アルファ・ラバルの eMotion™でお客様の醸造所のエネルギー消費を最小限に抑えます。

アルファ・ラバルのBrew 701 eMotion™ビール向け遠心分離機を使用すると、従来の遠心分離機と比較して、ろ過前ビールの清澄化と艶出しのエネルギー消費を最大70%削減できます。遠心分離機は通常、醸造所のコールドブロック(醗酵貯酒エリア)の主要なエネルギー消費装置の1つです。アルファ・ラバルのBrew 701遠心分離機に追加搭載された革新的なeMotion™は、必要な電力を削減するだけでなく、騒音レベルを低減しながら、洗浄と冷却の要件を最小限に抑えます。

空気摩擦の低減:eMotion™の魔法

Brew 701遠心分離機のボウルは、表面の速度が700 km / h(435 mph)以上にもなります。この速度では、空気の摩擦が大きく、電動機にも相当な負荷がかかります。

eMotion™システムは、遠心分離ボウルとフレームケーシングとの間の空間の空気圧を0.1barに低減します。このようにして、空気摩擦を実質的に除去します。その結果、アルファ・ラバルのeDrive™を搭載した既存のBrew 701ユニットと比較して、消費電力が40%減少します。空気摩擦が減少するので、遠心分離機は同等のユニットほど加熱せず、冷却要件が最小限に抑えられます。

簡単なクリーニング

ボウルの温度を下げると、除去する必要のある焼けた付着物がないので、衛生状態が改善され、CIP洗浄が容易になります。

作業者の安全性の向上

表面温度が低いため、オペレータに対するリスクがさらに低減します。作業者はまた、他のタイプの醸造分離機よりも圧倒的に静かな、eMotion™搭載ユニットの騒音レベルの恩恵も受けるでしょう。

eDrive™の完璧な補完

eMotion™は、eDrive™ダイレクトドライブモーターシステムを搭載したBrew 701遠心分離機で利用可能です 。eMotion™とeDrive™とアルファ・ラバルの密閉構造を組み合わせることにより、同等の流量で市販されているビール遠心分離機と比較して、消費電力を最大70%削減します。

aeroplane

eMotion™ の機能

eMotion™ の機能およびお客様に提供する利点に関してこちらのビデオでご覧いただけます。