Alfa Laval - MEP - Multi-effect plate evaporator

MEP - Multi-effect plate evaporator

Alfa Laval 多重効用プレート式(MEP)造水装置は、クルーズ船やディーゼル発電所で使用されており、可能な限り低い総生産コストで最高品質の造水が可能です。

freshwater generators

用途

世界の船団やディーゼル発電所の需要を満たすために高品質の新鮮な水を供給することは、持続可能な開発を支援するために必要なことです。飲用に適した造水の需要の高まりに対応するには、経済的で効率的な脱塩技術を提供できることが重要です。

アルファ・ラバルのMEPシステム

Alfa Laval MEP造水装置は、海水を使用して、導電率が20μS/ cm未満の最高品質の淡水を、可能な限り低い総製造コストで製造する、使いやすい造水装置です。

経済的で高効率のMEP造水装置は、プレートタイプのエバポレーター/コンデンサーの組み合わせ効果を採用して、温水または低圧蒸気、あるいはその両方から利用可能な廃熱を使用して新鮮な水を生成します。この自己完結型の自動エバポレーターは、非常に高い熱効率に設計されており、廃熱をほとんど使用せずに高い生産率を実現します。さらに、最適化されたポンプ構成を使用し、海水ポンプに周波数制御モーターを適用することにより、電気エネルギー消費を最小限に抑えます。

MEP造水装置は最高水準の信頼性を持ち、モジュール式の設計により、あらゆる船舶、ディーゼル発電所の要件に合わせて簡単にオーダーメイド設計できます。簡単な操作と自動制御により、逆浸透(RO)や多段フラッシュ法(MSF)などのテクノロジーと比較しても、低コストで最大の稼働時間を実現します。軽量かつ省スペースの設計は、他のエバポレーターと比較して、その体積と重量からはるかに高い熱効率を提供しながら、より少ない設置面積を必要とします。

これにより、他の脱塩技術よりもはるかに大量の淡水を生成することができます。 MEP造水装置では、電気と化学薬品の消費量の両方を最小限に 抑えられます。たとえば4段式のMEP-4-750型造水装置の場合、 電力消費量は2.5kWh/m3で済みます。さらにMEPは海水循環ポンプや消泡剤注入の必要がないため、スケール防止剤の消費量は従来のMSFユニットに比べてはるかに少なくて済みます。

 

特徴と利点

  • 高信頼性
  • 高効率
  • 総造水コストが最も低い
  • エネルギー効率
  • 環境への影響を最小限に抑える
  • 化学物質の保管と消費の削減
  • 最小限のメンテナンスと故障停止時間
  • 加熱面への直接アクセスが可能
  • 簡単で自動化された操作

 

動作原理

MEP脱塩プロセスは、一連の効用(2)として知られる蒸発/凝縮チャンバーから構成されています。各効用には、特許取得済みのアルファ・ラバル プレートの熱伝達面が備え付けられており、効用のプレートチャネルの片面で海水が加熱され、部分的に蒸発して蒸留させ、それは次の効用で使用されます。一方、前の効用から留出された蒸気は凝縮され、潜熱を放出し、純粋な蒸留水になります。

効用全体で部分的な圧力差を維持することにより、プロセスは利用可能な低グレードの熱エネルギー源から最大の効率を生み出すことができます。システムのパフォーマンスと資本コストは、ユニットに含まれる効用の数に比例します。

海水は、海水ポンプ(8)を介してコンデンサー(1)にポンプで送られます。ここで、海水は冷却剤として機能し、システムに供給された熱を取り除き、それによって適切なエネルギーバランスを維持します。コンデンサーでは、最後の効果で生成された蒸気が凝縮されて純粋な蒸留水になります。

蒸気が凝縮すると、熱が海水に伝わります。海水ポンプ(8)はまた、予熱された海水をコンデンサーの下流に輸送して、蒸発のためにユニットの効用(2)に送ります。海水はプレートスタックの蒸発側に導かれ、プレート上に均一で制御された薄膜を作成します。スケールを最小限に抑えるために、プレート表面の特別な設計により、乾燥領域のない均一な流れが確保されます。プレートスタックの蒸発側では、プレートスタックの凝縮側からの熱によって海水が部分的に蒸発します。このようにして生成された蒸気は、デミスターを通過して水滴から塩を分離してから、蒸気が後続の熱交換器プレートの凝縮側に入ります。ここで、蒸気は、その潜熱をプレートを通して蒸発側に伝達しながら、蒸留水に凝縮します。

このプロセスはすべての効用で繰り返されます。最後に、最後の効用から淡水と塩水が抽出されます。蒸発は大気圧未満の条件で行われ、真空条件はベントシステムによって作成および維持されます。フロー図に示すように、ベントシステムは水駆動のエジェクタ(5および6)です。

ベントシステムは、起動時にプラントから空気を除去し、プラントの稼働中に非凝縮性ガスを抽出します。

 

 

 

Alfa Laval MEP in brief

  • 製造コストが低い
  • 最先端かつ使い勝手の良い制御技術
  • 始動と負荷変動への対応が早い
  • 海水腐食への耐久性に富むチタンプレートを採用
  • 特許取得済みのプレート設計と高熱伝導効率を確保する流下液膜式プロセス
  • 加熱面への直接アクセスが可能な独自構造
  • エバポレーターベッセルはAISI 316L100%ステンレス鋼製
  • 5~10ppmの残留塩分濃度の高い蒸留純度
  • 造水容量:200-1000m3/24h/台