進化し続けるプレート式熱交換器
GPHE 1 efficiency 640x360

新たな効率の実現へ

熱交換器の効率性を向上させることで、エネルギー消費を最小限に抑えながら、生産性を最大化できます。 これにより、エネルギーコストと環境への影響の両方を削減できます。 このことが、革新的な新しいプレート設計を改を行い、熱交換の改良を進めた理由です。 多くのアルファ・ラバルの特長により、プレートに沿った液体の流れを改善し、伝熱板全体に拡散させます。 その結果、必要なプレート枚数が減り、よりコンパクトでより高い性能の熱交換器が実現します。

FlexFlow™

FlexFlow™プレートの設計により熱効率が改善し、圧力損失が最適化されます。 非対称的なチャネルにより、両流体の異なる圧力がかかる場合での熱効率と圧力損失を最適化します。 この結果、最大30%の効率向上と汚れの低減を可能にし、長期的に優れた費用対効果を実現します。 

アルファ・ラバル Magnusによるご説明

FlexFlow™について

CurveFlow™

CurveFlow™分配部は、プレート表面全体をより有効に活用するために流れを最適化します。 より均一な流れに改善することで流れない部分を(デッドスポット)を無くし、汚れが生じるリスクを低減しながら熱効率を高めます。 これにより、エネルギーを節約し、メンテナンスコストを削減して、予想外の運転停止の時間を低減できます。 

アルファ・ラバル Martinによるご説明

CurveFlow™について

OmegaPort™

OmegaPort™の非円形の入出口により、熱効率の向上とポンプのエネルギーの低減の実現が可能になります。 これは、流体の流れを高めて、圧力損失を低く抑えし、伝熱板表面に効率よく流体を流していきます。 

アルファ・ラバルの専門家、Magnusによるご説明

OmegaPort™について

オフセットガスケット溝

この次世代のプレート式熱交換器は、熱交換面積を最大化する特殊なジグザグパターンのガスケット溝が設計に採用されています。 最適な性能を得るために必要なプレート数が減り、熱効率の最大化が保証され、さらに大幅な省エネが可能になります。    

アルファ・ラバル Jennyによるご説明

仕組みを確認する - オフセットガスケット溝

In pursuit of long-term energy savings

Modern heat transfer technology can contribute to energy savings in industrial heating and cooling applications in many ways.