Alfa Laval - 環境保護

環境保護

IMOと米国沿岸警備隊によって承認されたタイプであるAlfa Laval PureBallast3は、淡水、汽水、海水のあらゆる水域で優れた性能を発揮します。 新造船ではスペースを節約し、既存船では改修を容易にします。

Ballast water treatment

偽りのない信頼 - すべての水域

Alfa Laval PureBallast 3は、第3世代のバラスト水処理技術であり、改訂G8に対応する最初の解決策です。 現在までに、1900基以上のPureBallastシステムが販売され、そのうち数百基は改修向けに設置済みです。 さらに、Alfa Laval PureBallast 3は、十分に準備が整ったサプライヤーによりサポートされます。 大規模な生産資源、強力なパートナーシップ、および十分に整備されたサービス提供により、アルファ・ラバルはバラスト水処理において信頼性の高い選択肢です。

BWTherobanner 640x360
.

PureBallastニュースレター

PureBallastニュースレターでバラスト水処理に関する最新情報を入手しましょう

PureBallast-newsletter-960x480
.

知識

当社のソリューションは、世界のバラスト水処理要件と米国沿岸警備隊(USCG)の要件の両方を満たしています。

BTW complete solution 1248x480

新しい法律への準備をする

IMOバラスト水管理(BWM)条約の批准以来、新規建設では納入時に設置された処理装置が必要です。 2019年9月8日以降、既存の船舶は改修する必要があります。

米国海域でバラスト排水する必要がある船主は、さらに検討すべき問題があります。

今の決定は、今後何年もの間ビジネスで成功を収めるために非常に重要です。

重要なリーダーシップ

当社は、BWM条約またはUSCG法を遵守するのに役立つ知識とリソースを持っています。 当社の柔軟なPureBallast 3製品は、特定のニーズに合わせて最高のコスト効率の高い装置を実現します。

当社は、IMOおよびUSCGタイプの承認を含むバラスト水処理基準の開発に携わってきました。 1,700基を超えるPureBallast装置を装着してきたので(そのうち600基超は改造)、安全に保護されることがわかります。

認定および承認

PureBallast 3は、すべての主要船級団体によって認定されています。 具体的な内容をご覧ください。

BWT-certificates-960x480

参考文献

これまで納入してきた1,700基を超えるPureBallast装置の成功事例をお読みください。

BWT-references-640
.

お客様に合ったシステムを見つける

バラスト水処理装置を選択するときは、船舶への完全に合致し、スムーズな運航を保証し、環境法令を確実に遵守することが必要です。 アルファ・ラバルPureBallast 3を使用することで、このいずれの条件についても満たすことができます。

長期的な選択

バラスト水処理装置は持続性を備え、長期的に再販価値を提供する必要があります。

信頼性の選択

海水条件で腐食しない主要コンポーネンを選択することで、バラスト水処理装置を船舶と同じ耐用期間まで利用しましょう。

UVリアクターは、316Lのようなスチールグレードで構築されている場合、5年後に交換が必要な圧力容器です。 PureBallast 3リアクターは、20年以上の寿命が期待される超オーステナイト系ステンレス鋼製です。

船舶が航海できる場所は、潜在的バイヤーだけでなく、何に対して支払うかにも影響を与えます。 また、世界中の長期的なサポートを期待できる認定サプライヤーの機器を評価します。

完全に安全なバラスト水処理

Alfa Laval PureBallast 3は信頼できる選択肢です。 大規模なグローバル組織によってバックアップされた信頼性の高い製品です。 当社は一世紀に渡って海洋産業に従事し、最初の提案時からバラスト水処理に携わってきました。

バラスト水処理装置の選択

最適なシステムの選択に役立つ選択のポイント11ガイドをダウンロードしてください。

BWT-choosing-960x480

主要サプライヤーとシステム

PureBallastはバラスト水処理で最も確立された選択肢です。

BWT leading 1248x624

リーダーシップの歴史

当社は、10年以上にわたってバラスト水処理に携わり、処理技術を開発してきました。 また、標準の策定と市場の教育のため、主要な識者たちに生物学的および技術的専門知識を提供してきました。

Wallenius Waterと協力して開発されたPureBallastは、バラスト水処理の最前線で成熟したシステムです。 2006年に発売された当初のシステムは、商業的に入手可能な最初の処理ソリューションでした。

広く販売され、信頼されている

1,700基を超えるPureBallast装置が納入および発注されてきました。 何百基ものPureBallast装置が改修として設置され、コンテナ船、タンカー、ばら積み貨物船、海洋補給船、海軍艦艇など、さまざまな種類の造船所や船舶タイプに世界中で設置されてきました。

全世界での総合サポート

当社は、新造船および既存船に総合的なソリューションを提供しています。 当社の大規模生産は、BWM条約が発効したときのニーズを満たす準備ができています。

造船所およびエンジニアリング企業は、明確かつ完全な文書と、専門家によるコンサルティングをご利用いただけます。 当社は、実績合意を含むクラス最高のサポートを提供しています。

世界中のどこからでも、アドバイスからサービスまで、必要なものをすべて手に入れることができます。

受注実績

当社は、世界各地からさまざまな船種向けのPureBallastを受注してきました。

船種別

    • アンカー・ハンドリング・タグ
    • ばら積み貨物船
    • 自動車運搬船
    • 沿岸フェリー
    • コンテナ・フィーダー
    • コンテナ船
    • クルーズ船
    • ドリル船
    • 一般貨物船
    • LNGタンカー
    • LPGタンカー
    • 海軍艦艇
    • 海洋補給船
    • 調査船
    • リバー・ライナー
    • RoRo船
    • シャトル・タンカー
    • 補給船
    • タンカー
.

バラスト水処理に関する法規

バラスト水処理に関する規制がついに発効しました。 IMOバラスト水管理(BWM)条約は批准され、米国沿岸警備隊(USCG)法が既に施行されています。 当社は10年間にわたる知識と経験を有し、お客様の船舶に影響を及ぼす規制に対応するための知識を備えています。

BWT legislation 1248x624

USCGバラスト水排水基準

USCGバラスト水排水基準は、2012年6月から施行されています。2013年12月現在、米国海域でのバラスト排水を希望する新しい船舶はすべて、既存の船舶の要件に従わなければなりません。

初期期間は、一部のIMO承認システムについて代替管理システム(AMS)として米国海域での使用が承認されました。 USCG型式承認を受けた処理システムが利用になるために、2017年3月7日以降に設置されたIMOシステムについてはAMSの承認は受けられなくなります。

現在、USCG型式承認のために提出されたシステムは、CMFDA/FDA染色法に従って試験する必要があります。 このシステムは、試験の実行時に十分に開発済みで、試験は独立した第三者が実施する必要があります。 こうした透明性により、試験結果の信頼性が高まります。

USCG試験中の運転パラメーターの監視についてより具体的な要件があります。

現在までに、PureBallast 3を含めて、USCG型式承認を受けたバラスト水処理システムは、ほんの一握りに過ぎません。PureBallast 3のようなUVベースのシステムにより適した最確数(MPN)試験法の今後の承認により、AMSとして承認された一部システムの継続使用も許可される可能性があります。

IMO BWM条約

2004年に採択されたBWM条約は、船舶のバラスト水および堆積物の制御と管理に関する国際条約として正式に認知されています。 批准までに何年もかかりましたが、その発効は今日の処理システムの広範な開発につながりました。

2016年9月のBWM条約の批准以来、バラスト水処理は世界的な大きな課題になりました。 2017年9月現在、新造船には型式承認済みの処理装置が必要ですが、既存の船舶は改訂されたIMO導入スケジュールに従って改装する必要があります。 認可日を過ぎて米国海域で運航する船舶は、米国海域で排出する場合、BWMSでバラスト水を処理する必要があります。

BWM条約は、バラスト水処理に必要な制御メカニズムがあまり周知されていない時期に制定されたため、IMO型式承認証明書は徐々に修正されました。 2014年以降に発行された証明書では、塩分、温度、UV透過率など、システムの運転上の制限についてより詳しく記述されています。 この日付以前に発行された証明書には厳しい検討が加えられ、最新の証明書の改訂が求められます。

今日、BWM条約は、すべての試験手順において高い透明性を確保するために尽力している世界中の第三者試験機関によって、統一的な方法で解釈されています。

バラスト水処理に関する法規

IMOバラスト水管理(BWM)条約が批准されて以来、バラスト水処理法の問題は世界中で緊急になっており、業界での疑問が浮上しています。

アルファ・ラバルPureBallast 3およびIMO改訂版G8ガイドライン

以下の質問と回答では、改訂版G8ガイドラインによるAlfa Laval PureBallast 3型式承認にどのような意味があるかを説明しています。

改修向けPureBallast 3

アルファ・ラバルは、バラスト水処理のために船舶を改修する技術的およびロジスティック的な課題に適合します。

カスタマイズされた改修ソリューション

ほとんどの船舶には、バラスト水処理のための既存スペースがなく、その配慮がなされていません。 PureBallast 3 Compact Flexのコンパクトさと柔軟性は、改造を簡素化します。

当社は、お客様の要件に合わせて各プロジェクトをカスタマイズし、予算支援や資金調達のオプションを提供します。

協調と柔軟性

お客様のエンジニアリング部門と選択されたヤードで作業することができます。エンジニアリング・サポート、3Dレーザー・スキャン、クラス認定など、当社のネットワークから専門知識を確保することもできます。

また、既存のドック入りのスケジュールに合わせたり、航海中に設置を手配したりすることができます。 ロジスティクスの強化されたグローバル組織として、当社はドックに入る前に交易経路が変更された場合でも、プロジェクトを進めることができます。 大きな変化が生じた場合でも、世界全体に展開する当社のプレゼンスと機能により、プロジェクトをスムーズかつ確実に成功へと導きます。

Retrofitリーフレットのダウンロード

cooperation diagram from retrofit leaflet
.

バラスト水処理について当社をご信頼ください

Alfa Laval PureBallast 3システムに対する次のステップの準備は整いましたか? お客様の船舶についてより多くの情報やお見積もりを喜んで提供いたします。

お客様は、アルファ・ラバルのプライバシーポリシーに従って、お客様が受け取ることを承認したマーケティング資料を提供するために、お客様がこのフォームで提供した個人情報をアルファ・ラバルが収集、使用、開示することに同意するものとします。