Alfa Laval - Compabloc

Compabloc

ハイスペックが求められるユニットが世界中に3万台以上あり、Compabloc は熱交換に関してはマーケットリーダーです。 レーザー溶接された構造は、腐食性流体と高い圧力と温度を伴う作業で優れた信頼性を提供します。 Compabloc はまた従来のシェル&チューブ式ソリューションの3〜5倍の熱効率を提供することで、よりコンパクトな設計になり、設置と保守が簡単に行えます。

Alfa Laval Compabloc welded plate heat exchanger

持続可能性を向上させる方法を発見しましょう

  • 優れた熱交換と最小限の汚れが組み合わさり、並外れた熱効率と省エネルギーを実現
  • 柔軟なフロー構成で非対称のフローを容易に実現
  • 単一のユニット内で温度を交差させることにより、エネルギー回収を最大化し、電力料金を削減し、プロセス性能を向上
  • 腐食の問題を引き起こす可能性のある隙間がなく、100%機械的に洗浄可能
  • レーザー溶接プレートは究極の信頼性を提供

アルファ・ラバル Compabloc は、高粘度の媒体、過酷な圧力、あるいは温度の要求に対応する効率的な熱交換のための実証済みのソリューションです。 それはまた、深いプロセス知識と経験豊富な専門家の世界的なネットワークを持つ唯一のサプライヤーの支持も伴います。 エネルギー効率が良く信頼性の高い技術、そして長期的に信頼できるパートナー。-これが持続可能性を向上させる方法です。

チャンピオンを選ぶことの利点

実証済みの信頼性

人々は一つの単純な理由でアルファ・ラバル Compablocs を選びます。 それらはまさしく作動しています。30,000 以上のユニットが配達されたことがその証拠です。 当社の実績ある製造および技術的なソリューションの結果、高い信頼性と長い耐用年数が得られます。 何十年もの間、連続して運転されてきた多くの Compabloc は、依然として最高のパフォーマンスを発揮しています。

持続可能性を改善するためのソリューション

Compabloc の高い熱効率の結果、Compabloc が熱回収に使用された場合、より高い熱回収、より低いボイラー燃料消費、およびより少ない CO2 排出量が得られます。

簡単なメンテナンスでより高い性能が得られる

汚れが最小限に抑えられているため、Compabloc は従来の熱交換器よりも大幅に長い洗浄間隔で操作でき、寿命維持費を削減できます。 また、高温と低温を問わず、すべてのチャンネルをジェット洗浄機を使用して完全に清掃できる唯一の溶接熱交換器でもあり、清掃のたびに性能が 100%に戻ります。

生産量の増加と設置コストの削減

暖房や冷房に関連するボトルネックは、より効率的な熱交換器で解決できることがよくあります。 コンパクトサイズの Compabloc を使用すると、同じスペースにより多くの性能を詰め込むことができます。または、他の種類の機器のためにスペースを空けることができます。 それはまた設置費用がより低いことを意味します。

数か月で回収

高いエネルギー効率と低い設置および保守コストにより、Compablocs はシェル&チューブ式または他のタイプの溶接プレート式熱交換器などの他の技術よりもはるかに短い回収期間を提供します。 装置はしばしば数ヶ月で元がとれます。

どんな作業にも対応可能

Compabloc は広範囲のサイズで利用でき、特定の操作および設置条件に合うようにオーダーメイドされています。 それは事実上、プレスし溶接することができるあらゆる材料で作ることができます。

用途

凝縮作業

Compabloc の流路が短く、クロスフロー面積が大きいので、圧力損失が少なく効率が高くなり、凝縮作業に最適です。 熱交換率が高く汚れが低いため、Compabloc は長期的な効率と一貫した性能に対する最良の選択です。 その結果、Compabloc は従来のソリューションよりも2〜4倍効率的に凝縮作業を行います。 蒸気はユニットの上部から入り、プレートパックを通過する際にコールドプレート上で凝縮します。凝縮液は下部から出ます。 蒸気に非凝縮性ガスが含まれている場合、アルファ・ラバルは Compabloc 内で気液分離を可能にする2パス配置を凝縮側に設計でき、分離機は不要になります。 凝縮は主に最初のパスで起こります。非凝縮性ガスのサブクーリングは2回目のパスで達成され、これはミストエリミネータとしても働きます。

Industrial pipes with blue sky and white clouds

液液加熱および冷却用途

Compabloc は、シェル&チューブ式の 3〜5倍の効率で作用し、液冷式液体熱交換器(ヒーター、クーラー、または交換器)として最適だとみなされています。 1つのユニット内で温度交差を扱う能力、および 3°C(5.4°F)に近い温度アプローチにより、Compabloc は大きな省エネの可能性を提供します。 Compabloc は、その柔軟なフロー構成により、非対称のフローも簡単に処理できます。 この軽量ユニットは垂直に設置されるので、設置の問題は即座に解決されます。

Engineer wearing hard hat seen from behind walking into the setting sun at industrial plant

リボイラーとしての Compabloc

高い熱効率、コンパクトサイズ、低い固定ヘッド、最小限の汚れ、そして簡単なクリーニングにより、Compabloc は完璧なリボイラーです。 それはサーモサイフォンまたは強制循環リボイラーとして使用することができます。 Compabloc を使用すると、リボイラーの容量を簡単に増やすことができ、同じサイズの従来の熱交換器の最大2倍の容量を提供し、蒸留塔の設置コストを削減できます。 コンパクトなサイズは、ホールドアップ量と滞留時間が従来の熱交換器と比べて非常に少なく、流体の熱劣化を減らすことを意味します。 これにより、仕様外のプロセス流体に対するコストがより低く、プロセスをより早く開始することができます。

industrial open/closing wheel and pipes

動作原理

.

Compabloc - Exploded view

すべての Compabloc の中核には、ステンレス鋼またはその他の耐腐食性材料で作られた波形の熱交換プレートのスタックがあり、交互にレーザー溶接されてチャネルを形成します。

高温流と低温流が交互のチャネルを通って流れます。 波形のプレートが高い乱流を引き起こし、その結果、同等のシェル&チューブ式よりも50〜80%小さい熱交換面積で、ずっと高い熱交換効率が得られます。 流れの乱れはまた、汚れの蓄積を減らします。Compabloc 独自のプレート設計により、熱交換器中に熱交換しないエリアがなくなります。

Compabloc の2つのフローは、シングルパスとして設定することも、バッフルを使用してマルチパスとして設定することもできます。 高温側と低温側のパス数は個別に選択できるため、異なる側の流量が大きく異なっていても熱交換を最適化することができます。 この独自の柔軟性により、Compabloc は常に要求される作業にぴったり最適化されています。バッフルは完全真空に耐えるように作られており、将来設計条件が変更された場合は再配置することができます。

Compabloc ユニットは向流を持ち、温度アプローチが3°C(5.4°F)に近い(単一ユニット内の)温度交差プログラムによって動作することができ、エネルギー回収を最大化します。 小型で軽量なため、Compabloc をどこにでも取り付けることができます。たとえば、蒸留塔の上部や支持構造から吊り下げることができます。

Compabloc - 1-pass condenser

Compabloc - 2-pass condenser

Compabloc liquid-to-liquid

Compabloc reboiler

.

容量を増やし、排出量を削減する

ベルギーの Dow Wolff Cellulosics は、アルファ・ラバルの Compabloc コンパクト熱交換器 2機を、プラントの溶媒回収カラムの1つの中に異なった用途で設置しました。

Alfa Laval Compabloc welded plate heat exchanger operating as reboiler in the solvent recovery column at Dow Wolff Cellulosics

より少ないスペース。 低コスト。 より多くの熱回収。

芳香族の豊富な流れからベンゼンとトルエンを抽出するアジアの石油化学会社は、生産能力を増やしたいと考えましたが、スペースは限られていました。

Petrochemical plant at night

エネルギー効率のための精製者の方式

持続可能な実践を絶え間なく業務に実現する努力をしながら、ペトロナスは最先端のエネルギー効率の高い技術に投資してきました。

Asian oil refinery worker infront of an installed Alfa Laval Compabloc welded plate heat exchanger
.

ユニークな特徴

Compabloc は、他のブロックタイプの設計を含む他の熱交換器の中でも際立っている比類のないチャンピオンです。 それは、熱交換における数十年の経験に基づいた、当社の特許を付与された技術革新からその独自性を引き出しています。 これらの機能を組み合わせると、より信頼性が高く効率的なパフォーマンスにつながり、エネルギーの節約と持続可能性の向上に役立ちます。 

Alfa Laval C-weld
C-weld™

優れた洗浄力と拡張した性能

プレートの端と端をレーザー溶接することによりアクセス性が保証され、腐食から保護します。

もっと詳しく 

Alfa Laval SmartClean
SmartClean™

付着物の迅速で効率的なフラッシング

プレート境界のフリーフローチャンネルは、汚れの効率的な除去を保証します。

もっと詳しく 

Alfa Laval Xcore
XCore™

より高圧用の高度なデザイン

機械的強度を高めて熱性能を向上させる高圧の洗浄可能なプレートパターン。

もっと詳しく 

ALOnsite
ALOnsite™

お客様の施設での適したサポート

世界中どこでも、熟練したエンジニアによる真のオンサイトサービス。

もっと詳しく 

.

専門家に相談する

私たちは喜んで、Compabloc がお客様にもたらすことができる利益を論じ、どのように私たちがお客様の運転を改善するのを助けることができるかをお見せしたいと思います。

Female engineer wearing hard hat and safety glasses

LinkedInのアルファ・ラバル エネルギーニュース

お客様が一歩先を行くために必要なソリューションをご紹介する、アルファ・ラバルのショーケースページです。

Alfa Laval Energy showcase page on Linkedin