Alfa Laval - 燃料選択とボイラ燃焼

White paper - Fuel choices and boiler combustion

燃料選択とボイラ燃焼

マルポール条約附属書VIの排出要件に適合するための燃料戦略はいくつかあります。どの戦略を選択しても、エンジンへの影響のみにはとどまらないでしょう。ボイラにもまた影響を及ぼすということを、考慮に入れる必要があります。

マルポール条約附属書VIの排出要件に適合するための燃料戦略はいくつかあります。どの戦略を選択しても、エンジンへの影響のみにはとどまらないでしょう。ボイラにもまた影響を及ぼすということを、考慮に入れる必要があります。

 

 

マルポール条約附属書VIに適合するためにSOx排出量を削減する方法はさまざまです。スクラバーを設置してHFOの使用を続けてもよいし、数種の適合燃料(LNG、MGOまたは低硫黄/超低硫黄HFO)を取り扱うこともできます。選択はボイラに左右されませんが、ボイラは選択による影響を受けます。

 

スクラバーを選択する場合は、ボイラ排ガスを単独で浄化するか、ボイラをスクラバー装置に組み込むかも選択する必要があります。スクラバーと組み合わせて最適に機能するために、ボイラはある程度の改修を必要とするかもしれません。

HFOとは異なる燃料を選択する場合は、ボイラについてさまざまな検討要素があります。これらには、燃料経路の安全性、燃料特性およびバーナ自体を含みますが、さまざまな火炎特性とボイラ構造との関係も含まれます。

アルファ・ラバルは、問題点の評価を支援し、どの燃料戦略を選択するかにかかわらず、確実にボイラの最高性能を引き出すことができます。

概要については、アルファ・ラバルのホワイトペーパーをダウンロードしてご覧いただく もしくは 弊社までお問い合わせください。

お問合せ

Freek Van Beuningen

Global Service Operations Manager

+31243523119
freekvan.beuningen@alfalaval.com

利点

  • 選択した燃料用に最適化されたボイラ動作
  • 最大限のボイラ信頼性
  • 燃料取扱における安全性
  • ボイラ排出適合