PureBallast
.
PureBallast Knowledge 640x360px
 

お客様に必要なすべての知識

数年遅れの後、制定されたバラスト水処理に関する規制は現在、多くの疑問を提起する重要な問題になっています。豊富な経験を持つトータル・ソリューション・プロバイダーとして、アルファ・ラバルは独自の高度な知識を持ち、お客様の質問にお答えします。

ウェブセミナー:バラスト水処理装置を選択する際に考慮すべき事項

2018年6月から、システム選択に関する貴重なガイダンスを提供するグローバルウェブセミナーを再度ご覧いただけます。バラスト水処理について20年以上の実績を共有する当社の専門家パネルは、所有コスト、長期サポートの重要性、運用経験の習得に関する主張とデータを徹底的に見据えています。

アルファ・ラバルのバラスト水管理の専門家パネルは、以下の構成です。

  • ジョアキム・トーリン、舶用分離機・熱交換器BU社長(モデレーター)
  • アンダーズ・リンドマーク、舶用分離機・熱交換器BU、PureBallast責任者
  • ヨナス・アルバン、PureBallastカスタマー・サポート、マネージャー
  • ピーター・サレン、PureBallast、R&Dマネージャー

この機会に、バラスト水処理システムとサプライヤーを選択する際に考慮すべき点について、当社の専門家からのご説明をお聞きください。

専門家のリソース

バラスト水処理で得た10年以上にわたる経験を活かし、アルファ・ラバルはお客様の意思決定プロセスに役立つさまざまなリソースをまとめています。

バラスト水管理証明書

「バラスト水の管理について」では、バラスト水の規制、コンプライアンスの代替案、および処理技術に関する広範な情報を提供しています。イラスト、図、表を交えて、重要な洞察と技術データを示しています。この資料の印刷物をご注文される場合は、以下のフォームに記入するか、PDFをダウンロードしてください。

お客様は、アルファ・ラバルのプライバシーポリシーに従って、お客様が受領することを承認したマーケティング資料を提供するために、お客様がこのフォームで提供した個人情報をアルファ・ラバルが収集、使用、開示することに同意するものとします。 

該当するボックスにチェックを入れてください:

バラスト水の管理に関する文書

コンプライアンス、規制、出版物、および製品情報

FAQ

バラスト水処理装置の計画時には、多くの不明点が生じます。アルファ・ラバルPureBallast 3に関する一般的な質問について、およびバラスト水処理に関する法律上の問題に関する質問について、回答をご覧いただけます。


アルファ・ラバルPureBallast 3

アルファ・ラバルPureBallast 3と他のシステムの違いは、簡単に説明でき、重要な点です。他のシステムは、機能的に大幅に遅れを取っています。

1.なぜPureBallast 3はすべての水域で信頼できるのでしょうか?

簡単に言えば、PureBallast 3は、船舶の運用や航行の自由度を制限することなく、完全に準拠したバラスト水処理を実現するためです。IMOと米国沿岸警備隊の双方によって承認された型式では、次の条件での運用が可能です:

このユニークな機能の組み合わせにより、あらゆる種類のオプションに対応できます。バラスト水処理装置によって、航行する水域や方法が制限されることはありません。

これに加えて、PureBallast 3の強固な構造があります。PureBallast 3リアクターは、高耐食性の超オーステナイト系ステンレス鋼製で、想定耐用期間は20年以上で交換を要しません。

2.PureBallast 3の技術は他のUVベースの処理システムとどう違うのですか?

他の技術の多くは、実際には飲料水の処理をベースにしています。これらは陸上での浄水技術を応用したものであるため、UV透過率が低いなどの特性があり、一般的な海洋環境にはあまり適していません。対照的に、PureBallast 3の強化UV処理技術は、特に海洋用途向けに開発されたものです。

PureBallast 3では、リアクターにはUVランプと特別に設計された合成石英のランプスリーブが組み合わされています。このスリーブは、波長のスペクトル幅を最適化するだけでなく、透過効率が高く、消毒時により多くのUV光を照射できます。流量の最適化された反応器内部の設計と組み合わせることにより、最適なUV線量と低エネルギー消費を実現します。

強化されたUV処理をサポートする非常に効果的なフィルター段階では、生物学的消毒の前に大きな生物や粒子を除去します。フィルター段階とリアクター段階を組み合わせることにより、42%の低いUV透過率でも淡水、汽水、および海水の全開流量処理が可能です。他のシステムは、こうした高い性能に追随できません。

3.薬剤洗浄(CIP)サイクルがPureBallast 3に含まれるのはなぜですか?

何らかの洗浄を行わない場合、炭酸カルシウムおよび金属イオンの堆積物がバラスト水処理装置のUVランプの石英スリーブ上に蓄積します。これによって、ランプで生成されるUV光の通過量が減少し、処理を損ないます。

メカニカル・ワイピングは、CIPの代替手段ですが、低pH液で除去する必要がある金属イオンの蓄積に対してワイパーは効果がありません。また、UV透過率を測定するリアクター内のUVセンサーも洗浄されません。センサーと石英スリーブが汚れていると、システムで必要以上の電力が消費されたり、制御が不十分になったりする可能性があります。

手作業での洗浄を含め、あらゆる形態の機械的洗浄では、スリーブの損傷につながります。最終的には、こうしたことも処理の性能を低下させます。

簡単に言えば、CIPはバラスト水処理装置の生物学的消毒性能を維持する上で貴重な役割を果たしていることが試験によって明らかになってます。UVベースのシステムでは、1回の洗浄処理でその効果は顕著です。さらにCIPは、エネルギー使用量を削減し、石英スリーブの寿命を最大化することで、長期的な運用コストを削減します。

4.PureBallast 3の設置と操作は簡単ですか?

両方の点で答えはイエスです。

PureBallast 3 Compact Flexは、スペースと柔軟性が重要になる場合の回答です。ほとんどの船舶に適合し、設置の自由度が高いルーズコンポーネントとして納入されます。簡単に言えば、最先端のバラスト水処理装置の設置面積は最小限に抑えられ、設置コストが削減されます。最大30mの範囲にランプ駆動キャビネットを自由に配置でき、狭いスペースをより効率的に使用できます。

スペースが許す限り、PureBallast 3 Compactは、市場において最小のフットプリントのスキッド搭載プラグアンドプレイ・ソリューションとして納入することもでき、エンジニアリングと設置の両面でさらに簡素化され、時間とコストの節約になります。

PureBallast 3の非ExおよびExはともに、柔軟性の高いルーズコンポーネントとして納入され、ランプ駆動キャビネットを最大150m離すことができるので、エンジン・ルームのスペースをさらに節約し、Exシステムの危険ゾーン外に配置できます。

塩分や化学薬品を使用しないので、タンクや換気システムを追加する必要はありません。また、乗員による手動調整(バルブの開閉など)も不要です。操作は、完全自動であり、グラフィカル・タッチスクリーン・インターフェースまたは統合船舶制御システムを介して、ボタンを押すことによって始動または停止します。

5.PureBallast 3はどの程度効率的ですか?

ここで効率とは、バラスト水処理装置での生物学的な消毒性能およびエネルギー消費の2つの観点を意味します。しかし、実際には、この2つは関連し合っています。

生物学的な消毒性能に関しては、バラスト水の無害化でPureBallast 3よりも効率的なシステムはありません。PureBallast 3のみがすべての水質タイプにおいて、42%のUV透過率の処理水で動作します。これは全開流量で、つまりバラスト処理の速度を低下させることなく運転できます。

PureBallast 3は、高性能であるために、エネルギー効率も高くなっています。ほとんどの場合、IMO規制海域の航行時に、最大運転電力のわずか50%で利用できます。たとえば、UV透過率が極端に低い水域など、必要時にのみ、最大出力までランプアップします。


バラスト水処理に関する法規

バラスト水処理については、長年議論されてきました。IMOバラスト水管理(BWM)条約が批准されたために、このことは世界中で緊急の課題になっています。

1.バラスト水処理装置を今選択する必要があるのはなぜですか?

BWM条約が発効したために、時間的猶予はありません。船舶の更新調査を実施したばかりであっても、2019年9月以降の最初の更新調査までにバラスト水処理装置の改修が必要です。これには多くの船主の予測よりも多くの時間と資金を要するため、早期の取り組みと優れた計画が成功への鍵です。

本質的には、すべての船舶は約7年以内に処理システムを導入する必要があります。その結果、システムや造船所に対する需要が非常に大きくなります。言い換えれば、数千隻もの船舶がサプライヤーの製品と造船所の工事予定を奪い合うことになります。

多くのサプライヤーで、今後数年間規模を拡大する生産力が不足しているか、多くの関係者がかかわる円滑な納入と設置のための経験が不足しています。時間内に準拠するシステムを受け取るには、いずれにも対応できるサプライヤを選択する必要があります。

米国海域でバラスト排水が必要な場合は、選択肢はさらに限定されます。米国沿岸警備隊(USCG)バラスト排水基準(2012年制定)では、USCGによって使用が特に承認されたシステムが必要です。

2.なぜ最近の型式承認証明書が必要なのか?

BWM条約は、バラスト水処理装置の主要な国際ガイドラインとして適用されます。しかしこの条約は、バラスト水処理に必要な制御機構についてはるかに周知されていない時期に制定されました。本用途が発展するにつれて、IMO試験も変化し、ますます統一化され、より厳格になりました。

2014年以降に発行されたIMO型式承認証明書では、塩分、温度、UV透過率などのシステム運用上の制限についてより詳細な情報を提供することがあります。この日付以前に発行された証明書には厳しい検討が加えられ、最新の証明書へ改訂が常に求められます。

USCG型式承認システムは、はるかに後年に、透明性を念頭に置いて設計されました。現在までに、USCG型式承認を受けているのは一握りのシステムですが、システムの能力を確実に示すものです。

3.承認試験は、なぜ許可された第三者が行うべきか?

承認された第三者による型式承認テストは、透明性、妥当性、そして最終的にはシステムのコンプライアンスを確保するために重要です。第三者の試験機関は、制御された試験環境と現実的な試験条件を確認できます。これにより、システムの不備が見逃されることを防ぎます。

たとえば、水面付近に生息する生物は、より深海の生物よりもUV光に対してはるかに高い耐性を有します。こうした生物を効果的に無害化するには、中圧UVランプが必要です。しかし、こうした生物を除いた培養混合物を使用することによって、技術的に手を抜きながら要件を満たすことが可能です。

今日、コンプライアンスを守るために必要な制御メカニズムについて多くのことが学習されてきました。アルファ・ラバルPureBallast 3で行われたように、真摯なサプライヤーは強力なUV技術を選択し、第三者の透明性を求め、自然界に存在する生物を含む水を使って試験を実施します。

4.ポート・ステート・コントロール検査の可能性が存在することは、どのような意味がありますか?

IMO型式承認に準拠しない場合、制御機構に対し合致要求が出されます。IMO認定処理システムが実際に動作することを確認するための抽出検査点検が提案されています。もちろん、この検査はポート・ステート・コントロールの責任で行われます。

実際には、これによって、多くの質問と回答が生じます。次にその例を示します。

  • 抜き打ち検査に不合格になった船舶はバラスト水の交換を行うことが許可されますか?
  • 抜き打ち検査に不合格になった船舶では何をすべきですか?
  • 実際にはどのようにして抜き打ち検査が行われますか?

時間的および実際的な困難を考慮すると、抜き打ち検査よりも、より厳しいIMO試験を行うほうが望ましいといえます。 しかし、船主や船舶運航業者は、抜き打ち検査に備え、処理システムが実際に実環境で動作することを確認する必要があります。

5.バラスト水処理に関する法規が必要なのはなぜですか?

バラスト水処理システムの選択は、新たな船舶の計画や改修、さらに追加支出の計画において、重要事項の1つです。しかし、バラスト水処理を怠った場合、その代償はさらに高額になります。

外来海洋生物は、迷惑な存在に留まるものではありません。今日、こうした生物は海洋において最大の脅威の1つと見なされています。毎年、漁業やその他の海洋産業に数十億ドルの損害を発生させ、多くの場合に陸上でのビジネスや産業に影響を与えます。時に、人の生活環境に悪影響を及ぼすこともあります。(具体的な例については、こちらを参照してください)

したがって、海洋産業にとってバラスト水処理が追加されることは不本意と思われるかもしれませんが、処置を講じない場合の結果はさらに望ましくありません。


アルファ・ラバルPureBallast 3およびIMO改訂版G8ガイドライン

以下の質問と回答では、改訂版G8ガイドラインによるAlfa Laval PureBallast 3型式承認にどのような意味があるかを説明しています。

1. アルファ・ラバルがMEPC.279(70)2016 G8の要件に従ってIMO証明書を取得するためにどのような試験が必要でしたか?

水域の各塩分濃度について、留保時間なしで、生物学的有効性に関する2つの陸上ベースの追加試験を実施する必要がありました。このコンポーネントの環境試験は、米国沿岸警備隊(USCG)の要件に沿っています。これは、MEPC.174(58)2008 G8の要件よりも厳しいことを意味します。IMOは、生物学的有効性の試験を評価するために生殖MPN法の使用を認めているが、USCGはCMFDA/FDA法の使用を要求しています。

2. G8要件の改訂の結果、アルファ・ラバルPureBallast 3システムのハードウェアは変更されましたか?

システムがどの様な塩分濃度で運転しているかを判断するために、導電率センサーが設置されています。それ以外は、ハードウェア、流量、消費電力は一般的に同じです。

3. 2008年G8ガイドラインに準拠して設置されたアルファ・ラバルPureBallast 3システムは、改訂版2016年G8ガイドラインに準拠してアップグレードできますか?

アップグレードする必要はありません。IMOは、旧バージョンのシステムを設置する船舶に罰則は課さない旨の決議を出しました。

4. 船主は、改訂版2016年G8ガイドラインに従って型式承認を受けたシステムを注文する必要がありますか?

船主は、システムを設置する時期を考慮する必要があります。2020年10月28日より前にシステムを設置する場合は、2008年G8ガイドラインに従った型式承認を受けたアルファ・ラバルPureBallast 3システムをご提案いたします。このシステムは、現在および将来のIMO規制に完全に準拠します。