Alfa Laval - Merco

Merco

アルファ・ラバルは、世界中の澱粉産業にプロセス機器とプロセスラインを提供する一流のサプライヤーです。世界中で毎年生産される澱粉の半分以上がアルファ・ラバル マーコセパレーターを通過します。特に澱粉製造用に開発されたマーコセパレーターは、高流量と低エネルギー消費の理想的な組み合わせを提供します。頑丈な設計の遠心分離機は、長寿命、高い信頼性、長い稼働時間、および低いメンテナンスコストをお約束します。

Merco32 Product image 640x360

堅牢性と効率の組み合わせ

  • 分離能力の向上
  • 保守工程を簡略化
  • 簡単インストール
  • 低い消費電力
  • 古いモデルのアップグレードの可能性

マーコセパレーターは、澱粉業界向けに特別に開発された、固形物(澱粉)の連続排出用に設計されたノズル遠心分離機です。遠心分離機には、モーター、供給液のストレーナー、速度センサーと振動センサー、スピンドル軸受温度計とモータ巻線温度計、リフティングホイスト用の油圧ユニット、特殊工具セット、および標準予備品セットが装備されています。

澱粉加工要件を満たすように設計

マーコセパレーターは、従来の多目的ノズル遠心分離機とは異なり、澱粉加工要件を満たすために特別に開発されました。これらは、高い固形物負荷と連続的な排出を伴い、ノズル閉塞を回避する必要があります。

マーコセパレーターは、澱粉プロセスにおいて、一次澱粉の分離、グルテンの濃縮、ミルストリームの濃縮、中間層の清澄化などのプロセスに広く使用されているノズル遠心分離機です。これの一部として、それらは固形物の分類、濃縮、洗浄、および比較的高濃度の固形物を含む液体の浄化に使用されます。

マーコセパレーターの設計の重要な特徴は、洗浄水を追加すると同時に、固形物をボウルの端にあるノズルに再循環できる特別な再循環システムです。この独自の機能により、ユーザーは、システムの稼働中にノズルのドローオフを変更するだけで、生産の設定を調整できます。

オペレーターは、排出ラインのアンダーフロードローオフバルブを調整するだけで、アンダーフローと再循環量、吐出濃度を変更できます。固形分を除去するアンダーフローの量、ローターに再循環する量、および追加する洗浄水量を決定することにより、分離プロセスを正確に制御する独自の効率的な方法が提供されます。

これにより、供給濃度の変動に対応できる大口径ノズルを使用することが可能になり、詰まりを防止するのに役立ちます。これにより、ユニットの用途が広がり、個々の供給フローの特性に基づいて手順を簡単に変更できます。

Merco 32 と Merco 38 の3つのモデルで構成される当社のマーコセパレーターシリーズは、製粉工場のすべての能力とビジネス需要に対応できます。 

 

 

Merco 32

Merco32_Product image_640x360.png

真の働き者

  • 長いスピンドルと吊り下げ状のボウルを備えたスマートなデザイン
  • 安定した高品質と高収量
  • 特許取得の省電力ノズル設計
  • 低いスペアパーツの需要とコスト
  • ボウルは清潔に保たれます

Merco 38

merco_38_640x360.png

大容量澱粉遠心分離機

  • 最大 30% の容量増加 
  • 最大 25% の電力削減
  • 同じ容量でより良い収率とよりクリーンな清澄液
  • 50 Hz での最大ボウル速度 - 2950 rpm
  • 所要動力 - 225/260 kW

 

 

.
merco hero

マーコセパレーターの用途

一般的な用途:一次澱粉の分離、グルテンの濃縮、ミルストリームの濃縮、中間層の清澄化。

.

 

 

Merco H-30 を Merco 32 にアップグレードする方法

既存の Merco H-30 をご使用の場合は、ボウルを交換することで、最新の仕様である Merco 33 に簡単にアップグレードできます。新しいマーコセパレーターを購入するよりも安い投資で設備能力を大幅に増加させることができます。新しいボウルの取り付けは最短正味1日で、最小の改修コストにて改造を行うことができます。

Merco 32 能力ブースター:アルファ・ラバル Merco H-30 ローターユニットと供給口ユニットを新製品の Merco 32 ローターユニットと供給口ユニットに交換するだけです。このビデオを見て、少ない投資でそれがいかに簡単に実行できるかを確認してください。

Merco 能力のアップグレードに関するパンフレットをダウンロードする