Alfa Laval - Smit Gas FIN

Smit Gas FIN

アルファ・ラバルのSmit Gas FINは、低圧を使用する煙道ガス型の飽和イナートガスシステムです。煙道ガス型のSmit Gas FINシステムは、重油燃焼ボイラーから出る煙道ガスを利用するよう特別に設計されており、主に原油タンカーで使用されています。

flue gas system

成功をおさめたAlfa Laval Aalborgでは、2004年に新しい煙道ガスシステムを導入しました。これは、小型の構造と、高度粒子除去能力を組み合わせた設備です。

現行のシステムは、高度粒子除去能力と小型の構造を組み合わせた設備です。造船所、船主、オペレーターといった顧客のフィードバックを得て開発されたため、据付が容易で、運転上の幅広いメリットが得られます。

設計データ

  • 容量: 3,000~30,000 m³
  • 構造: 煙道ガス洗浄
  • 圧力: 0.1 bar (g)
  • 露点: 飽和(乾燥)
  • 推奨する据付対象: プロダクトタンカー、原油タンカー、FPS(浮体式生産システム)

用途

  • 原油タンカー
  • プロダクトタンカー

動作原理

アルファ・ラバルのSmitイナートガスシステムは、重油燃焼ボイラーから出る煙道ガスを利用するよう特別に設計されています。煙道ガスはファンによってボイラーから排出され、その後スクラバーを通して取り込まれ、冷却され、クリーニングされてから貨物タンクに送られます。