Alfa Laval - 製油所

製油所

原油の精製は、全世界の産業エネルギー消費量の6〜8%を占めており、エネルギーコストがランニングコスト全体の50%を占める製油所もあります。そのため、エネルギー効率の向上は、すべての製油所、すべてのプロセスにおいて重要です。例えば、常圧蒸留や減圧蒸留は、製油所の総エネルギー消費量の30%を占めることもあります。しかし、適切な方法でプロセスを最適化すれば、この消費量を25%も削減することができます。

アルファ・ラバルには、これらの重要なプロセスを最適化するために、世界中の製油所と協働することで、細心の熱交換ソリューションがもたらす効率化の価値を最大限に引き出してきた豊富な経験があります。従来の多管式(シェル&チューブ式)熱交換器の最大5倍の効率を実現するコンパクトな溶接型プレート式熱交換器を使用することで、お客様のエネルギー使用量とCO2排出量の大幅な削減を実現してきました。これにより、生産性の向上、製品の歩留まりや品質の向上、プロセスの稼働率の向上、プロジェクトの投資コストの削減など、さまざまな副次的効果が得られます。

cleantech_refinery210108.jpg

 

Cleantech-proof-pack-Refineries.jpg

数字で見る 製油所におけるエネルギー効率向上がもたらす可能性

アルファ・ラバルが設置したプレート式熱交換器は、効率の低い従来型の熱交換器を使用した場合と比較して、製油所において毎年54TWhの省エネ化を実現していることをご存知ですか?これに伴うCO2排出量の削減量は1,300万トンを超えています。

すべての製油所が、より効率的でコンパクトな溶接型プレート式熱交換器に切り替えて、すべてのプロセスを行うとしたらどれくらいのインパクトがあるでしょうか。エネルギー消費量を23%削減し、世界の二酸化炭素排出量を2億4500万トン削減することができます。これは、スペインの国全体が1年間に排出する量に相当します。

アルファ・ラバルがどのようにして製油所のエネルギー効率を最大限に高めることができるかについて、インフォグラフィックスでご紹介しています。


インフォグラフィックスをダウンロードする

お客様事例

cleantech_refinery_case01.jpg

石油精製業界における環境目標の達成の取り組み

Hengliグループは、中国最大級の石油精製会社であり、同社は持続可能性に関する意欲的な目標を掲げています。実際、彼らの目標は、「中国政府の環境保護規制よりも高い基準を維持すること」です。長興島に建設された最先端の製油所の粗蒸留装置の効率を最大限に高め、エネルギー消費量を30%削減した方法についての事例をご覧ください。


詳しくはこちら

cleantech_refinery_case02.jpg

エネルギー効率を追求してコスト削減を実現したプロジェクト

スウェーデン最大の燃料メーカーにおいて、既存の多管式(シェル&チューブ式)熱交換器4台をアルファ・ラバルのコンパクトプレート式熱交換器1台に交換することで、7MWのエネルギー削減に成功し、さらに、年間14,600トンのCO2排出量を削減することができました。製油所のエネルギー効率を最適化するためにアルファ・ラバルのノウハウをどのように活用したか、同社の事例をご覧ください。


詳しくはこちら

アメリカNo.1の石油精製会社における効率化

ヴァレロ・エナジー・コーポレーションは、アメリカ南西部の小さな地域の石油精製会社としてスタートしました。今日では、CSR(企業の社会的責任)と環境への配慮において高い目標を掲げて業界をけん引するリーダーとなっています。アルファ・ラバルとのパートナーシップにより、従来の業界水準をはるかに上回る熱効率でエネルギー回収を最大化することに成功した事例をご覧ください。


詳しくはこちら

製油所向けソリューション

plate_heat_exchangers_welded-plate-block.jpg

Compabloc 全溶接型プレート式熱交換器

アルファ・ラバル Compabloc は、高温・高圧環境で、困難な媒体による高いファウリングのリスクにさらされるアプリケーションにも対応する、最も堅牢な熱交換ソリューションです。現在、2600台以上のCompabloc 全溶接型プレート式熱交換器が世界中の主要な製油所のプロセスに設置されています。そのうち1,000台以上が原油蒸留プロセスに設置されており、そのエネルギー効率の向上により、従来のソリューションと比較して製油所のCO2排出量を少なくとも25%削減することができます。


詳しくはこちら

plate_heat_exchangers_welded-spiral.jpg

溶接型スパイラル式熱交換器

アルファ・ラバルのスパイラル式熱交換器は、高いファウリングのリスクにさらされる熱交換用途に対応するように設計されています。独自の設計により、流体のどちらが高ファウリングであったとしても、流れの偏りをなくし、ファウリングの堆積を最小限に抑えることができます。このように、スパイラル式熱交換器は、常に効率と継続的な信頼性・保守性を最大レベルに保ちます。残留物の水素化分解などの一部のプロセスでは、変換率と製品収率を最大化するのにも役立ちます。


詳しくはこちら

plate_heat_exchangers_welded-plate-shell.jpg

Packinox 全溶接型シェル&プレート式熱交換器

Packinox 熱交換器は、触媒改質や芳香族製造プロセスにおける大規模なフィード・廃液複合熱回収の工程に最適です。卓越した熱性能、優れた油圧効率、コンパクトな設置スペースにより、環境負荷を最小限に抑えながら、エネルギー効率の最適化とプロセス能力の最大化を実現します。Packinoxは、従来のソリューションよりも低いサイクル圧力損失でより多くの熱を回収することができるため、供給炉やリサイクルガスコンプレッサーの容量に対する投資を削減することができます。

詳しくはこちら

アルファ・ラバルとのパートナーシップによるベネフィットとは

製油所のプロセスの効率性は、お客様の競争力を維持するための鍵であり、大きな改善の余地が残されていることも多くあります。製油所のプロセス設計において、最も効率的なソリューションを一貫して活用することで、収益性とサステナビリティの両方を大きく向上させることができます。アルファ・ラバルとのパートナーにより、プロセス最適化における世界屈指のサポートをご提供します。基本的なプロセス設計の早い段階でアルファ・ラバルにお声がけいただき、長年蓄積してきたノウハウをご活用ください。

oil-refinery-green-grass-plants-sunset

cleantech_symbols.jpg

お問い合わせはこちら

私たちのサステナビリティを加速させるソリューションやパートナーシップの可能性について詳細なご説明を差し上げます。是非お問い合わせください。

お問い合わせはこちら

上記の情報は、 当社のプライバシーポリシーに従って保存および処理されます。