遠心分離のしくみ

分離技術は、食品、乳業と飲料、製薬から、船舶、エネルギー、水処理、廃棄物処理まで、幅広い主要産業に不可欠です。よりクリーンな物質、貴重な副産物、および廃棄する廃棄物の量を削減することを目的として、液体から液体および液体から固形物を分離するためにさまざまな技術が使用されています。たとえば食品業界では、オリーブ油はオリーブペーストから分離されます。製薬会社では、分離機は細胞の回収の清澄化に使用されます。船舶産業では、燃料処理と燃料洗浄により燃料油から不純物を取り除き、船舶のエンジンを保護して、エンジンをより効率的に稼働させます。エネルギー産業では、バイオディーゼルとバイオ燃料は、再生可能な植物ベースの供給源から抽出できます。この章では、さまざまなタイプの遠心分離機がどのように機能するか、および液体から液体と液体から固形物を分離するために使用される技術について説明します

さまざまな分離技術

複数の液相や、固形物を液体から分離するには、さまざまな方法があります。最も一般的な2つの技術は、遠心分離とろ過です。デカンタ-遠心分離機と、ディスク型分離機(遠心分離機とも呼ばれる)はどちらも遠心分離機です多くのプロセスでは、必要な分離結果を達成するために、デカンタ-遠心分離機、ディスク型分離機とフィルターの両方がプロセスのさまざまな段階で、あるいは連続して使用されます。

デカンタ-遠心分離機

デカンタ-遠心分離機は、遠心力によって、高濃度の固形物を含むスラリーまたは液体から大きな粒子を除去するだけでなく、密度の異なる2つの液相を分離します。

ディスク型遠心分離機

ディスク型遠心分離機は、遠心力を使用して、固形物の濃度が低く、粒子サイズが比較的小さい液体を分離します。固相だけでなく、2つの液相の分離にも非常に適しています。

メンブレンフィルター

メンブレンフィルターは、通常、低固形物濃度を処理し、最小の粒子を捕捉します。メンブレンフィルターは通常、固形分が 5% 以下の液体中で、最大1ミクロンの大きさの粒子を除去します。

ディスク型遠心分離機の仕組み

上記のように、さまざまなタイプの分離技術を利用できます。ディスク型分離機/遠心分離機を含む分離技術は、固形物と液体のさまざまな相が密度の違いに基づいて互いに分離される遠心分離に使用されます。

固形物処理用の分離機設計

ディスク型分離機/遠心分離機を含む分離技術は、固形物と液体のさまざまな相が密度の違いに基づいて互いに分離される遠心分離に使用されます。回転ボウルによって生成される求心力は、ボウルの周囲に固形物を押し付けますが、密度の低い液相は同心の内側の層を形成します。分離プロセスは、分離された固形物の量に応じて、不連続または連続のいずれかになります。

さまざまな分離用途の設計

一般的に言えば、分離の種類に応じて、3種類の分離機があります。それは、清澄機、清浄機、コンセントレーターです。

浄化器

清澄機器は、固液分離用の遠心分離機であり、粒子、沈殿物、油、天然有機物、色などの固形物をプロセス液体から除去します。そうすることで、処理液が透明になります。

清浄機

清澄機は、液体-液体-固体分離用の遠心分離機で、水、油、微粉など、密度の異なる2つの液体と固形物を互いに分離します。清澄機を使用すると、軽い液相は通常、洗浄することを意図した大きな画分です。

コンセントレーター

アルファ・ラバル コンセントレーターは、3つの異なる相(1つの固相と異なる密度の2つの液相)を分離し、最も密度の高い/最も重い液相を洗浄するように設計された遠心分離機です。

Separator components

An Alfa Laval separator consists of a number of proven functions and high-quality components. Click on the hot-spots to learn more about each.

HiW hotspot separator

イノベーションを探る

分離技術の革新についてもっと知りたいですか?以下のリンクをクリックしてください。アルファ・ラバルは最初のディスク型遠心分離機を発明し、1世紀以上にわたって遠心分離技術の開発をリードしてきました。その過程で得た専門知識を皆さんと共有できることをうれしく思います。Separator Innovator ナレッジベースにアクセスして、分離の進歩と、アルファ・ラバルがテクノロジーに革命を起こし続けるために取っているステップについて詳しく学んでください。