Alfa Laval - MMB

MMB

アルファ・ラバルMMBは、固体を保持する遠心分離機です。 それは、連続的に洗浄し、集泥のための大きなスペースを有することによって、効率を最大化します。

centrifugal separator

連続クリーニング、余分な容量

  • より大きなスラッジスペースは、手作業による清掃の間の稼働時間を延長し、必要な工数を削減します。
  • クリーンオイルの加圧吐出により、下流のポンプが不要
  • オプションの浄化器モード

アルファ・ラバルのMMBシステムは、海洋設備や発電所で使用される鉱油を精製します。 コンパクトで丈夫な設計で、取り付けが簡単で、費用対効果の高いメンテナンスとスペアパーツを提供します。

.

動作の流れ

MMBは完全なシステムです。 分離は、清澄または精製のために配列することができる固形物保持ボウルの中で起こります。 供給ポンプは汚染されたオイルを分離機に供給し、そこで遠心力がオイルを様々な段階に分けます。 スラッジはステンレス製のバスケットを使用して簡単に取り除くことができます。 組み込まれたペアリング ディスクポンプが、クリーンオイルを連続的に排出します。 水は開いた出口によってボウルから出ます。

アプリケーションに対して理想的な構成を選択する

MMBには、MMB 304とMMB 305の2つのモデルがあります。それらは次によって作動します:

    • 留出物
    • 40°Cで13 cStまでの舶用ディーゼル油(MDO)
    • 留出油および軽質MDOで作動する筒型ディーゼルエンジン用の潤滑油
    • 蒸気およびガスタービンの潤滑油
    • 水力発電所の潤滑油および作動油
    • 各システムは、MMB分離機、接続部および弁組体を有しています。 オプション機器には予熱器とMAWA-40水密アラームが含まれています。

 

Epurateur Gasoil gazole carburant distillé gas oil diesel