Alfa Laval - 燃料油フィルタ

燃料油フィルタ

アルファ・ラバルの燃料油フィルタは、2ストローク式および4ストローク式ディーゼル機関用の重油のフルフローフィルタを提供します。触媒微粒子などの汚染物質に対する保護を強化するための微ろ過グレードを含む、幅広いろ過グレードを提供しています。

fuel oil filters and separator

燃料油フィルタ

アルファラバル自動燃料油フィルタシステムのFタイプのラインは、700 cSt / 50°Cまでの燃料油(FO)、低質燃料油(HFO)、および船舶用ディーゼル油(MDO)の効果的な全流量式ろ過を提供します。これらの燃料は、最新の2ストローク式および4ストローク式ディーゼル機関で広く使用されており、そのような燃料の品質と清浄度は、機関効率、燃料消費量、信頼性、および耐用年数に重要な影響を及ぼします。

このラインの自動燃料油フィルタシステムは、非常に限られた投資しか必要とせず、信頼性の高い機関動作に役立ち、意図したとおりに動作する機関を求める方にとっても安心です。堅牢で省スペースの設計により、これらのユニットは簡単に設置でき、既存の設備へのアップグレードとしてレトロフィットを行うこともできます。

これらのユニットは、すでにろ過された燃料油を使用してフィルタを逆洗し、圧縮された空気の供給を不要にします。次に、この逆洗された油は、システムに再循環される前に、特別なフィルタを備えた分流チャンバー(これも同じ逆洗の原理を使用)で再ろ過することによって洗浄されます。この分流チャンバーは、メンテナンスフリーの自動スラッジ処理システムとして機能し、フルフローチャンバーから逆洗された粒子を収集して濃縮し、その後の洗浄プロセスで濃縮スラッジにします。

これは、手動洗浄または交換が必要な消耗品のいずれかを伴うスラッジ処理ユニットの必要がないことを意味します。設置は、機関の最大限な保護のため、燃料油システムの循環側(ホットループ)に取り付けることをおすすめします。冷えた逆洗媒体の使用を排除することは、燃料中にアスファルテンの形成をもたらす可能性のある熱ショックを防ぎます。自動タイマー付きのドレンバルブやバイパスフィルタ付きの内蔵切り替えバルブなどの追加機能のオプションを利用できるため、日常のメンテナンス中に操作を中断することなく続行できます。

動作原理

アルファ・ラバルの自動燃料油フィルタシステムの背景にある基本原理は、たとえば、システムに存在する可能性のある大きな異物を取り除くストレーナーにメンテナンス後に残留していた場合などに油が最初にフィルタを通って機関に向かってポンプで送られる場合などを想定しています。

フルフローフィルタエレメント

次に、フィルタハウジングの上部にある電気モーターによって駆動される分配器が、一連のフルフローフィルタエレメントを介して燃料油を供給します。各フィルタエレメントは、フィルタフレームとフィルタスクリーンで構成され、リブによってセクションに分割されています。個々のフィルタエレメントはフィルタディスクのスタックに組み立てられ、セクションは8つの独立したフルフローフィルタカラムを形成しています。

分配器は定期的に回転し、8つのフルフローフィルタリングカラムのうち7つを満たします。固形物がフィルタ表面に集まり、ろ過されたオイルがエンジンに流れます。

固形物の逆洗

8番目のカラムでは、収集された固形物は、少量のろ過された油を分配器の通路から分流チャンバーに逆洗することによって除去されます。これは、分配器が完全に回転するたびに、すべてのフィルタカラムが1回逆洗されることを意味します。これには通常最大2分かかります。

ろ過された固形物を含む逆洗された油は、次に分流チャンバーに入り、ここで8つのろ過カラムのうち7つを通過してから、脱気装置(「ホットサイド」システム)または供給ポンプの(「コールドサイド」システムで)吸引側に戻されます。同時に、8つ目で清浄油による逆洗が行われ、除去された固形物は分流チャンバーの底に沈殿し、定期的に排水コックから排出されます。

フルフローチャンバーの入口と出口の間に圧力降下インジケーターが取り付けられており、圧力損失が危険なレベルに達した場合にアラーム信号で通知します。

自動逆洗のプロセスは、フィルタの清浄油出口と逆洗油出口の間のわずかな圧力差によって駆動されます。