Alfa Laval - Flexitherm Core

Flexitherm Core

Alfa Laval Flexitherm Coreは、ビールや他の飲料の低温殺菌のための標準化された低温殺菌モジュールの範囲です。 Flexithermの低温殺菌技術は、衛生的に梱包された腐敗しやすい飲料(炭酸化されているかどうか)の長い貯蔵寿命を保証するための選択肢のソリューションと広く考えられています。 すべてのモジュールは、事前定義された一連の動作条件に最適な主流のプロセス設計構成と自動化セットアップで事前に設計されています。

Flexitherm core 640x360

可変フロー中でも安定した製品処理

  • 低温殺菌装置の信頼性の高い制御による一貫した低温殺菌(一定の稼働条件を前提とした目標の+/- 10%以内の変動
  • 非常に低いエネルギー消費で持続可能な運転(有効エネルギー回収率94%)
  • 標準化されたプラグイン設計により、迅速な納品が可能(受注後12週間で出荷可能)
  • フレーム実装モジュールの事前組立および工場試験による現場設置および試運転の最小限(2週間程度)
  • オペレータの介入を排除する最先端の自動制御システムにより、優れた生産効率と最小の製品損失

Flexithermコア低温殺菌モジュールは、高効率プレート熱交換器を使用して、製品中の望ましくない微生物を熱的に破壊し、その微生物学的安定性(貯蔵寿命ともいう)を増加させます。 殺菌ユニット(PU)で表される所望の処理は、高温および保持時間の組み合わせの結果です。

.

大部分の低温殺菌のための機械

Flexithermコア範囲の標準構成は、ビールや他の飲料の低温殺菌のための通常の低温殺菌能力要件(40〜400 hl / hr)の大部分をカバーしています。 各低温殺菌モジュールは、以下に基づいて可変フローで一定の低温殺菌効果(10〜100単位から選択可能)を提供するように最適化されています。

  • 製品の入口/出口温度2℃、圧力200kPa
  • CO 2含有量6.0g /リットルまで
  • 低温殺菌温度67-76℃
  • 最大容量で30秒の保持時間

動作原理

.

低温殺菌モジュールの設計

Flexitherm Core低温殺菌モジュールのモジュール設計には、次の2つの部分があります。

  1. 熱処理装置
  2. バッファタンクとルーティング

標準化された試用済みの構成を包括的に選択できます。

 

高熱回収と柔軟な容量による熱処理

熱処理装置は、Flexitherm Core低温殺菌モジュールの中心にあります。 ここで、入ってくる製品は加熱され、処理され、冷却されます。 製品の加熱は最初に熱回収セクションで行われ、エネルギー消費を最小限に抑え、次に専用の加熱セクションで必要な低温殺菌温度を達成します。 高温への過剰暴露による製品の劣化を最小限に抑えるために、加熱部は水蒸気が供給されるろう付けプレート熱交換器を通して水を再循環させます。 必要な出口温度に到達するために、処理された生成物は、最初に熱回収部で冷却され、次いで外部冷却媒体を用いて専用冷却部で冷却されます。 不安定な冷却媒体の供給がある場合、オプションの再循環ポンプは、一貫性のある最適な冷却条件を保証し、製品が熱交換器内で凍結するのを防ぎます。

熱処理装置の能力は、充填プロセス中の要求の変動に対応するように調整することができ、低温殺菌温度は常に一貫した低温殺菌ユニット効果を維持するように調節されます。

熱処理装置のオプション機能には、入口圧力の制御、自動メディアシャットオフバルブ、蒸気圧力調整、凝縮液回収などがあります。

低温殺菌モジュール内の適切に構造化されたPLCソフトウェアは、イーサネットまたはProfibusを介して自動化された制御システムを大規模な監視システムに直接統合します。

.

パンフレット

パンフレットをダウンロードすると、アルファ・ラバルFlexithermコア低温殺菌モジュールの性能、実用性、および技術的詳細についてご覧いただけます。

beer
.

お問い合わせ内容の入力

当社では、飲料やビールの低温殺菌処理にフリーサイズの汎用的なアプローチを提供していません。それで、ご提案の前にまず、お客様の側から目標や志向、要件をお聞きして、当社のFlexitherm Core がどのようにお客様のビジネスの向上に役立つか、個別にお話したいと思っています。

上記の情報は、当社のプライバシーポリシーに従って保存および処理されます。

.
hops
Hops clear green 640x360

ビール製造

優れた醸造に必要なものすべて

最高級ブランドの醸成、または最新のクラフトビールスタイルの醸成のいずれであっても、アルファ・ラバルは差別化と拡大をお手伝いします。