Alfa Laval - Choosing a system

バラスト水処理装置の選択

最適なシステムの選択に役立つ選択のポイント11ガイドをご覧ください。

1. 選択したシステムはIMOと米国沿岸警備隊の双方により型式承認されていますか?

最近批准されたIMOバラスト水管理(BWM)条約の遵守は必須です。 また、最近のIMOタイプ承認証明書を確認することも重要です。

BWM条約が2004年に採択されて以来、システムの評価法は進化し、認可された第三者機関によって発行された証明書では、システムの運転制限、塩分濃度、温度、紫外線透過率に関する情報だけでなく、試験の詳細についても記述するようになりました。

国や地域の規制に注意してください。 米国の海域でバラスト排水処理を行うには、船舶のバラスト水処理装置がUSCGの型式承認を受けている必要があります。

船舶のUSCG法への準拠によって再販価値が高まります。 それがなければ、この主要市場での事業を検討しているバイヤーが投資する可能性は低くなります。

すべての型式承認に関して、認可された第三者から発行された証明書を探し、より高い妥当性と透明性を確保してください。

2. 証明書では、自然界に存在する生物を含む試験水が使用されていることが記述されていますか?

制御されたテスト環境と現実的なテスト条件を保証します。承認された第三者によって発行された型式承認証明書は、制御されたテスト環境と現実的なテスト条件を保証します。

たとえば、水面近くに生息する生物は、UV光に対してより強い耐性があり、したがって中圧UVランプによる処理が最も適合します。

試験中に選択した生物と培養された生物の均一な混合物を用いることにより、結果はそれらが除去されたことを示す可能性があります。 現実世界では、水質は規制されておらず、生物はより強靱で、多様化しているため、これは現実世界の状況とは異なります。

真摯なサプライヤーは、コンプライアンス違反の実際の影響を理解しています。 堅牢なUV技術を選択し、第三者の透明性を追求して、積極的にシステムにストレスを与えて復元力を確認します。

多毛類、回虫、エビなどの非培養生物、理想的には藻類の花などを含む自然水を使用するのが理想的です。

3. システムは特に海洋向けに設計されていますか?

驚くべきことに、ほとんどのバラスト水処理システムは、陸上の飲料水処理をベースにしています。 その技術は、目的のために開発されるのではなく、海洋環境のニーズをテストして満たすように適合されてきました。

陸上ベースのUV処理システムは、処理が始まる前に実行される複雑ではない水環境および他の洗浄プロセスを扱います。

バラスト水処理装置は、難しい生物、不規則な水質、高温、内部での塩水の長時間の滞留にさらされます。 海洋環境のために特別に設計されたシステムだけが、こうした課題に対してより適切に対処できます。

4. システムの主要コンポーネントは海水の腐食に対して耐性がありますか?

多くのバラスト水処理装置では、316L鋼のような低品位素材により主要コンポーネントが製造されています。 316Lは、一般的なエンジニアリング素材ですが、海水との接触で腐食します。

処理プロセス中に海水で満たされる316L鋼UV処理リアクターは、わずか5年で腐食して交換作業が必要になる可能性があります。

254 SMOおよびAL6-XN超オーステナイト系ステンレス鋼には、海水腐食への耐性があります。 これらの材料で作られた主要なコンポーネントは、ずっと長持ちします。 AL6-XN製のUVリアクターは、20年以上の耐久性があります。

5. 選択したシステムでは生成されたUV光を最大限に利用していますか?

UV処理を生物学的に効果的かつエネルギー効率よく行うため、ランプが生成するUV光が標的の生物に到達する必要があります。

リアクターの内部構造は、高レベルのUV光を均等に分配して、それを通過する水に大きな乱流を作り、高濃度の線量がすべての生物に到達する必要があります。

紫外線透過率が小さい低透明度の水域では、より強力な対策が必要です。 合成石英の特別に設計されたランプスリーブは、より広波長スペクトルの伝送をサポートし、消毒のためにより大量のUV光を照射します。 どんな信頼できるシステムにもこの機能が必要です。

6. システムは効果的な電力管理機能を提供していますか?

電力管理にとっては、生物学的な消毒性能とエネルギー効率の両方が重要です。 コンプライアンスを確保するため、バラスト水処理装置では電力使用量を抑制すべきです。

船舶の運用を損なうことなくUV透過率が低いなどの難しいシナリオに対処するには、予備電力も必要です。 運用の停止は、バラスト水の流速を低下させたり、こうした水域への航行がまったく不可能になることもあります。

7. システムは自動的にCIP(Cleaning-In-Place)サイクルを実行しますか?

定期的なクリーニングをしなければ、UVランプの石英スリーブに炭酸カルシウムの堆積物と金属イオンが蓄積します。 これにより、UV光の一部が遮断され、処理が妨げられます。

メカニカル・ワイピングは、低pH液で除去して追加処理が必要な金属イオンの蓄積に対して効果がありません。 ワイピングは、UV透過率を測定して電力使用量を調整するUVセンサーを洗浄しないので、過度の電力使用と低性能につながる可能性があります。

あらゆる種類の機械的および手動洗浄によって、スリーブに傷が付き、処理性能が低下します。

試験によれば、CIPはバラスト水処理装置の生物学的消毒性能を維持するのに役立ちます。 UVベースのシステムでは、1回の洗浄処理でその効果は顕著になります。

8. 包括的な監視機能とハードウェアによる安全機能が存在しますか?

船上では安全が最も重要です。 UVベースのシステムは化学物質に頼っているシステムよりも安全ですが、どのシステムも装置に重大な損傷を与えないように安全を最優先にする必要があります。

Alfa Laval PureBallast 3は、PLCをバイパスする温度センサーとレベルセンサーを備えているため、PLCの誤動作があっても信号が失われることはありません。 コントロールパネルは、主要コンポーネントを監視して、バルブの位置を示すフィードバックを与え、過熱時または低水位時にシャットダウンするように配線されています。 どのようが問題が発生しても、スタッフと装置の安全が保たれます。

9. お使いのバラスト水処理装置は自動的かつ簡単に動作しますか?

搭載システムの数と複雑さが増すにつれ、乗組員の可用性と能力は向上しません。 このため、バラスト水処理装置の自動運転が不可欠です。

運転中に手動で操作することなく、ワンボタンにより開始と停止ができるため、時間を節約し、必要に応じて即座にシャットダウンできます。

直観的なグラフィカルユーザーインターフェイスに明確な概要が示されるため、乗組員は情報に基づいた意思決定を迅速に行えます。 また、テキストの文字列ではなくグラフィカルなコミュニケーションにより、世界中から集まった複数国籍の乗組員が人為的ミスリスクの少ないパネルを使用しやすくなります。
単体で使用することも船舶制御システムに統合することもできる制御システムにより、柔軟性が向上します。

お使いのシステムがこれらのポイントを満たしていることを確認してください。

10. お使いのシステムのサプライヤーの能力は実証されていますか?

バラスト水処理装置の設置は、特に改修シナリオでは複雑な作業です。 多くのサプライヤーと請負業者が関与しているため、貧弱なプロジェクト管理や経験不足に起因する遅延によってコストが大幅に増加する可能性があります。

BWM条約の批准は、すべての船舶が数年以内にバラスト水装置を設置する必要があることを意味します。限られた資源のために数千隻もの船舶が競合するでしょう。

信頼できるサプライヤーは、時間どおりに納入できる能力を証明でき、多くのサプライヤーと協力して、肯定的な設置ベース実績を持っています。 新造船での設置と同じくらい重要なのは、より複雑で困難な改修における専門知識です。

サプライヤーは、今後数年間拡大する生産力を持つ十分な規模のプレーヤーでなければならず、プロジェクト管理能力を証明できなければなりません。

お客様の設定を、経験の浅いサプライヤーが試す機会にしてはなりません。

11. お使いシステムで強力なグローバル・サービスが提供されていますか?

将来を念頭に置いて選択してください。優れたバラスト水処理装置は船舶の寿命を延ばすはずです。

検討中のサプライヤーは、良質のスペアパーツ、専門知識、可用性を、世界のどこにいても迅速に提供できる必要があります。

経験豊富で熟練したエンジニアのグローバルネットワーク、コンプライアンスについての専門知識、最適化と拡張に関する問題についてアドバイスする能力 が不可欠です。 バラスト水処理専用のサービスであれば、ありきたりのアドバイスやコスト増の原因となる間違いが生じることはありません。

全世界でサポートを行うよく知られたサプライヤーによる文書化された証拠があれば、再販価格と潜在的なバイヤーの数にプラスの影響を与える可能性もあります。
将来船舶を売却する場合、全世界でサポートを行うよく知られたサプライヤーの装置を搭載していれば、販売価格と潜在的なバイヤーの数にプラスの影響を与える可能性もあります。