Alfa Laval - 固形物処理用の分離機設計

固形物処理用の分離機設計

ディスク型遠心分離機の仕組み非常に高い遠心力を使用して、固形物と1つまたは2つの液相を互いに分離します。回転ボウルによって生成される求心力は、ボウルの周囲に固形物を押し付けますが、密度の低い液相は同心の内側の層を形成します。分離プロセスは、分離された固形物の量に応じて、不連続または連続のいずれかになります。

ディスク型遠心分離機には、手元の分離用途に応じて、固形物を処理するためのさまざまなタイプのメカニズムがあります。固体処理タイプに応じて、3種類の分離機設計があります。

  • 収集された固形物を手動で除去できるように、ボウルを開くために操作を停止する必要がある固形分保持型分離機。
  • 断続的な固形物排出分離機。ボウルの周囲のポートが制御された間隔で自動的に開き、回収された固形物を除去します
  • 連続固形物排出分離機。ボウルの周囲のノズルにより、操作中に固形物と液体が分離機から連続的に排出されます。

how_it_works_design_for_solid_handling_operating_range.jpg


仕組み

分離技術は、食品、乳業と飲料、製薬から、船舶、エネルギー、水処理、廃棄物処理まで、幅広い主要産業に不可欠です。よりクリーンな物質、貴重な副産物、および廃棄する廃棄物の量を削減することを目的として、液体から液体および液体から固形物を分離するためにさまざまな技術が使用されています。

separator innovator hiw vignette