Alfa Laval - 290 Filter

290 Filter

Alfa Laval 290フィルタは、実質的に圧力損失のない微細なろ過をします。 4ストローク式機関用の潤滑油のろ過や2ストローク式機関用の油圧制御油のろ過など、多くのアプリケーションに適しています。分岐チャンバーやエリミネーターとの組み合わせなど、様々なスラッジ除去装置で利用できます。

Separators

Alfa Laval 290 ストローク式機関用潤滑油フィルタ

Alfa Laval 290 4ストローク式機関用潤滑油フィルタは、幅広い性能を持ち、従来のフィルタよりも細かいろ過をします。 非常にコンパクトで適応性が高く、今日の厳しい4ストローク式機関設計に適合しています。

このフィルタは、IMO Tier IV 規制を満たすように設計された新世代の4ストローク式機関に特に適しています。 圧力損失がほとんどなく微細なろ過をすることで、油を機関へ正確かつ一定に供給します。

 フィルタの設計により、さまざまな設置が可能で、従来のように独立して設置も、最大のコンパクト効果を生むために機関にボルトで固定することも可能です。 設置サイズが小さいため、機関周りのスペースにかなりの自由度を持って配置することができます。

このフィルタは、高効率の遠心分離機で逆洗処理を提供するエリミネーターバージョンで提供できます。 この処理は、個別(標準)または統合(オンデマンド)のいずれかで行うことができ、汚れを改善し、潤滑油の寿命を延ばします。

Alfa Laval 290 油圧制御油(HCO)フィルタ

Alfa Laval 290油圧制御油(HCO)フィルタは、従来のカムシャフトが油圧制御システムに置き換えられた新世代の2ストローク式機関用の微細粒子ろ過ソリューションです。その高性能とコンパクトな性質により、油圧制御システムの保護に関連するコストと設置の複雑さの多くを取り除きます。

油圧制御システムのコアコンポーネントは、メインシステムフローから油が供給される専用バルブであり、圧力損失を最小限に抑えて非常に細かくろ過する必要があります。油圧オイルを移動するために使用される大型の遠心メインポンプの感度により、フィルタ全体でさらに圧力が低下すると、最終的に機関が損傷する危険があります。 Alfa Laval 290 HCOフィルタは、必要なレベルの6μmでろ過を提供しますが、フィルタ全体の流量と圧力は実質的に影響を受けません。これにより、機関の安全マージンが確保されます。

Alfa Laval 290 HCOフィルタは十分な流量により、継続的に逆洗できます。順次逆洗とは異なり、連続逆洗は汚れの一時的な蓄積さえも防ぎます。また、圧力損失の増加がありません。

逆洗はフィルタ内の分岐チャンバーで処理されるため、コンパクトで簡単に設置できるソリューションとなります。逆洗は油圧モーターによって駆動されるため、追加のタンクやセパレーターは必要ありません。また、空気や電気接続も必要ありません。

動作原理

アルファ・ラバル アトリウムテクノロジー採用

たとえば、油圧制御オイルに必要な6μmの非常に細かいグレードでは、広いフィルタ面積が細かいろ過に不可欠です。新しいアルファ・ラバル アトリウムテクノロジーを使用したAlfa Laval 290のフィルタは、圧力損失にほとんど影響を与えることなく、フィルタ表面を大幅に増加させます。

これは、アトリウムフィルタエレメントの特別な特許取得済みの形状と、それらのより小さく高度に最適化されたフロー分配システムによって可能になります。 アトリウムテクノロジーは、利用可能なフィルタ面とフィルタの総面積/ボリュームの間に市場で最高の比率を生み出します。

アトリウムテクノロジーは、今日、4ストローク式機関用の潤滑油フィルタおよび2ストローク式機関用の油圧制御オイルフィルタに採用されていますが、アルファ・ラバル  290フィルタの範囲拡大に伴い、複数のフィルタプリケーションでの採用の可能性があります。