Alfa Laval - アルファ・ラバルの歴史

アルファ・ラバルの歴史

アルファ・ラバルは1883年に設立されました。今日における大規模なグローバル企業グループとしての地位を築くまでの重要なマイルストーンをご紹介します。

1845

アルファ・ラバルの創業者であるグスタフ・デ・ラバルは、スウェーデンのダーラナで生まれました。

1877

ドイツの定期刊行物『Milchzeitung』の記事を読んだグスタフ・デ・ラバルは、遠心分離器の開発に着手しました。

1879

ストックホルムで初の連続式分離機のデモンストレーションを行いました。このセパレーターは、毎時130リットルの容量がありました。

1883

グスタフ・デ・ラバルと彼のパートナーであるオスカー・ラムがAB Separator社を設立。The De Laval Cream Separator社がアメリカで設立され、これを皮切りに国際的な事業を展開していきます。

1888

最初のポンプが販売されました。遠心分離器から脱脂された牛乳を汲み上げるのに使われました。

1889

ドイツの発明家、クレメンス・フォン・ベヒトルスハイムの円錐形金属ディスクの特許を取得。Alfa-discsと呼ばれるこのディスクを使用することで、分離機の容量は何倍にもなりました。

1890

アルファ・ラバルは、Alfa disc stack技術を用いた世界初の連続式分離機を導入しました。最初の連続式ミルクパストライザーを導入。

1898

最初の酵母用分離機が、お客様の生産ラインに設置されました。

1910

グスタフ・ド・ラヴァルが搾乳機の設計に着手。

1913

グスタフ・デ・ラバル、67歳で死去。生涯で92のスウェーデン特許を取得し、37の会社を設立。彼の記念碑には「The Man of High Speed」と刻まれています。

1916

アルファ・ラバルは最初の油清浄用分離機を販売しました。

1919 – 1936

デンマーク、南アフリカ、フィンランド、オーストラリア、ニュージーランド、ポーランド、ユーゴスラビア、アイルランドに子会社を設立。

1933

ベルリンで開催された展示会でアルファ・ラバルが世界初のヘルメチック(密閉型)分離機を発表しました。

1938

アルファ・ラバルが初の熱交換器を導入。スウェーデンの有名な画家カール・ラーソンの息子、ポントス・ヒュッテが熱交換器の開発と生産をルンドに移しました。

1951

セルフクリーニング式遠心分離機とデカンターの販売を開始。

1958

スウェーデンの乳業会社に初の自動CIP(Cleaning-In-Place)システムを導入。

1961

イタリアで初の殺菌処理システムを導入。乳製品や液体食品の加工分野で大きな躍進を遂げました。

1962

AB Rosenbladの特許を取得し、スパイラル式熱交換器と一連の工業用プレートの設計をAB Separatorが所有するようになりました。

1963

会社名をAB SeparatorからAlfa Laval ABに変更。「Alfa」は Alfa-discs に、「Laval」は創業者に由来しています。

1965

スイスの酪農家に初の大型コンピュータ制御システムを納入。このシステムにより、工場全体の監視・制御が可能となりました。

1971

アルファ・ラバルはデンマークの Lavrids Knudsens Maskinfabrik (LKM)社の過半数の株式を取得し、アルファ・ラバルは流体移送ビジネスに参入しました。

1976

今年は多額の投資が行われた年です。スウェーデンでは、ストックホルム郊外のトゥンバで船舶用分離機の新製造工場の建設を開始。ルンドのサーマルビジネスエリアでは、新オフィスとプレート式熱交換器の国際生産センターの建設を開始しました。スペインでは、アルファ・ラバルが工場、オフィス、倉庫を拡張しました。

1981

アルファ・ラバルは、日本の関連企業である長瀬アルファへの出資比率を70%に高め、アルファ・ラバル・サービス株式会社を完全子会社として設立することで、日本での足場を強化しました。

1991

世界中の食品業界にパッケージング・ソリューションを提供しているテトラパック社とラウシング家がアルファ・ラバルを買収。 

1993

アルファ・ラバルがテトラ・ラバル・グループ内の独立した産業グループになる。液体食品の加工事業がテトラパック社の事業と統合されました。農機具とシステムは、新しい産業グループであるアルファ・ラバル・アグリに再編成されました。 

1996

モスクワ郊外のカリーニングラードに、食品・飲料業界向けの熱交換器、流体移送装置、モジュールの新工場がオープンしました。この工場は、ロシアで最も近代的な工場の一つです。

1999

アルファ・ラバルは、船舶用の革新的な油処理システムや、業界で最も進んだバルブの自動制御を発表しました。

2000

投資会社のIndustri Kapitalがアルファ・ラバルグループを買収しました。Industri Kapitalは、5年以内の株式上場を目指し、アルファ・ラバルの主要技術である分離、伝熱、流体移送における世界的リーダーシップをさらに発展させることを目的としています。

2001

アルファ・ラバルは、マーケット別の事業体制に大規模な再編を行いました。

2002

アルファ・ラバルがストックホルム証券取引所に復帰しました。オーガニックおよび買収による収益性の高い成長を実現することを主な戦略として、2002年には、製薬・食品業界向けの膜ろ過のスペシャリストであるDanish Separation Systems A/S (DSS)と、先進的なタンク洗浄システムの世界的なサプライヤーであるToftejorg Groupの2つのデンマーク企業を買収しました。

2003

熱交換における大きなブレークスルーであるAlfaNovaが発売されました。AlfaNovaは、アルファ・ラバルが特許を取得したAlfaFusionと呼ばれるプレートのろう付け方法をベースにした、全く新しいタイプのプレート式熱交換器です。温度、圧力、耐疲労性に関するAlfaNovaの並外れた強みは、既存のアプリケーションや将来のアプリケーションに新たな可能性をもたらします。

2004

ラース・レンストロムがアルファ・ラバルグループの新CEO兼社長に就任しました。ラース・レンストロムは、スウェーデンの産業界で確固たる成功を収めています。アルファ・ラバルと車両技術の多国籍サプライヤーである Haldex は、ますます厳しくなる排ガス規制に対応するため、ディーゼルエンジンのクランクケースガスを浄化する共同開発ソリューションを供給するため、共同出資会社 Alfdex AB を設立しました。

2005

石油・ガスや精製用途の大型溶接プレート式熱交換器の世界的リーダーであるフランスのPackinox S.A.を買収しました。長年の実績がある同社の技術力と製品ポートフォリオは、これらの分野におけるアルファ・ラバルの強化につながります。

2006

アルファ・ラバルのほとんどのエンドマーケット(主にエネルギーおよびエネルギー関連セクター)における非常に高い需要により、2005年から30パーセント受注額が増加しました。テトラパック社の濃縮フルーツ部門を買収したことで、アルファ・ラバルは自社の販売会社を通じてこの市場に参入することになりました。

2007

アルファ・ラバルは、ヨーロッパの空気熱交換器のリーディングカンパニーであるオランダの Helpman とフィンランドの Fincoil を買収し、空気熱交換器の世界的なリーディングカンパニーになるための重要な一歩を踏み出しました。ヘルプマン社の製品は、食品のデリケートなロジスティックチェーンなどの業務用冷蔵に使用されています。フィンコイル社は、特に産業用の電力冷却に強みを持っています。

2010

アルファ・ラバルは、"Better City, Better Life"(より良い都市、より良い生活)をキャッチコピーとして、上海万博のスウェーデン・パビリオンの公式パートナーを務めました。

2011

アルファ・ラバルは Aalborg Industries を、その2年後にはノルウェーの Frank Mohn を買収し、海洋・オフショア市場におけるアルファ・ラバルの存在感をさらに強めました。

2014

アルファ・ラバルは、デンマークのオールボーグに船舶向け機器やアプリケーションのためのテスト&トレーニングセンターを開設しました。

2016

トム・エリクソンがアルファ・ラバルグループの新CEO兼社長に就任しました。

 

Black and white portrait photography of Gustaf de Laval

   

Separator drawing 200x335

   

1st phe 200x253