Alfa Laval - Free cooling with air

空気によるフリークーリング(Free Cooling)

冷却塔を乾式液体冷却器や断熱冷却器に交換することで、水中のバクテリア繁殖リスクを削減できます。実際、年々、より衛生的なシステムへの変更を法的要件とする国が増えています。

乾式液冷のコンデンサーがチラーから離れている場合、システムが正常に機能するためには、高濃度のグリコールを添加しなければなりません。中間にプレート式熱交換器を設置し、回路を最小化すれば、グリコールや不要なコスト削減を実現できます。


お問い合わせ

Free cooling with air.jpg

熱交換器による冷却

hvac_data_center_cooling_cooling_tower_chiller.jpg

乾式液体冷却のコンデンサーがチラーから遠く離れている場合、動作確認確に余分なグリコールが必要になります。この場合のグリコールの量は非常に多く、コストも高くなります。プレート式熱交換器を設置すれば、グリコールの回路を大幅に減らし、冷却システムの容量とコストを削減することができます。その上、プレート式熱交換器は、保護されたループの温度を容量に合わせて制御できるため、外側の配管での結露防止にも役立ちます。

システム内のすべてのループは、温度コントラストが露点に達したときに、メディアの外側に結露するリスクがあります。この結露は、データセンター内の繊細なエリアにダメージを与える可能性があるため、システム内のループ数が多ければ多いほど、問題が発生するリスクが高くなります。

熱交換器なしの冷却

hvac_data_center_cooling_cooling_tower_chiller.jpg

グリコールは、外周の配管が0℃/32°F以下になるリスクがあるシステムで使用されます。一方で冷却媒体の凍結がシステムのリスクにならないとしても、ループ容積を減らすことには多くのメリットがあります。

熱交換器でデータセンターを守る

冷却システムに液体を使用することには、多くのリスクが伴います。そのため、冷却ループのホワイトスペースを汚染から守り、電気サーバー周辺の漏れのリスクを最小限に抑えることが重要です。

アルファ・ラバルでは、これらの課題を軽減するために、熱交換器の設計を常に改善しています。課題解決のため、私たちはデータセンターの冷却に関する世界有数の専門知識と実績ある熱交換器のソリューションを組み合わせました。これにより、お客様が必要とする高効率レベルに妥協することなく、信頼性を高めることを実現します。

この動画では、当社の専門家であるCosimo Pecchioliが、冷却システムに液体を使用した場合の課題とその解決方法について詳しく説明します。

ガスケット付きプレート・フレーム式熱交換器のメリット

  • ボリュームの分離 
  • 冷却回路内のグリコール量の最小化 
  • データセンター内での結露や破損のリスクを低減
  • 生産現場の冷却コストを削減
  • AHRIの規定に基づいて認定された性能

gphe_ahri.jpg

多岐に渡るコストの削減

乾式または断熱式の空気冷却器と、適切に設計されたガスケットプレート式熱交換器を組み合わせることで、データセンターのコスト効率と持続可能性を守り、向上を実現します。例えば、AHRIの性能認定を受けた熱交換器を使用すると、電力使用効率(PUE)を1%削減することができます。また、施設の炭素利用効率(CUE)を同じ量だけ減少させることも可能です。さらに、熱交換器を使えば熱回収が可能になるため、必然的にOPEXの削減にもつながります。

 

お問い合わせ

アルファ・ラバルでグリーンITの未来を実現

アルファ・ラバルは、インターネットの黎明期からサーバールームを冷却するソリューションを提供してきました。現在、アルファ・ラバルはデータセンター冷却のための幅広いソリューションを提供していますが、これらはすべて、お客様のビジネスを熟知した専門家による世界的なサービスネットワークによって支えられています。データセンタープロジェクトを開始する際にアルファ・ラバルにご相談いただければ、冷却効率と信頼性を最大限に確保するシステムの設計をお手伝いします。


詳細を見る

 

お問い合わせはこちら

最先端のプレート式熱交換器を用いた効率的なクーリングタワー冷却システムによって、データセンターのコスト効率や持続可能性を改善する方法について、当社のエキスパートからご紹介します。是非お問い合わせください。

This information is stored and processed in accordance to our privacy policy.