ラバルのデカンタ型遠心分離機は、特にスラリーの処理や水の清浄化の面で、掘削やトンネル掘削作業の効率を向上させる実績のある方法です。この技術では、ポリマーに頼らずに従来のスラリー処理装置では除去できなかった微細な粒子のほとんどを効果的に除去し、沈殿槽が不要になります。固形廃棄物から分離された清澄な水は、再び再利用することができます。


詳しくはこちら

 

cleantech-Reuse-reduce-recycle-mining-tailings-final.jpg

鉱業における選鉱

アルファ・ラバルのソリッドボウル・デカンタ型遠心分離機は、鉱業や鉱物の用途における幅広い固液分離に最適な選択肢です。既存のソリューションを置き換えたり、補完したりすることで、生産能力の向上、尾鉱量の削減、スペースの節約、水・化学物質・鉱物の回収率の向上に役立ちます。何よりも、デカンタはテーリングダムの必要性を排除し、オペレーションの本質的な安全性を高めます。


詳しくはこちら

cleantech_symbols.jpg

お問い合わせはこちら

私たちのサステナビリティを加速させるソリューションやパートナーシップの可能性について詳細なご説明を差し上げます。是非お問い合わせください。

お問い合わせフォーム

上記の情報は、 当社のプライバシーポリシーに従って保存および処理されます。