コールドブロックの課題と解決策

酵母の管理と発酵

酵母の管理と発酵はコールドブロックの不可欠な部分です。 一貫性のある、信頼性があり、効果的な発酵プロセスには、汚染を防ぎ、高い酵母生存率を確保するための設備が不可欠です。

課題

  • 高いコスト
  • 商業的な酵母菌株への信頼
  • 創造性のための限られた機会

成果

  • 酵母の再水和、増殖、再利用能力
  • 完全にカスタマイズ可能なソリューション

.

課題

  • 一貫性のないまたは遅い発酵プロファイル

成果

  • 最高40%速い発酵
  • 発酵中の改良された均質化
  • アルコール抽出収率の最適化
  • 柔軟性 - タンク間を動かすことができる移動ユニット

課題

  • 長い沈殿時間
  • より高いビールの損失
  • 高い濁度
  • 低収量
  • 生産能力を増やす必要がある

成果

  • 発酵能力を拡大する必要なしに、清澄化のスピードにより生産能力が増加
  • 排水と比較して最大15%のビール回収率
  • プロフィールが正しいときにビールを清澄化する能力
  • ヘイズ(曇り)による傷のない、賞味期限の延長(特に輸出にとって重要)
  • 分離機を高速で空にすることは、タンクの高回転化を意味し、余分な投資をせずに余分な容量を提供する
  • 発酵容器と明るいビールタンクの間の収率は、操作手順によって平均3%増加
  • 低〜中凝集酵母菌株で最大8%の収率改善
.

ドライホッピング

ドライホッピングは、発酵後にホップを加えてビールにさらに多くの香りを加えるプロセスです。 伝統的に、ドライホッピングは色の薄いエールやIPAなどのビールスタイルで行われますが、他のビールスタイルの醸造にも利用されています。

課題

  • 遅いプロセスとビール損失

解決方法

成果

  • ホップを最大限に活用
  • ドライホッピングプロセスの加速化
  • 遠心分離による下流ホップ除去を改善するためのビールの流れの均質化
.

会いましょう

上記の情報は、当社のプライバシーポリシーに従って保存および処理されます。