Alfa Laval - Free cooling with water

水を使ったフリークーリング(Free Cooling)

水を使ったフリークーリング(Free Cooling)は、経済的かつ環境に優しい冷却方法です。実際、世界中の多くの国では、データセンターを保護するためにフリークーリングを導入し、素晴らしい成果を上げています。

フリークーリングを利用すると、機械的な冷却が少なくて済みます。つまり、システムを稼働させるために必要になる有害な冷媒や化石燃料が少なくて済むということになります。

継続的な研究開発によって、私たちは冷却媒体や冷却源に関係なく、あらゆる冷却アプリケーションに製品を提供することができます。言い換えれば、私たちは、お客様が使用したいと思うあらゆる種類の積極的な冷却媒体を利用することができます。海水や汽水、河川水や井戸水など、あらゆるものが対象となります。

さらに、プレート式熱交換器をシステムに組み込むことで、冷水ループをすべての精密機器から分離することができます。また、冷水ループをすべての重要な機器から分離することができ、腐食やスケーリングの可能性を排除することができます。

また、フリークーリングシステムに熱交換器を追加することで、必要なスペースが少なくなり、非常にコンパクトなソリューションとなります。なお、海水や淡水の用途では、熱交換器を保護するためにフィルターを使用することをお勧めしています。

私たちアルファ・ラバルには、優れた製品以外にも提供できるものがたくさんあります。私たちは、最先端の専門知識を駆使して、お客様のあらゆる生産ニーズに質の高いソリューションを提供することができます。


お問い合わせ

冷却装置とフリークーリング

free cooling of datacenter with a chiller

春と秋には、フリークーリングと冷却装置による冷房を組み合わせて使用しますが、夏には冷却装置だけでほとんどの冷房機能を実行します。水はフリークーリングの要素であり、川、湖、(深)海、地下水、氷や雪から利用します。

 

 

冷却装置をバイパスするフリークーリング

free cooling of datacenter with a chiller bypass

電気を作ることは大気汚染を伴うことが多いため、冷却装置の電力消費量を減らすことは環境にやさしいと言えます。冷却装置バイパスシステムを導入することで、コストを削減し、システムのPUEおよびCUE値を向上させることができます。また、冬場のようにフリークーリングの温度が冷水よりも低い時期の冷却需要をカバーすることができます。

 

多くの指標での削減効果

水を使ったフリークーリングと緻密に設計されたガスケットプレート式熱交換器を使用することで、データセンターのコスト効率と持続可能性が様々な面で向上します。AHRIの性能認定を受けた熱交換器を使用することで、電力使用効率(PUE)を2%削減できることが証明されているからです。さらに、施設の炭素利用効率(CUE)も同程度に低減されます。さらに、冷却システムに熱交換器を使用することで、より効率的な熱回収が可能になり、結果としてOPEXを削減することができます。


詳細とお問い合わせはこちら

収益を最大化するシステム設計

データセンター用の熱交換器の設計は、HVACアプリケーションの設計とは異なります。まず、冷却プロセスに適した温度を見つける必要があります。さらに、流量、乱流、ファウリング、圧力損失など、検討・計算すべき重要な設計パラメータがあります。

正しく設計された熱交換器は、冷却システムの信頼性を高め、高効率を維持します。アルファ・ラバルでは、実績のある熱交換器ソリューションとデータセンター冷却に関する最先端の専門知識で、お客様の冷却ニーズの最適化をお手伝いします。

当社のエキスパート、ジェマ・リーブスのビデオでは、データセンターにおける水によるフリークーリングのための熱交換器の設計方法について詳しくご紹介しています。

ガスケットプレート・フレーム式熱交換器のメリット

  • 外気温や気候によって、冷却装置をバイパスしてフリークーリング可能
  • 配管がきれいになり、洗浄の必要性が最小限に抑えられるため、水の使用量とポンプのコスト削減
  • 下流の冷却装置のメンテナンスコストを削減
  • 腐食による予定外のシャットダウンがなく、稼働率が向上
  • 熱交換器の洗浄は、オペレーターが数時間で簡単に行うことが可能
  • AHRI規制に準拠した認定性能

gphe_ahri.jpg

冷却システムの保護

熱交換器とアルファ・ラバル・フィルターを組み込んだ冷却システムは、汚染された水や腐食性のある水でも、最も繊細なプロセス機器の冷却に使用できます。アルファ・ラバル・フィルター(ALF)は、熱交換器を汚したり詰まらせたりする破片を除去するため、熱交換器冷却システムには不可欠です。

アルファ・ラバル・フィルターがなければ、取水段階で効果的なスクリーニングを行っても、ムール貝や海藻などの海洋生物が熱交換器の表面に定着してしまいます。冷却システム内の成長条件はこれらの生命体にとって理想的であり、増殖率が高まり、効果的な熱伝達ができなくなります。多くの場合、熱交換器やその他の機器の故障の原因にもなります。

ALFソリューションの詳細はこちらのムービーをご覧ください。

 

 

320x212 ALF filter.jpg

ALFフィルターのメリット

  • 熱交換器をゴミや海洋生物から保護
  • 冷却システムの稼働率の向上
  • メンテナンスコストの削減
  • バックフラッシュ時にもGPHEの性能を継続的に確保
  • フィルタリングプロセスを中断することなく自動的にバックフラッシュを実行
  • 設置やメンテナンスが容易
  • 実績と信頼性のある技術
  • 機器のライフサイクルを通じたアルファ・ラバルのサービスチームによるフルサポート

アルファ・ラバルが提供するグリーンITの未来を紹介

アルファ・ラバルは、インターネットの発展とともにサーバールームの冷却ソリューションを提供してきました。今日、私たちはデータセンター冷却のための幅広いソリューションを提供していますが、これらはすべてお客様のビジネスを理解する専門家による世界的なサービスネットワークによって支えられています。データセンタープロジェクトを開始する際にアルファ・ラバルにご相談いただければ、冷却効率と信頼性を最大限に確保するシステムの設計をお手伝いします。


データセンターソリューションの詳細

パフォーマンス・オーディット

アルファ・ラバルのエキスパートにより、お客様がお使いの製品の性能を確認し分析します。最先端のツールを使用して付着物やその他のリスクを検出して、すべての保守を予測・計画することで、システムの稼働時間を最適化することができます。

datacoolingcenterchart 640x360

CIP洗浄

付着物が発生した場合、アルファ・ラバルのCIP(定置洗浄)システムによって、装置を分解せずに熱交換器を迅速に簡単にインライン洗浄することができます。アルファ・ラバルは常に環境に優しく簡単に生物分解される薬剤を使用します。CIPによって、装置を何回も無駄に開閉する必要がなくなります。これによって、スペアパーツの消費と保守にかかる工数を大幅に削減します。

DCC-CIP-RC-640x360

バックフラッシング

アルファ・ラバルは、冷却水が入って来る流路について短時間のバックフラッシュ手順を頻繁に実施することを推奨します。この手順では、逆方向の水流によってプレート式熱交換器の表面に堆積したデブリを流し落とします。熱交換器のバックフラッシングを行うことで、時間とコストを削減し、ダウンタイムを最小限に抑えます。

DCC-back-flush-RC-640x360

お問い合わせはこちら

最先端のプレート式熱交換器を用いた効率的なクーリングタワー冷却システムによって、データセンターのコスト効率や持続可能性を改善する方法について、当社のエキスパートからご紹介します。是非お問い合わせください。

This information is stored and processed in accordance to our privacy policy.