Alfa Laval - ディスク型遠心分離機の仕組み

ディスク型遠心分離機の仕組み

ご存じのように、さまざまなタイプの分離技術を利用できます。ディスク型分離機(遠心分離機と呼ばれることもある)を含む分離技術は、固形物と液体のさまざまな相が密度の違いに基づいて互いに分離される遠心分離に使用されます。

沈降タンクと同様に、ディスク型分離機は重力を利用して、特定の密度の液体を他の液体や固体から分離します。密度の異なる液体を層と固形物に分けてタンクに沈殿させるための主要なパラメーターとして保持時間を使用する沈殿槽とは異なり、遠心分離機は機械的な力を使用して、密度の異なる液体と固体を互いに分離します。

重力を利用する

本質的に、ディスク型分離機は、ベースがボウルの中心線の周りに巻き付けられている沈殿タンクです。分離機ボウルの高速回転とは、重力の影響が、制御可能な遠心力、またはG力と呼ばれる重力に置き換えられ、これが重力の最大10,000倍の効果が得られることを意味します。

次に、G力を使用して、液体を他の液体や固形物から効率よく、正確かつ高速に、制御しやすい方法で分離します。ボウル内のディスクスタックは、分離機ボウル内の分離面積を大幅に増やすことで、分離効率を高めます。これは、遠心分離機を使用した分離作業が大幅に高速化されるだけでなく、高品質と高収率を実現することを意味します。

ボウルの外縁に集中する固形物は、特定の用途に含まれる固形物の量に応じて、継続的、断続的、または手動で除去されます。

分離効率を高めるために、ボウルの内側に円錐プレートを積み重ねて、分離表面積を増やします。ボウルディスクスタックと呼ばれるこれらのスタックは、液体からの固体の沈殿を劇的に加速します。

disc_stack_centrifuge_illustration01.jpg


仕組み

分離技術は、食品、乳業と飲料、製薬から、船舶、エネルギー、水処理、廃棄物処理まで、幅広い主要産業に不可欠です。よりクリーンな物質、貴重な副産物、および廃棄する廃棄物の量を削減することを目的として、液体から液体および液体から固形物を分離するためにさまざまな技術が使用されています。

separator innovator hiw vignette