Alfa Laval - コーン加工

コーン加工

アルファ・ラバルのトウモロコシ湿式磨砕プロセスは業界標準であり、世界中の170以上の工場に実装されています。この最新式プロセスは、高い歩留まり、少ない水消費量、高い信頼性に特徴があります。アルファ・ラバルのコンポーネントとシステムは、澱粉生産向けに特別設計されているため、高い性能、最大の稼働時間、低い運転コストを提供することができます

Corn based processing 640x360

一次分離

アルファ・ラバルMerco分離機は、澱粉とグルテンを分離する業界の基準設備です。澱粉生産向けに特別に開発されており、高い流動能力と少ないエネルギー消費の理想的な組み合わせを提供しています。頑丈な構造により、無比の耐用年数、確実な稼働時間、低い維持費を実現しています。当社では1970年代以降、Mercoユニット1,800台以上設置しており、その大多数が現在も稼働中です。

 

グルテンの濃縮

Merco分離機をグルテン濃縮器として使用すると、市販されている分離機の中では最高の濃度である150 g/Lで動作できます。この高い濃度により、ロータリーバキュームフィルターを使用した脱水工程でエネルギー消費を低減します。

 

ミルストリーム濃縮器(MST)と清澄

Merco分離機は、その多機能性により、澱粉とグルテンの分離前のミルストリームの濃縮には理想的な設備です。Merco MSTは、供給条件に関わらず、出力が一定で、一次分離の性能を向上させます。

 

Merco分離機は、清澄機として使用して、液体サイクロン洗浄のオーバーフローで生じる澱粉とタンパク質を回収することもできます。

 

グルテンの脱水

アルファ・ラバルは、グルテン脱水装置の選択肢として、ロータリーバキュームフィルター(RVF)とデカンター式遠心機の2機種を提供しています。ロータリーバキュームフィルターは、グルテン脱水装置として従来からある選択肢です。デカンター式遠心機は、高効率の脱水と厳しい衛生基準を提供し、所要床面積の制約をなくす、または、脱水出力を向上させることが可能です。

 

コーンスティープリカー(CSL)蒸発濃縮

アルファ・ラバルCSL蒸発濃縮器は、Alfa Flash技術に基づいているため、コンパクトでエネルギー効率が高いシステムです。大きな流速と乱流の両方の効果により、汚れが最小化されます。アルファ・ラバル技術に基づいて、既存の蒸発濃縮器に特別な機能を追加すると、蒸気使用量を50%削減できます。このタイプのシステムを使用すると、1年以内に投資を回収できることが多い。

 

澱粉洗浄

高性能と確実な動作の理想的な組み合わせが、アルファ・ラバルの多段式液体サイクロンをベースとした澱粉洗浄装置の特徴となっています。液体サイクロン(サイクロネット)に使用されている高品質材料に加え、許容範囲を厳しく設定されていることから、効率的な洗浄と、最終製品での非常に低い不純物濃度を実現しています。

 

胚芽除去

アルファ・ラバルの2段式胚芽除去液体サイクロンは、高い分離効率を確保しながら、所要床面積は最小限で済みます。この装置には可動部がないため、高い信頼性と容易な保守を実現しています。

 

デグリッティング

アルファ・ラバルのデグリッティング装置は、砂と粘土を分離・除去することにより、後工程の機器を保護します。高い分離効率により、高速分離機で問題が生じるリスクを最小限に抑えます。この装置には可動部がないため、高い信頼性を実現しています。個々のサイクロンの交換は短時間かつ容易にできるため、維持費を低く抑えられます。また、コンパクトなため、所要床面積は最小限で済みます。

 

加熱・冷却プロセス流

アルファ・ラバルは、高い熱効率、コンパクトな構造、長い稼働時間、低い維持費を有するガスケットおよび溶接プレート式熱交換器を多種提供しています。アルファ・ラバルのガスケット熱交換器は、プレートを後日追加することにより能力を容易に拡大できます。アルファ・ラバルWideGapプレート式熱交換器は、繊維質媒体の移送用に特別に開発されているため、汚れを最小限に抑えられます。