アルファ・ラバル eDrive

アルファ・ラバル eDrive™ により、分離機の駆動システムが簡単になり、エネルギーコストを低減します。従来のギア駆動システムに比べ回転部品が少なく、内蔵オイル品質制御システムを搭載、稼働時間の延長、メンテナスサービスの間隔の延長、エネルギー効率の向上等、コストの削減につながります。

特長

  • エネルギー効率の高い直接駆動システム
  • 3つのベアリングを備えた単一のシャフト
  • 油の品質管理と冷却システム

利点

  • エネルギー損失が少ない
  • 回転部品が少ない
  • 高品質で均一なオイル品質

利益

  • エネルギー効率の向上
  • より多くの稼働時間
  • 最小限のメンテナンス、より長いサービス間隔
  • 最小限の運用コスト
  • 摩耗関連のメンテナンスコストの削減
.

それを使用する場所

アルファ・ラバル eDrive は通常、醸造所および乳業の分離機システム用に提供されます。

.

eDrive の仕組み

分離機の両端を利用して総エネルギー消費量を制限することで、小型でエネルギー効率の高いモーターを機械内に配置できます。最大7つのベアリングと3つのシャフトを備えた一般的なギア駆動システムとは異なり、コンパクトで省スペースの設計の eDrive には、3つのベアリングを備えた1つのシャフトしかありません。

eDrive:専門家の見解

このビデオを見て、eDrive™ が従来の駆動システムよりも少ない部品で機械的なシンプルさを保証する方法を学んでください。新しい分離コンセプトの開発をリードする私たちの専門家は、長年の専門知識を共有して、eDrive がどのようにエネルギー効率を改善し、さらに運用および摩耗関連のメンテナンスコストを最小限に抑えるかを説明します。

eDrive™ and Hermetic Design mean energy and cost efficiency

Take a closer look at Alfa Laval’s unique eDrive system. This animation goes inside an Alfa Laval separator to give you a better view of how the technology works. It explains how eDrive in combination with our Hermetic Design concept provides market-leading energy efficiency along with market-leading cost savings.

アルファ・ラバルの機能を活用する

すべてのアルファ・ラバルの分離機は、ディスク型分離技術での130年以上の経験とお客様のプロセスに関する私たちの深い知識を活用して開発されています。その専門知識のすべてが、分離性能を向上させるための独自の機能にどのように組み込まれているかをご覧ください。