分離機イノベーター

卓越したビジネスのための画期的な分離テクノロジー

イノベーション:分離技術の中心

イノベーションは 130 年以上、アルファ・ラバルの分離技術の中心になってきました。当社のお客様は、ごく最初から私たちの駆動力になり、お客様の課題の創造的なソリューションを見つけるよう推し進めてこられました。専門チームとイノベーションの精神をもつ当社は、向上した効率と堅牢な信頼性に加え、低いライフサイクル全体のコストを実現するますます多くの分離ソリューションを提供できます。私たちの目標は、分離技術に革命を起こし、お客様の日々の業務を改善し続けることです。下記に当社の最新のイノベーションをご覧になり、私たちのノウハウからインスピレーションを得てください。

disc stack separator innovator

Alfa-Laval-CultureONE.jpg

焦点のイノベーション

シングルユ—スのバイオ医薬品の処理向けの最初の高級分離ソリューション

UniDisc:より高い処理能力を実現する最新の衛生的なディスクスタック

eMotion:消費電力を最大 70% 削減


バイオテクノロジーおよび医薬品

魔法ではなく技術革新:アルファ・ラバルUniDisc™

アルファ・ラバルの新たなUniDisc™技術が、分離効率を最大30%向上させ、衛生度を新たなレベルにまで高めます。

Bactofuge 密閉技術によるバイオマスの効率的な分離

化学薬品の巨人 BASF が、家畜栄養用酵素の生産においてバイオマスを効率的に分離するためにアルファ・ラバルの Bactofuge デザインとヘルメチックデザインからどのように恩恵を受けたかをご覧ください。いくつかの分離技術をテストした後、BASF は、高い分離面積と高いg力を持つ Bactofuge だけが、困難な要求を満たすことができることを発見しました。

これまでにない生産能力と衛生度を可能にする
アルファ・ラバルのUniDisc™技術

アルファ・ラバルの新しいUniDisc™技術により、分離効率が最大30%向上し、従来のディスク型分離機では得られない高い衛生度を実現します。アルファ・ラバルの専門スタッフ、MikaelaとPeterが、UniDisc™の数多くの利点と、この技術の背景にあるインスピレーションについて説明しています。

食品および飲料

監視を続け、アルファ・ラバル ConditionAlert™で性能を継続

アルファ・ラバルのディスク型分離機用の ConditionAlert™接続性ソリューションは、メンテナンスの最適化と稼働時間の増加に役立つ非常に貴重な情報を提供します。この動画でその仕組みをご覧ください。

.

1kWあたりの生産量を
2倍にするアルファ・
ラバルのeMotion™

ユニークなeMotion™テクノロジーがディスクスタック分離機のボウルにおける摩擦をいかに低減し、電力使用量の大幅な削減やその他の数々の重要なメリットを実現するかを、アルファ・ラバルの専門スタッフ、Ioannisが説明します。

eMotion™の魔法を発見する

アルファ・ラバルの eMotion™の背後にあるインスピレーション、機能、および利点について学びます。これにより、従来の遠心分離機と比較してエネルギー消費を最大 60% 削減できます。

eMotion™による効率的な生産物回収

欧州のある醸造所は、アルファ・ラバルのBrew 701 eMotion™ を導入することで、エネルギー消費量を最小限に抑えながら、ビールの回収を最大限にすることに成功しました。

詳細


.

eDrive™とヘルメチックデザインはエネルギーとコスト効率を意味します

このビデオでは、アルファ・ラバル eDrive™とヘルメチックデザインの技術と利点を紹介します。これらは、製品品質の向上とエネルギー消費の削減の両方を保証するのに役立ちます。

ヘルメチックデザイン:高品質な製品のための穏やかな処理

アルファ・ラバルのライフサイエンスおよび発酵工業用分離機のグローバルセールスマネージャーである Stephen Cripps が、そのヘルメチックデザイン技術の仕組みと、穏やかな製品の取り扱いでの最高の製品品質、簡単なメンテナンスと最小限のエネルギー消費を実現する方法について説明します。

.

エネルギー

Alfa Laval Explore digital tool

アルファ・ラバル Explore - 新しいオンラインツール

アルファ・ラバルは、分離の課題に直面しており、性能を向上させたいプロセス産業を対象とした新しいオンラインツールを発表しました。アルファ・ラバル Exploreは、分離性能を迅速にスクリーニングおよび予測します。

.

舶用

Alfa Laval PureNOx Prime

Find out why Exhaust Gas Recirculation (EGR) with Alfa Laval separation technology is the smart choice when it comes to NOx abatement at sea.

エンジンを保護しつつ
燃料油を節約

この技術情報誌「Blue Book」の最新版では、特定のコンポーネントの詳細情報と燃料y油処理全般について、舶用向けにアルファ・ラバル 適合油コンセプトの概要を説明しています。

BlueBookをダウンロード(日本語PDF)

Engine protection with Alfa Laval separators

Fuels is the single biggest operating cost of a ship, and professional fuel management is essential to avoid serious breakdowns. Hear from marine industry experts about how Alfa Laval separation technology helps lower costs and mitigate risks at sea.

触媒粒子による損傷と戦う

このCIMACの論文をダウンロードすれば、自動流量制御と強力な監視機能を備えた適正な燃料クリーニングシステムが、舶用2ストロークエンジンにおける触媒粒子の損傷リスクをいかに削減できるかを学べます。

 CIMACの論文をダウンロード

 

Meeting a 5 ppm limit with PureBilge

For the latest additions to its fleet, Dutch transport specialist switched from coalesces systems to Alfa Laval PureBilge separator systems for bilge water treatment. Find out why.

Learn more

The unfiltered truth about bilge water treatment

Despite passing tests on land, many bilge water treatment systems are unable to handle real-life conditions at sea. Find out why separator systems like Alfa Laval PureBilge can provide reliable compliance. 

Why gamble on the magic pipe?

Why is it so important to comply with worldwide bilge water regulations and how can you pick the right technology for the job? With this white paper from Alfa Laval, you can find expert answers to all your bilge water questions.

Download white paper

業界のイノベーションを探る

バイオテック & 医薬

どのようにアルファ・ラバルのイノベーションがバイオ医薬品の生産を最適化し、品質と安全を確保する助けになっているかをご覧ください。

食品、乳業と飲料

食品、乳業と飲料産業における当社の分離装置の革新的な機能を発見し、どのように品質とエネルギー消費の改善に役立っているかを知ってください。

エネルギーと船舶

オイルとガス産業および船舶の用途で、アルファ・ラバルのイノベーションが性能、エネルギー消費、持続的な経営の改善に役立っているかを知ってください。

分離技術の詳細

仕組み

分離技術は、食品、乳業と飲料、製薬から、船舶、エネルギー、水処理、廃棄物処理まで、幅広い主要産業に不可欠です。よりクリーンな物質、貴重な副産物、および廃棄する廃棄物の量を削減することを目的として、液体から液体および液体から固形物を分離するためにさまざまな技術が使用されています。

アルファ・ラバルの機能を活用する

すべてのアルファ・ラバルの分離機は、ディスク型分離技術での130年以上の経験とお客様のプロセスに関する私たちの深い知識を活用して開発されています。その専門知識のすべてが、分離性能を向上させるための独自の機能にどのように組み込まれているかをご覧ください。