アルファ・ラバル UniDisc™

アルファ・ラバルの溶接不要の UniDisc™ 設計により、新しい頂上 – より高い流量、優れた分離性能、優れた衛生状態 – を実現します。プレートに溶接されたかしめ(ディスクスペーサー)を備えた従来の分離機ディスクとは異なり、UniDisc 技術を使用したディスクは、型プレス加工中に金属プレート自体から成形された微小かしめを特徴としています。これらの微小かしめは、ディスクスタック内のディスクの数を増やし、分離表面積を増やし、分離性能を向上させます。

特長

  • シームレスな無溶接かしめ設計
  • 微小かしめの均一な分布
  • ディスクスタック内のディスク数の増加

利点

  • ディスク間の安定した均一な間隔
  • スタックを通る処理液の均一な流れ
  • 分離のためのより広い表面積
  • 各ディスク間の接触が少ないため、より高いレベルの衛生状態

利益

  • より高いレベルの製品安全
  • より高いフロー容量
  • 最大 30% の分離効率の向上
  • クリーニングとメンテナンスがより速く、簡単で、費用対効果が高い
.

それを使用する場所

高い衛生要件があり、現在乳製品および製薬業界で使用されている分離システムで利用可能な大容量および低固形物負荷の用途に適しています。

.

UniDisc の仕組み

UniDisc は単一の金属シートからプレスされ、ディスクスペーサーを備えた円錐ディスクを形成します。これらのスペーサーはディスクの表面全体に均一に分散されているため、ディスク間の距離が均一になり、堅牢で剛性のあるディスクスタックが得られます。微小かしめは、溶接スペーサーよりも小さくて短いため、分離領域がわずかに広くなり、より多くのディスクをディスクスタックに収めることができます。沈降面積の増加は、分離機のサイズとタイプによって異なります。

UniDisc:専門家の見解

UniDisc の設計の詳細をご覧ください。このビデオでは、UniDisc 技術のコンセプト開発に直接関与した1人の技術員を含む、2人のアルファ・ラバルの分離専門家から話を聞きます。彼らは、設計の起源、それがどのように作用するかについての詳細情報、及びさまざまな遠心分離機の用途で提供できる利益について説明します。

UniDisc:魔法ではなく、単にイノベーション

アルファ・ラバルの新しい UniDisc™ 技術により、最大 30% 高い分離効率と、ディスクスタック分離機からこれまでにないほどの衛生状態を実現します。

プレートに溶接されたかしめ(ディスクスペーサー)を備えた従来の分離機ディスクとは異なり、UniDisc™ 技術を使用したディスクは、金属プレートのプレス中に成形された微小かしめを特徴としています。その結果、より高い分離効率と比類のない洗浄性を備えたディスクスタックが実現します。

それは魔法ではありません。これは、アルファ・ラバルの画期的な分離機のイノベーションの1つにすぎません。

アルファ・ラバルの機能を活用する

すべてのアルファ・ラバルの分離機は、ディスク型分離技術での130年以上の経験とお客様のプロセスに関する私たちの深い知識を活用して開発されています。その専門知識のすべてが、分離性能を向上させるための独自の機能にどのように組み込まれているかをご覧ください。