Alfa Laval - AlfaFlash

AlfaFlash

アルファ・ラバルのAlfaFlash蒸発システムは、汚れへの耐候性の最適化を目的に設計されています。世界中の数多くの工場において、AlfaFlashは、蒸留残渣、コーンスティープリカー、塩性廃液、魚および肉のスティックウォーターおよび洗浄廃液の濃縮において、評価の高い信頼されているソリューションです。剪断速度が(適度な流量で)かなり高くなるため、伝熱効率が大幅に向上し、ポンプ費用が大幅に削減され、設置場所も節約できます。

AlfaFlash NoDecanter A

省スペース

AlfaFlashシステムは、高さ、重量共に小さく、コンパクトになっています。AlfaFlashプレート式蒸発器のコンパクトなサイズにより、設置面積を小さく、設置費用を少なく抑えられます。  AlfaFlash蒸発器には、様々な液体および容量の要求事項に適合できる種類が取り揃えられています。

高い熱伝導効率

当社の信頼性の高いAlfaFlash蒸発器では、非常に高い熱効率が提供されます。AlfaFlash蒸発器の剪断速度は、適度な流量で大幅に改善されており、特に剪断減粘性液体に対して非常に高い熱伝導効率をもたらします。

粘性液

AlfaFlashは、粘性の高い液体の蒸発に有益です。AlfaFlash蒸発器は、壁面剪断力が高く設計されており、剪断減粘性液体において粘度が最小化されます(剪断速度の上昇にともなって粘度が低下します)。多重効用蒸発システムにおいてAlfaFlashはしばしば、仕上機として最終濃縮工程で使用されます。蒸発システムの1つ以上の効用でAlfaFlashを使用することで、粘性の高い液体でも最終濃度を高濃度にすることができます。

洗浄周期の最長化

AlfaFlashシステムは、汚れた易い液体を取り扱えるように設計されています。強制循環モードのAlfaFlashプレート式蒸発器は、プレートの表面に高い乱流と高い剪断速度を与え、自己洗浄効果を発生させます。これにより、汚れが低減され、システムの稼働時間が長くなります。検査や機械洗浄の際には、AlfaFlashプレート式蒸発器の伝熱面へ簡単にアクセスできます。  AlfaFlashシステムでは、CIP化学洗浄剤の使用が少なく、システムのホールドアップ量の少なさから廃水量も低減させるため、節約が可能となります。

特長

  • コンパクトなシステム
  • 低い汚れ率 
  • 長い稼働時間
  • 迅速なCIP洗浄

動作原理

AlfaFlashは、強制循環フラッシュ蒸発器として動作するプレート式蒸発器です。強制循環とは、サイクロン分離器とAlfaFlashプレート式蒸発器間をポンプで液体を再循環させることを意味します。再循環は、AlfaFlash蒸発器内部の液体の高い乱流を発生させます。通常、AlfaFlashにはギャップの広い特殊なプレート熱交換器が使用されます。 

AlfaFlashでは、プレート熱交換器内で沸騰は発生せず、濃縮される液体は加圧下で加熱されます。  実際の蒸発は、分離器へ加熱された液体が排出されたときに圧力が解放されてフラッシュ蒸発します。

沸点を下げるため、AlfaFlashシステム内は真空になっています。真空は、最終効用からの蒸気を高効率かつコンパクトなAlfaCondなどのコンデンサーで凝縮することにより形成されます。通常、真空ポンプは非凝縮ガスの除去に使用されます。多重効用で設計することにより、蒸気の消費量が低減されます。1つの効用で生成された蒸気は、後続の効用において加熱媒体として使用されます。熱圧縮TVRや機械圧縮MVRを組み合わせることで、蒸気の消費は蒸発量の一部の量まで低減させることが可能となります。

AlfaFlashシステムには、プレート式蒸発器、プレヒータ、分離器、TVRまたはMVR、再循環ポンプ、計器類、バルブ、ダクト、配管および制御盤が含まれています。

AlfaFlash main parts2 800px