Alfa Laval - アルファ・ラバルのIoTサービスによる運転コストの削減

アルファ・ラバルのIoTサービスによる運転コストの削減

アルファ・ラバルのIoTサービスは、お客様のアルファオ・ラバルの廃水デカンターに、遠隔サポートおよびモニタリング、状態モニタリング、予防的メンテナンス、およびプロセス最適化などの新しい可能性を付加します。 結果、サービスコスト削減、運転信頼性の最大化、プロセス効率の向上、運転可能時間の延長などが得られます。下記のアルファ・ラバルの廃水プラント用デカンター向けIoTサービス説明をご参照ください。お客様のプラントにとってのベストコンビネーションについて、是非当社にお問い合わせください。

IoT Services

遠隔サポートおよびモニタリング

より速やか且つ正確なトラブルシューティングと、速やかな復旧

コスト計算機能

運転コスト削減と、変化の効果に対する即時フィードバック

コンディションアラート

予防的メンテナンスとサービス間隔の最適化を可能にする状態モニタリングシステム

固形分負荷の一定化と凝集剤添加量制御の適応化

プロセスと凝集剤消費量の最適化

condition monitoring 640x360

IoTの恩恵を廃水産業に

過去30年間、インターネットが人々のコミュニケーションの方法に革新をもたらしました。デジタルコミュニケーションの発展における次のステップは、機械やセンサー、そして多様なデジタルシステムの相互接続です。これは、モノのインターネット(IoT)と呼ばれるもので、効率化や付加価値について全く新しい可能性をお客様に提供するものです。

アルファ・ラバルは、この進歩に積極的に参加しています。弊社の廃水プラント向けIoTサービスは、お客様にサービスコストや凝集剤コストの削減、信頼性の向上、全体的な効率アップをもたらす新しい可能性を提供します。弊社はこの分野の研究開発にも力を入れており、先端技術に基づいた新しいIoTサービスを継続して提案し続けます。

遠隔サポートとモニタリング

アルファ・ラバルの遠隔サポートとモニタリングにより、アルファ・ラバルから最速かつ最高のサポートを得ることができます。弊社のサ-ビスエキスパートが、メンテナンス、サービスプランニング、プロセス最適化、およびトラブルシューティングについて、価値あるアドバイスを提供致します。お客様の廃水デカンター型遠心分離機をアルファ・ラバルのモニタリングシステムにインターネットを介して接続すると、弊社のスタッフがそのデータに遠隔アクセスできるようになり、最善の方法でお客様をサポート致します。

素早く、的確なサポート

遠隔サポートとモニタリングにより、お客様からサポートを求める連絡を受けた時に、弊社のサービスエンジニアがお客様のデカンター型遠心分離機の運転パラメータを遠隔でモニタリングすることが可能になります。これにより、問題を診断したり、お客様のデカンターがサービスや修理を必要とする場合、スペアパーツを送付する時間などを最短にすることができます。

遠隔アクセス

また、遠隔サポートとモニタリングにより、お客様が自社のデカンター型遠心分離機にアルファ・ラバルのサービスウェブを介してアクセスできるようになります。技術データは、ウェブインターフェースを介して分析され、異なるデカンターの評価を容易に実行し、運転を最適化できるようになります。また、SMSやEメールで警報を送付するオプションもございます。

利点

  • アルファ・ラバルのエキスパートによるサポート
  • より速やかで、より正確なトラブルシューティング
  • 問題発生時に速やかに復旧
  • お客様の設備に遠隔アクセスして運転データを確認
remote support 320x180

コスト計算機能

遠隔サポート&モニタリングの拡張機能としてのコスト計算機能が、運転コストの最適化を助けます。コスト計算機能アルゴリズムにより、お客様の運転コストをリアルタイムの運転データと、凝集剤や粉体の価格などのファクターに基づいて、リアルタイムで計算します。コスト計算機能により、様々なアクションが運転コストに与えるインパクトを明らかにし、スタッフの自覚を高めます。

利点

  • コストに対する自覚を高めた事による運転コスト削減活動
  • お客様のデカンターの異なる設定がどのようにコストに影響するか即時にシミュレーション
  • ベストプロセスを特定し、施設間、デカンター間で共有
  • 凝集剤消費の予測を促進

コンディションアラート

コンディションアラートは、お客様のアルファ・ラバル製デカンター型遠心分離機用の状態モニタリングシステムです。予防的なメンテナンスを可能にし、サービス間隔を最適化します。多くの場合、これにより長期的なサービスコストが減少し、運転信頼性が向上します。

一連のセンサーで、デカンターの重要な部品の状態をトラッキングします。データはアルファ・ラバル中央サーバに送られて分析され、異常があれば検知し、システムがアルファ・ラバルのサービスエンジニアに警報を発します。サービスエンジニアは設備の状況にアクセスして、問題が発生する前にサービスを実施するプランニングのためお客様に連絡します。

利点

    • サービス間隔の最適化、多くの場合間隔を長くし、サービスコストを低減します
    • 運転信頼性の最大化

 

condition audit 320x180

固形分負荷の一定化と凝集剤添加量制御の適応化

本システムは、凝集剤の投与量を最適化することで廃水プラントにおけるアルファ・ラバルのデカンター遠心分離機の運転コストを低減することを促進するプロセス最適化システムです。システムの設定には、固形分負荷一定(トルク制御)モードと凝集剤添加制御モードの2つがあります。

固形分負荷一定化

負荷を一定化するようにプロセスを最適化すると、システムはデカンターを介する固形分の量を一定化します。これは、フィードの固形分の濃度を測定し、連続的に流量を調整して固形分負荷を一定に保つことで行われます。 デカンターの固形分負荷をこのように安定化させることで、例えば、凝集剤の投与量など、運転を最適化し、運転コストを低減します。

凝集剤添加量の最適化

プロセス最適化のもう一つのオプションは、凝集剤の投与量を連続的に調整しつつ、フィードの流量を一定に保つことです。この場合、システムはフィードの固形分の濃度を測定し、凝集剤の投与量を適宜調整します。これにより、凝集剤の消費量を最適化し、運転コストを低減します。

利点

  • プロセス最適化と凝集剤消費量最適化
  • 運転コストの低減
performance audit 640x360
.

サービス契約のオプション

弊社は、これらのインターネット接続サービスをサービス契約の一部としてご提供しております。これらカスタマイズされたサービスパッケージには、多様なサービスを含めることができ、一定の年間利用料金でご提供できます。お客様の優先度や条件に基づいて、最適のサービスソリューションとするお手伝いを致します。

service
.