Alfa Laval - VO

VO

この小型および中型の分離機のシリーズは、菜種、ヤシ、オリーブ、ヒマワリの種、大豆、亜麻仁、綿、ピーナッツなどの植物油の穏やかでコスト効率の高い精製を目的としています。これらの分離機は、植物油の連続的な脱ガム、洗浄、中和のプロセスにとって重要なコンポーネントです。食用油の生産に VO 遠心分離機を使用すると、収量を最大化し、より高い品質を達成し、最終製品の味覚特性を向上させることができます。

VO 640x360

植物油精製の卓越した分離

  • 堅牢で実績のある設計コンセプト
  • 操作と維持が容易
  • 高い信頼性と稼働時間
  • 完全でシンプルな自動化
  • 耐摩耗設計

VO 分離機シリーズは、油の収量を増やし、より良い品質の精製油を生産するように設計されました。特別な機能で強化された – Centrizoom ペアリングディスク出口(調整可能) – これらの遠心分離機は、脱ガム、中和、洗浄に最適であり、最適な混合と分離を保証し、工場の効率を高め、生産コストを削減します。植物油の精製に VO 分離機を使用することは、油製品を精製する効果的な方法です。頑丈で堅牢な設計により、これらの遠心分離機の非常に長い稼働時間と高い信頼性が保証されます。

VO 分離機は、シンプルで堅牢で実証済みのオープンな設計コンセプトに基づいており、メンテナンスが簡単です。この設計により、分離機全体の圧力降下が減少し、機械への供給圧力要件が低くなります。

VO 分離機のボウルは、脂肪油分離用に特別に設計されています。この形状により、圧力損失を最小限に抑え、高流量を実現できます。また、出口には、異なる相を除去するための固定ペアリング装置が装備されています。軽液相のペアリング装置は固定ペアリングディスクですが、重液相のペアリング装置は調整可能です。

重液相のペアリング装置の直径は、ペアリングチューブの長さを変更することで簡単に調整できます。これにより、ディスクスタックの中の分離界面の位置を調整することが可能になり、最適な分離が容易になります。

作業環境を考慮して、VO 分離機シリーズは低騒音レベルで動作するように設計されています。これは、ゴム減衰ベアリングユニット、および低風音用に工夫された外側のボウル設計によって実現されます。

「アルファ・ラバル VO 10 は卓越した性能を提供します」

このように、インドの大豆油精製所であるお客様、Shalimar Nutrients は生産に VO 10 植物油遠心分離機を使用した経験を証明ました。

Edible oil Soy beans 640x360

動作原理

遠心力によりディスクスタックの中で分離が起こり、重い粒子はボウルの周辺に向かって押し出され、ポートから自動的に排出されます。一方、軽液相はボウルの中心に向かって流れます。

重液相は、上部の重液相の出口を通って分離機から排出されます。同様に、より軽い油は、分離機の上部にある別の軽相出口からさらに処理するためにポンプで排出されます。