Alfa Laval - 蒸気と熱の生成

蒸気と熱の生成

多くの船上処理において、蒸気と熱が根底をなす役割を果たしています。石油とガスを用いる場合でも、すでに船上で稼働中機器のエネルギーを節減する場合でも、アルファ・ラバルは、蒸気や熱源を生成してそれが最も必要とされるところに分配する一層効率的な方法を探し出しています。

Steam and heat generation

1世紀にわたる熱源供給の技術

アルファ・ラバルのAalborg蒸気・熱生成ソリューションは、独自の知識体系の代表例であり、エネルギー効率の高いピンチューブボイラーエレメントから、コンポジットボイラーや低圧熱媒システムに至る、100年近くのイノベーションを象徴しています。 

さらに重要なことには、これらのソリューションは熱に関する専門知識の象徴でもあります。アルファ・ラバルは蒸気と熱の生成側ばかりではなくその需要側も理解しており、エネルギー効率が最高となるシステムの生成のための微調整が可能です。

最適化された熱システムの構築

進化はまだ続いています。たとえば、メンテナンスの手間の少ないAalborgボイラーのコンセプトは、新たな世代に突入しました。自浄式ボイラーであるSuffixed TCi(Turbo Cleanインテリジェント)は、水洗いと廃水行程を不要としました。

ただし、一番の進歩は、複数の技術を結び付けることにより生まれます。例を挙げると、アルファ・ラバルの熱媒用エネルギー管理システムを用いれば、接続された需要側の需要量に応じて熱分配の優先度を決めることにより、燃料消費量が削減されます。現在、アルファ・ラバルでは、ボイラーの新しい構造だけではなく、効果を一層高めるために装置を組み合わせる新たな方法についても、探究を進めています。