さまざまな分離技術

複数の液相や、固形物を液体から分離するには、さまざまな方法があります。最も一般的な2つの技術は、遠心分離とろ過です。デカンタ-遠心分離機、ディスク型遠心分離機は、ともに遠心分離機と呼ばれます。多くのプロセスでは、必要な分離結果を達成するために、デカンタ-遠心分離機、ディスク型遠心分離機、ディスク型遠心分離機とフィルターの両方がプロセスのさまざまな段階で、あるいは連続して使用されます。

デカンタ-遠心分離機、遠心力によって、高濃度の固形物を含むスラリーまたは液体から大きな粒子を除去するだけでなく、密度の異なる2つの液相を分離します。

ディスク型遠心分離機は、遠心力を使用して、固形物の濃度が低く、粒子サイズが比較的小さい液体を分離します。固相だけでなく、2つの液相の分離にも非常に適しています。

メンブレンフィルターは、通常、低固形物濃度を処理し、最小の粒子を捕捉します。メンブレンフィルターは通常、固形分が 5% 以下の液体中で、最大1ミクロンの大きさの粒子を除去します。

各技術の範囲

  • デカンタ-遠心分離機(15%以上の固形物を含む液体+粒子サイズが10ミクロンより大きい)
  • フィルター(固形分が5%以下の液体+粒子サイズが1ミクロン未満)
  • ディスク型遠心分離機(25%未満の固形物を含む液体+ 0.1ミクロンから150ミクロンの粒子サイズ)
  • メンブレンフィルター(最大5%の固形分濃度+ 1ミクロンまでの粒子サイズの液体)

separation_technologies_illustration.jpg


仕組み

分離技術は、食品、乳業と飲料、製薬から、船舶、エネルギー、水処理、廃棄物処理まで、幅広い主要産業に不可欠です。よりクリーンな物質、貴重な副産物、および廃棄する廃棄物の量を削減することを目的として、液体から液体および液体から固形物を分離するためにさまざまな技術が使用されています。