Alfa Laval - ガス燃料油供給装置

ガス燃料油供給装置

ガス燃料用FCM Oneは、液化天然ガス(LNG)を処理するための自動燃料ガス供給システムです。ME-GI二元燃料機関メーカーによって指定された清浄度、圧力、温度、および流量に適合します。 ATEX Zone 1エリアへの設置に適した設計に、最大2つの高圧往復動ポンプと1つの高圧気化器が入っています。

fuel conditioning

液化天然ガス(LNG)で効率的、持続可能、かつ費用効果の高い方法で稼働できるME-GI二元燃料機関の使用は、ますます厳しくなる排出規制に対応するための実行可能なソリューションを海洋産業に提供します。

適用

FCM One Gasは、二元燃料ME-GI機関の圧力、温度、および流量のガイドラインに従って、LNGのコンディショニング用に設計されています。LNGは約-164°Cの極低温タンクから、高圧ポンプに送られ、気化器に入る前に250〜320 bar(g)に上昇します。気化器で起こる遷移段階は特に重要で、 ME-GI機関に必要な温度と高圧により、極低温のLNGが超臨界状態に達します。

優れた機関保護

ガス燃料用FCM Oneは、LNGの適切な処理と、ME-GI機関と絶え間ない情報交換する自動ルーチンを通じて、比類のない機関保護を実現します。これらのルーチンは、燃料調整プロセス全体を監視します。すべてのコンポーネント(加熱および冷却コンポーネントを含む)は、信頼性と適切な機能を確保するために慎重に選択され、テストされています。

使いやすさ

ガス燃料用FCM Oneは完全密閉され、完全自動化されており、船の燃料ガス供給システムと完全に統合されています。新燃料に対する要件が変わってもアルファ・ラバル製タッチコントロールユーザーインターフェースの経験があれば乗組員には違和感なく使用いただけます。自動始動・停止、緊急停止、冷却・調整シーケンスはすべて、アルファ・ラバル製制御装置によって制御されます。

安全な操作

ガス燃料用FCM Oneは、主要コンポーネントが安全のために設計されたインライン式システムです。燃料調整プロセス全体を完全に自動制御することで、極低温の熱衝撃から船体構造を確実に保護します。さらに、スタンバイおよび停止シーケンス中のLNGの膨張およびモジュール内部の一時的な過圧から保護します。

柔軟なモジュラー配置

アルファ・ラバルの豊富な経験により、ガス燃料用FCM Oneの設計は、設置スペースを最小限にできる自由度の高いモジュール設計と危険区域においては最適保守スペースを確保しています。

可能な限り低い運用コスト

ガス燃料用FCM Oneは、高圧燃料ガス供給システム向けに最も低い運用コストを実現します。 VFD駆動のポンプと市場で最も効率的な気化器であるAlfa Laval プリントサーキット式熱交換器(PCHE)の使用は、どちらもコスト効率に貢献します。

 

関連製品

Alfa Laval プリントサーキット式熱交換器

Alfa Laval プリントサーキット式熱交換器は、ガス燃料用FCM Oneの重要なコンポーネントです。独自の特許取得済みの設計により、高圧作業で比類のないコンパクトさと効率を実現し、真空から650 bar(g)までの設計圧力を可能にします。それでも、従来のシェル&チューブ式モデルよりも80%小型で軽量です。

Alfa Laval PCHEについて読む

グローバルサービスネットワーク

機器から最高の経済性を得るには、既存のリソースを最大限に活用する必要があります。 アルファ・ラバルには、その実現のための広範なグローバルネットワークがあります。イノベーションと無制限のサポートによって、最大の稼働時間、可用性、最適化をご体験いただけるように弊社の専門家がご支援します。

グローバルサービスネットワークについて読む