用途・アプリケーション | Alfa Laval

Compablocの主な用途やポジション

30年以上にわたり、コンパブロックは、重工業・プロセス産業における最も困難な熱伝達のポジションで、信頼性と効率性に優れた性能を提供してきました。世界中のお客様が、事業の持続可能性を向上させるためにコンパブロックをどのように使用しているかをご覧ください。

再生可能エネルギー燃料の生産

再生可能なディーゼルを生産する工場において、Compablocを活用したスマートな設計がどのようにサステナビリティと収益性の向上に貢献するかをご紹介します。

pipes-blue-sky.jpg

コンデンサー

Compablocは、短い流路と大きなクロスフロー面積により、低圧力損失と高効率を実現するため、凝縮に最適です。高い熱伝導率と低ファウリングにより、Compablocは長期的に高い熱効率と安定した性能を実現するための最適な熱交換器です。

その結果、Compablocは従来の熱交換器に比べて2~4倍も効率的に凝縮を行うことができます。

蒸気はユニットの上部から入り、プレートパックを通過する際にコールドプ レート上で凝縮し、凝縮水は下部で排出されます。

ベーパーに非凝縮性ガスが含まれる場合、アルファ・ラバルは凝縮側に2パス配置を設計し、Compabloc内で気体/液体分離を可能にするため、分離器ユニットが不要になります。 凝縮は主に1パス目で行われます。

非凝縮性ガスのサブクーリングは2パス目で行われ、ミストエリミネーターとしての役割も果たします。

engineer-back-walking.jpg

液-液の加熱・冷却用途

シェル&チューブに比べ3~5倍の効率を発揮するCompablocは、液-液の熱交換器(ヒーター、クーラー、インターチェンジャー)としても最適です。

1台で交差温度 3℃まで温度を近づけることができるCompablocは、大きな省エネの可能性を持っています。

Compablocは、その柔軟な流量設定により、非対称な流量にも容易に対応できます。この軽量なユニットは垂直にも設置可能なため、レイアウトや設置上の課題に対しても解決できます。

valves-and-pipes.jpg

リボイラー

高い熱効率、コンパクトなサイズ、低静的ヘッド、最小限のファウリングと優れた洗浄性により、コンパブロックは完璧なリボイラーとして活躍しま。サーモサイフォン式または強制循環式のリボイラーとして使用できます。

Compablocはリボイラーの容量を簡単に増やすことができ、従来の同サイズの熱交換器の最大2倍の容量を提供し、蒸留塔の設置コストを削減することができます。

コンパクトなため、従来の熱交換器に比べ、滞留量や滞留時間が非常に少なく、流体の熱劣化を抑えることができます。このため、プロセス開始が早くなり、プロセス液が規格外となるリスクも低く抑えることができます。

関連する業界

HEXpert 熱交換器選定ツール

要求の厳しいプロセス向けに最適な熱交換器をすばやく見つけることができます。お客様の用途に関する情報を入力すると、5分以内にお客様のプロセスで熱交換器を活用する際の推奨事項を確認することができます。

engineers discussing industrial plant blue sky green grass