Alfa Laval - 潤滑油フィルタ

潤滑油フィルタ

Alfa Laval潤滑油フィルタは、トランクピストン式およびクロスヘッド式機関用の潤滑油のフルフローフィルタをご提供します。タイプ160、240、280、および350により、すべての潤滑油フローをカバーします。また、エリミネーターとの組み合わせることもできます。これにより、保護が一層強化され、油の寿命が延びます。

Alfa Laval lubricating oil filters product image

アルファ・ラバルの自動潤滑油フィルタシステムは、トランクピストン式およびクロスヘッド式機関用の潤滑油のフルフローフィルタ用に特別に設計されています。それらの非常に効果的なフィルタリングは、汚染物質が機関のデリケートな部分に入るのを防ぎ、機関の摩耗を減らし、信頼性を高めます。コンパクトで省スペースの設計により、設置が簡単で、既存の設備へのアップグレードとしてレトロフィットを行うことができます。

Alfa Laval自動潤滑油フィルタシステムのコア機能である連続逆洗機能により、フィルタ表面の残留固形分の癒着を防ぎますので、フィルタエレメントを手動でクリーニングする必要はありません。したがって、フィルタは、一度クリーニングすると次の整備までの間に12,000時間以上稼働します。

さらに、フィルタエレメント全体の圧力損失は低く一定であるため、フィルタエレメントにクラックが入るリスクが軽減されます。逆洗中は、圧力損失はまったくありません。機関の潤滑油システムの圧力がほぼ一定であるため、圧力の変化を記録するだけで、誤動作を簡単に検出できます。

アルファ・ラバルの潤滑油フィルタには主に3つのタイプがあり、すべて連続逆洗機能を備えています。 Xタイプはクロスヘッド式機関用に設計されており、Tタイプはトランクピストン式機関用に設計されており、エリミネータータイプは最大容量5,000kWのトランクピストン式機関用に設計されています

特定のXおよびTモデルには、フルフローチャンバーから逆洗された粒子を収集する特別な分流チャンバーがあり、メンテナンスフリーのスラッジ処理システムとして自動で機能します。 エリミネーターモデルは、もう一つ高性能テクノロジーがあり、フルフロー自動フィルタをフィルタから洗い流された油から粒子を除去するための特別なディスク型遠心分離機で、油を機関サンプに戻します。

 

動作原理

フィルタに入るろ過されていない油は、分配器によって12のろ過カラムのうち11に供給されます。固形物はフィルタ表面に集められ、ろ過された油は機関に流れます。以前に収集された固形物は、少量のろ過された油で逆洗することにより、12番目のカラムで除去されます。

その後、逆洗された油出口を経由して分配器の通路を通って、潤滑油サンプに戻されます。フィルタハウジング上部の油圧モーターによって駆動される分配器は、一定の間隔で回転して、11のカラムでろ過するための油を供給し、12で逆洗します。

このようにして、分配器が1回転するごとにすべてのカラムが逆洗されます。これは1〜3分ごとに相当します。フィルタの入口と出口の間に接続された圧力損失インジケーターは、何らかの理由で圧力損失がアラームレベルに達した場合に、読み取り値を提供し、アラーム状態を通知します。これは、潤滑油システムに問題があることを示しています。

フィルタの清浄油出口(P2)と逆洗油出口(P3)の間の圧力差が自動逆洗の推進力となっています。

補助装置として、圧力損失インジケーター、検査カバー、カウンターフランジが用意されています。入口ハウジングに取り付ける磁気プレートなど、追加機能のオプションがあります。