Alfa Laval - 日本におけるアルファ・ラバル

日本におけるアルファ・ラバル

.

アルファ・ラバルの国内展開の幕開けとなったのは、1925年(大正14年)に導入された遠心クリーム分離機でした。1960年代以降に遠心分離機、熱交換器の国内製造を開始し、お客様と共に日本の経済発展を支えてきました。1978年に日本法人を設立、1984年には製造・アフターサービスの拠点となる湘南センターを設立し、その後は地域ごとのサービスセンターの拡充も進めてきました。このような体制で、飲料・食品、海運・造船、化学、製薬、エネルギー、空調設備、半導体といった幅広い分野において、プロセスの最適化、品質・安全の向上、環境負荷低減など、お客様の新たなニーズに合わせた製品やソリューションの提供を進めています。
今後も、人々の暮らしをより良くしていくために、熱交換・分離・流体移送の3つのコアテクノロジーを活用して日本の産業に貢献していきます。

会社概要

アルファ・ラバル株式会社

〒108-0075
東京都港区港南 2-12-23 明産高浜ビル10階
TEL 03-5462-2442

代表取締役社長 ユルン・ヴァン・リール

設立 1978年2月24日

資本金 4億9千万円

従業員数 約250名

取引銀行 三井住友銀行

事業所一覧

事業所

東京本社
〒108-0075
東京都港区港南 2-12-23 明産高浜ビル10階
TEL 03-5462-2442

湘南センター
〒253-0111
神奈川県高座郡寒川町一之宮 7-11-2
TEL 0467-75-3682

大阪支社
〒530-0004
大阪市北区堂島浜 2-2-28 堂島アクシスビル13階
TEL 06-4796-1001

名古屋支社
〒451-6040
愛知県名古屋市西区牛島町 6-1 名古屋ルーセントタワー40階
TEL 052-569-2440

中国支社
〒722-0051
広島県尾道市東尾道 10-33
TEL 0848-38-7724

サービスセンター

湘南センター
〒253-0111
神奈川県高座郡寒川町一之宮 7-11-2

大阪サービスセンター
〒587-0011
大阪府堺市美原区丹上 414-1-2

中国サービスセンター
〒722-0051
広島県尾道市東尾道 10-33

九州サービスセンター
〒808-0109
福岡県北九州市若松区南二島 2-2-16

   

.

日本におけるアルファ・ラバルの歩み

1925

米国De Laval社より遠心分離機を導入

1930

AB Separator社と長瀬産業が総代理店契約を締結

1962

長瀬産業とAB Separator社との間で技術提携を結び、京都機械で舶用遠心分離機の国産を開始

1966

AB Separator社がAlfa Laval AB社へと改称

1970

京都機械との技術提携によりプレート式熱交換器の国産を開始

1975

Alfa Laval AB がアルファ・ラバル・エンジニアリング(株) を設立。熱交換器の販売を開始

1978

Alfa Laval AB がアルファ・ラバル産業機械(株) を設立

1984

日本におけるアフターサービスの拠点として湘南センターが完成 (神奈川県高座郡寒川町)

1986

湘南センター内にディスク型遠心分離機を中心とした「セパレーションラボ」を開設。化学、製薬、飲料、バイオなどの分野のお客様を国内でサポートできる体制に

1996

湘南センターにプレート式熱交換器工場が完成

2005-2014

大阪、東海、中国、九州の各地域にサービスセンターを設立し、サービス体制を強化