Printed circuit heat exchangers | Alfa Laval

Printed circuit heat exchangers

15年以上の実績のあるアルファ・ラバルの拡散接合型プリント回路式熱交換器(PCHE)は、シェル&チューブ式やシェル&コイル式の同等の熱交換器よりも最大85%小型・軽量で、優れた堅牢性と完全性を兼ね備え、非常に高い熱伝達率を実現しています。このユニークな設計により、優れた性能、設置コストや運用コストの削減、安全性の向上を実現しています。また、各ユニットはお客様のニーズに合わせてカスタマイズが可能です。

阿法拉伐印刷电路板换热器(PCHE)-printed circuit heat exchangers

トップレベルの効率性と最小限の設置面積を両立

  • オールステンレス製で、標準構成からフルカスタマイズまで対応
  • 堅牢な設計により、最大1,250barの圧力と-196℃~800℃の温度に対応
  • 疲労破壊の原因となる液圧の脈動や液流の振動の影響を受けない
  • ASME Boiler & Pressure Vessel Code (Section VIII, Division 1 with U Certification Mark) および CE Marking (as per PED 2014/68/EU) に完全準拠
  • 水素ディスペンサーのISO 19880およびSAE J2601に適合

アルファ・ラバルのプリント回路式熱交換器は、海洋、オイル&ガス、火力、再生可能エネルギーの用途(熱エネルギー貯蔵システム、超臨界CO2パワーサイクル、ガスタービン燃料ガスの予熱、水素ステーションなど)で持続可能性を向上する超小型のソリューションです。

光化学的にエッチングされた流体マイクロチャンネルが極めて高い熱性能を発揮し、最新の拡散溶着(ボンディング)により、伝熱面積の広いソリッドコアが形成されています。

その結果、最大限の効率と最小限の設置面積を実現し、ライフサイクルの総コストを最小限に抑えることができました。

 


用途

アルファ・ラバルのプリント回路熱交換器は、他の溶接プレート式熱交換器の能力を超えるクリーンな高圧プロセスにおいて、比類ないコンパクト性と効率性を実現するために特別に設計されています。堅牢な設計により、完全真空から1,250bar(18,125psi)までの圧力を確実に処理することができます。

典型的な船舶用アプリケーションとしては、燃料ガス供給システム(FGSS)における高圧気化、FSRUやSRV™船におけるLNG再ガス化などがあります。エネルギー分野では、ガス処理と極低温LNGの用途にプリント回路交換器が使用されています。  典型的なのは、洋上でのガス圧縮システム、炭化水素ガス、水の露点化です。LNGでは、高いエネルギー回収率が求められるため、エンドフラッシュガスやBOG処理システムで使用されます。また、タービン燃料ガスの予熱や、発電用の超臨界二酸化炭素(sCO2)用途にも使用されています。

再生可能エネルギー分野では、PCHEは高温長時間エネルギー貯蔵(LDES)プロセスに最適な技術であることが証明されており、また炭素回収の分野でも使用されます。

アルファ・ラバルのPCHEと3DPlate™凍結防止技術の組み合わせは、液体から気体までの水素ステーションのエネルギーチェーン全体への利用を可能にします。水素ステーションにおいて、アルファ・ラバルのPCHEは水素のプレクーラーに理想的なソリューションであり、充填時間や充填間の待ち時間を短縮し、設置コストを最小限に抑える可能性を提供します。

テクニカルデータ

設計圧力

EN/CE/PED 1,250 barg(18,125 psig)までの真空度
ASME 1,250 barg(18,125 psig)までの真空度

設計温度

316/316L SST -196℃(極低温)~800℃(-321°F~1,472°F)

コネクション

細管から太管(1/4~30)までカスタマイズ可能

標準材料

304Lまたは316L SST(ご要望により他の材質も可能)

外形寸法・重量

数キログラムから数十トンまでのご要望に対応可能

動作原理

.

Alfa Laval Printed circuit heat exchanger

動作原理

プリント回路式熱交換器は、拡散溶接されたプレートの反対側に2つ以上の媒体を配置して動作します。両面に高圧の流れを作ることができ、2Dまたは3Dのプレートパターンを最適化することで、必要な熱長と圧力損失を確保することができます。

設計

プリント回路熱交換器の設計は、平らなシート状の材料に化学的にエッチングされた複雑なフローパターンを持っています。このフローパターンは、お客様の要求される熱的・水力的特性を実現するために、それぞれの用途に応じて最適化されます。各流動回路のプレートパターンは異なることができ、非対称の流れや最適化された2相動作の可能性を与えています。

その後、個々のプレートをブロック状に積み重ね、最新鋭の炉で高温高圧で拡散溶接(接合)する。複数のブロックを溶接することで、必要な熱容量や伝熱面積を作り出すことができます。出入口マニホールド、お客様との接続部、ドレン、ベント、洗浄用の接続部が溶接ヘッダーアセンブリとなり、完成したコアに溶接して熱交換器を完成させます。

この構成では、304/316ステンレス鋼で最大1,250bar(18,125psi)の設計圧力を達成することが可能です。
伝熱面積はご要望に応じてカスタマイズ可能です。

.

アルファ・ラバルPCHEの特長

熱交換技術において80年以上の経験を持つアルファ・ラバルは、機器の性能、信頼性、持続可能性を向上させるために新しい技術を継続的に開発しています。当社の拡散接合型プリント回路式熱交換器には、他では見られないユニークな機能が多数あります。

Alfa Laval PCHE with OptiBondOptiBond™

高圧ニーズに対応する堅牢かつコンパクトなソリューション

最先端の拡散溶接(ボンディング)技術により、超小型の溶接プレート式熱交換器の中で最高の耐久性と熱効率を実現しました。

詳しくはこちら

Alfa Laval PCHE with 3DPlate3DPlate™

氷点下での目詰まりを防止

特許取得の3Dプレートパターンにより、グリコールなどの水系流体を極低温で使用する際にも高効率を維持し、最大限の稼働率を実現します。

詳しくはこちら

お問い合わせはこちらから

上記の情報は、当社のプライバシーポリシーに従って保存および処理されます。

Save your energy – from start to finish!

Benefit from Alfa Laval’s decades of experience of working with EPC projects and your end customers. We can support you throughout the project to make sure your customers get the optimal heat exchanger package.

engineers and contractor discussing at table

カーボンニュートラル実現に向けたソリューション

より持続可能な世界を想像してみてください。より少ないもので、より多くのものを生産できる世界を。増え続けるエネルギー需要を効率的に満たし、同時にCO2の排出量を削減できる世界を。自然資源を保護しながら、その力を最大限に利用できる世界を想像してみてください。アルファ・ラバルでは、この世界を想像するだけではありません。お客様やパートナーと一緒に作り上げています。

Accelerate sustainable solutions