アルファ・ラバル TopStream

アルファ・ラバル TopStream™/ Bactofuge™ 技術は、固形物の含有量が多い製品を処理するときに使用される連続的な固形物排出の方法です。より高い分離出力を提供すると同時に、後で再利用するために排出された固形物の品質を維持することを可能にします。この革新的な連続固形物排出方法は、酵母、果肉、乳製品などの食品加工において重要です。フルーツジュースの場合、TopStream は安定したプロセス性能を提供すると同時に、分離機から出てくる乾燥パルプの流れを確実に再利用できます。製薬業界では、穏やかな固形物の取り扱いにより、細胞溶解が最小限に抑えられます。

特長

  • 高濃度液としての連続固形物出力
  • 断続的な排出が少ない、またはない

利点

  • 高い固形物処理能力
  • 穏やかな製品の取り扱い
  • 乾燥度の高い固形物の流れ(乾燥パルプ)の作成
  • より高い生産性と歩留まり
  • 少ないエネルギー消費

利益

  • 生産能力の向上
  • 高い製品品質
  • 後で再利用するために排出された固形物の品質の維持
  • エネルギー消費の低減
.

それを使用する場所

食品、乳製品、醸造所、バイオテクノロジー、製薬業界全体のプロセスで。

.

TopStream の仕組み

TopStream / Bactofuge 技術は通常、固形物含有量の重液相の連続的な排出を必要とする用途で使用されます。断続的な排出に加えてよく使用されます。特別に設計された上部ディスクは、常に上部ディスク上を流れ、2番目の出口から分離機を去る重い相の液体の連続的な排出を可能にします。重液相がフレームケーシングと接触することがないため、固形物の汚染や劣化が防止されます。断続的な排出はまだ発生しますが、頻度は少なくなります。これにより、プロセスの安定性、製品の品質、歩留まりが向上し、プロセスの中断、製品の損失、エネルギー消費、分離機への負担が軽減されます。

アルファ・ラバルの機能を活用する

すべてのアルファ・ラバルの分離機は、ディスク型分離技術での130年以上の経験とお客様のプロセスに関する私たちの深い知識を活用して開発されています。その専門知識のすべてが、分離性能を向上させるための独自の機能にどのように組み込まれているかをご覧ください。