Alfa Laval - PureBilge

PureBilge

PureBilgeは完全自動化された油水の遠心分離システムです。海上にて船上で油水の洗浄をし、効果的に石油汚染を取り除きます。

oil cleaning system

一段式遠心油水遠心分離(OWS)システムは、信頼性が高く、化学薬品、吸着フィルタや膜を使用せずに、海上でも陸上でも大量の油水を効果的に処理します。

洗浄効率

PureBilgeは、高速遠心分離方式により常に水中の油分含有率を5ppm以下に抑えます。パフォーマンスは、IMOテスト要件よりもはるかに厳しい条件である実際の動作条件下で証明されています。さらに、PureBilgeは、海の揺れ、オイルショックや高固形分負荷の影響を受けません。

優れた分離性能

PureBilgeは、XLrator ディスクインレットを採用しており、油水が分離ボウルに入ると穏やかに加速させます。これにより、油滴の分裂とエマルジョンの形成が防止されるため、PureBilgeは他の遠心油水分離機よりも大幅に優れています。

認定された高い費用対効果

PureBilgeは、IMOガイドライン、MEPC.107(49)および米国沿岸警備隊の文書46 CFR 106.50に従って認定されており、24時間年中無休の無人操作用に設計されています。

運用や監視に人力は必要ありません。また、陸揚げポンピングが不要で、フィルタエレメント、合体エレメント、活性炭素、または凝集堆積物などの土地廃棄物を輸送する必要もありません。これにより、運用コストの削減に貢献します。

どのエンジンルームにも簡単に設置可能

PureBilgeは、コンセントを差し込めばすぐに使用でき、コンパクトで、工場でのテスト済みであり、どのエンジンルームにも簡単に設置できます。連続運転なため、大型の汚水タンクは不要であり、省スペースにつながります。

完全自動化の監視と制御

最新のEPC60 Bilgeプロセスコントローラーは、操作が簡単なコンピューターベースのアルファ・ラバルです。プロセスパラメータ、アラーム、その他のデータをクリアテキストで表示することにより、PureBilge機能の高度な完全自動監視および制御を容易にします

PureBilgeオプション

PureBilgeには、設置と保守をさらに簡素化する幅広いオプションがあります。ご要望に合う条件に適したオプションの機器をお選びください。

  • 5 ppm証明書
  • 熱回収
  • セーフティボックス
  • 流量計
  • スラッジ除去キット
  • CIPユニット
  • 化学薬品投与ユニット
  • 自動洗浄フィルタ
  • リモコン

PureBilgeの分離機能

PureBilgeには、以下の2つの標準バージョンがあります。

  • PureBilge 2515: 2 500 l/h, 15 ppm
  • PureBilge 2505: 2 500 l/h, 5 ppm
  • PureBilge 5015: 5 000 l/h, 15 ppm
  • PureBilge 5005: 5 000 l/h, 5 ppm

動作原理

PureBilgeは、ポンピング段階、予熱段階、遠心分離段からなる全自動オールインワンシステムで、 完全なプロセス制御と監視機能を備えています。 PureBilgeは、BWPX 307高速セパレーター、EPC 60ビルジプロセスコントローラーを収容する制御キャビネット、バルブとパイプラック、フィードポンプモジュールで構成されています。

可変周波数ドライブ制御を備えた供給ポンプによって、油水を油水沈殿槽またはそれに相当するものからPureBilgeシステムに送ります。

存在する大きな粒子をトラップするストレーナーを通過した後、熱媒は熱交換器を通過し、最適な分離効率に必要なレベル(通常は60~70ºC)まで温度を上げます。

次に、供給温度、供給圧力、セパレーター速度などのすべてのプロセス条件が事前設定されたプロセス値の範囲内にある場合、3方向切り替えバルブが流体を分離段階に送ります。いずれかのプロセス条件が満たされない場合、バルブは流体を油水沈殿槽に再循環させます。

特許取得済みのXLrator ディスクインレットは、せん断と発泡を最小限に抑えて、油性水を分離ボウルに入ると穏やかに加速させます。これにより、油滴の分裂とエマルジョンの形成が防止されるため、分離効率が大幅に向上します。これは、他の遠心分離システムと比較して、PureBilgeの優れたパフォーマンスの鍵となっています。

PureBilgeディスク型遠心分離機は、8,000rpmで発生する6,000Gの重力で回転します。油とエマルジョンは油水から分離され、油出口から継続的に排出されます。分離ボウル周辺に溜まった固形物は、あらかじめ設定された間隔で断続的に排出され、スラッジや廃油の回収タンクに送られます。

内蔵のウォーターポンプまたはペアリングディスクは、分離した油性水を浄化水出口から継続的に排出します。分離された油水の行き先は、その油分によって異なります。油分は、水中油型モニターによって等速サンプリングポイントで継続的に監視されます。油含有量が事前設定されたアラーム制限(0〜15 ppmに設定可能)を下回っている場合、分離された油水は直接船外にポンプで送られるか、後で船外に排出するために「清浄な」油水保持タンクにポンプで送られます。油含有量がppm制限を超えると、廃液は再処理のために送り返されます。