Alfa Laval - Compabloc Free Flow

Compabloc Free Flow

アルファ・ラバル Compabloc Free Flow は、製薬業界向けに特別に設計されたコンパクトな凝縮器で、非常に高い伝熱効率を持ち、また最新のAPI製造に関する厳しい衛生要件を満たしています。衛生要件を満たした設計、高性能、低運用コスト、そして設置の容易さを組み合わせて、患者様の安全、信頼性の高い稼働時間および生産効率を確立しています。

阿法拉伐 Compabloc Free Flow 紧凑型冷凝器-Alfa Laval Compabloc Free Flow compact condenser

API 製品の既存スペースに、より多くの凝縮能力を搭載しています。

  • 検証が容易 – cGMPプロセスへの設置要件を完全に満たしています。
  • 全溶接型設計および耐食性材料の入手が可能なことにより、グラファイトブロックまたはシェルアンドチューブの代替品として最適なものになります。
  • 最先端の衛生設計により、短時間に簡単で信頼性の高い洗浄が可能になり、一方ではホールドアップボリュームが少ないため、洗浄溶剤の使用を低減できます。
  • スペースが限られている場合でも、コンパクトさと軽量さにより生産能力を拡大することができます - 改造に最適
  • 実績を誇る低い運用コストおよび保守コスト

アルファ・ラバル Compabloc Free Flow 凝縮器は、耐食性材料を使用しています。そのコンパクトさは改造用途に最適であり、また洗浄に関してより低い運用コストの実現が可能であることを意味します。幅のあるフリーフローチャンネルによって極低の圧力降下が生じるため、高真空の凝縮用途に最適です。冷却流体側の乱流によりスケーリングが最小限に抑えられ、CIPが促進されます。

.

患者様の安全および cGMP

Compabloc Free Flowは、最先端の衛生設計を提供し、厳しい cGMP プロセスでの設置要件を完全に満たしています。このため、Compabloc Free Flow は API 製造などの製薬プロセスに最適です。

コンパクトな凝縮器を導入した場合の新たな可能性

アルファ・ラバルのビジネスマネージャ、パトリック アービッドソン が、API 製造でコンパクトな凝縮器を使用する場合の利点について説明します。

清掃と点検のしやすさ

リアクター凝縮器を効率良く洗浄できるということが患者様の安全のためには不可欠です。洗浄しにくい凝縮器を使用すると、キャリーオーバーおよびバッチ間の二次汚染が増大します。多目的リアクターの場合、異なる薬が混在すると悲惨な結果になり得ます。トレーサビリティが低下することから、単一目的リアクターに対しても深刻な問題となり得ます。完全な排水性、および製品側の隙間、デッドスポット、接点がないおかげで、Compabloc Free Flow の洗浄および洗浄バリデーションは、迅速かつ簡単です。ノズルを通し、または単にパネルを開くことにより、検査を簡単に実行でき、すべての製品のぬれ表面に最大限アクセスできます。

API 製造プロセスに最適

グラファイトブロックは磨耗性流体に耐えるため、API 製造プロセスで凝縮器として広く使用されています。しかし、多くの製薬会社が経験したように、グラファイトブロックには大きな欠点があります。それはカーボン粒子および樹脂を製品の流れに放出してしまうことです。Compabloc Free Flowは耐食性材料を使用しており、API製造におけるグラファイトブロック凝縮器の代替品として最適です。

動作原理

.

Compabloc Free Flow には2つのバージョンがあります。その中心部ではステンレス鋼鉄または合金C 22で作られた波形の熱交換プレートが積み重なり交互に溶接され、チャネルを形成しています。蒸気および冷却媒体は、交互のチャネルを通って流れ、蒸気は冷えたプレート上で凝縮します。幅のあるフリーフローチャネルによって極小の圧力降下が生じるため、高真空の凝縮作業に最適です。クーラント側ではバッフルがチャネルを通じて冷却流体を前後に方向付けし、乱流および熱効率を高めます。

 

完全なプレートパックは、圧力保持ヘッドにボルトで固定された鋼鉄フレームの内側をスライドします。4つの取り外し可能なパネルは入口および出口接続部を含み、これによりすべての製品の濡れ表面へ容易にアクセスができます。

plate_technology_200x200.jpg

1パス凝縮器

 

1パス凝縮器は、蒸気が少量の不活性ガスを含む場合に適しています。蒸気はトップパネルの大きな入口から入り、プレート上で凝縮します。凝縮物は、傾斜のついた、排水可能な状態の底部パネルから排出されます。

2 パス凝縮器

Two-pass condenser

2パスのバージョンは、蒸気により大きな割合の不活性ガスが含まれる場合に使用可能です。主凝縮は最初のパスで生じます。ここで、蒸気の凝縮性部分が、傾斜があり排水可能な状態の底部パネルから排出される前にプレート上で凝縮します。非凝縮性蒸気は、サブクーリングして凝縮を最大化するため、第2パスを通過します。第 2 パスの乱流はミストを除去するのを助け、真空は第 2 パスの出口から容易に引き出されます。第 2 パス凝縮器を用いると、ユニット内で分離するため、追加の蒸気分離器は不要となります。