Alfa Laval - HWL - Hot water loop

HWL - Hot water loop

造水装置のための温水の加熱と循環用です。継続的な最大淡水の生成を確保し、機関が稼働していないときでも一定の温度と流量を確保するように設計されています。

hot water loop

特徴

  • モジュラーでコンパクトなデザイン
  • 操作の柔軟性
  • 自動操作
  • 主機関またはその他の機器の予熱に対応

 

利点

  • シンプルで低コストの設置
  • わずかな設置スペース
  • 適切な温度と量の加熱水の使用により、常に新鮮な水を最大限に生成可能
  • 自動調整式蒸気調整装置による信頼性の高い操作
  • 主機関またはその他の機器の手間、コスト、および予熱器の設置の節約

 

 

動作原理

温水ループ内の水は、蒸気によって加熱されます。蒸気の量は、温水出口ラインに取り付けられた温度コントローラーの設定値に基づいて、蒸気制御バルブによって調整されます。温水ポンプは、温水ループ熱交換器への一定の流れを確実にし、機関が低負荷または停止しているときに再循環を可能にします。温水ループを機関の予熱に使用する場合は、このポンプが稼働している必要があります。ブラインドフランジ接続により、さまざまな加熱または予熱目的で温水ループの接続をすることができます。

hot water loop