Alfa Laval - MED - Multi-effect desalination

MED - Multi-effect desalination

Alfa Laval 多重効用蒸留(MED)装置は、海水を高純度の水に変換します。発電所、石油・ガス産業、太陽熱脱塩、クルーズライナー、産業・家庭用水生成に用いられています。

med multi effect desalination 640x360

熱脱塩のパイオニア

多重効用脱塩プラントは、廃熱または低圧蒸気に基づく海水蒸留を使用することにより、信頼性が高く費用効果の高い淡水の供給を確保する、現代の発電およびプロセスプラントにおいて重要なコンポーネントとなっています。

現代の海水脱塩システムにおいて、MEDは熱脱塩の最先端です。 MEDプラントからは、溶存固形分が少ない高純度の水が蒸留されます。 MEDプラントの下流でのさらなる水の脱塩は、化学物質の消費を大幅に削減し、イオン交換カラムの再生を減らすことで達成されます。

カスタムデザインのユニット

当社の製品ラインは、ユニットあたり最大1日あたり10,000 m3までの容量に対応します。標準コンポーネントとモジュラーコンセプトに基づいて、各ユニットは特定の設置ごとにカスタム設計いたします。

特徴

MEPは、わずかな設置スペースおよび軽量で、高い造水容量を提供します。これは、オフショア業界だけでなく、重量とスペースが制限要因となる可能性がある他の海洋および陸上での設置で特に価値のある機能ですが、簡単に設置できることが非常に重要です。

 

 

利点

MEP設計(チタンプレートエバポレーター式MED)は、次のようなより多くの機能と利点を提供します。

  • 腐食のない長寿命のチタンプレートタイプのエバポレーター
  • クリーニング後のパフォーマンスが100%回復
  • 最低の総造水コスト
  • 最高の可用性
  • シンプルかつ全自動の操作と簡単なメンテナンス
  • ボイラーフィード、プロセス水、飲用水用の高品質淡水

 

 

ご存じですか?

アルファ・ラバルの特許取得済みプレート熱交換器エバポレーターの適用は、蒸留技術に第2の革命をもたらし、脱塩のための蒸留技術のさらなる進歩への扉を開きました。

動作原理

多重効用脱塩プラントは通常、熱エネルギーを動力源としており、温水として、またはボイラーや蒸気タービンからの低圧蒸気として利用されます。蒸気は発電にも使用されているため、脱塩のコストが大幅に削減されます。

このプロセスは、海水の蒸発に基づいています。これは、外部エネルギー源によって生成された真空蒸気を加熱面上に移動させて、熱交換器プレートの反対側にある海水供給を加熱することによって行われます。海水の流れの一部が蒸発して純水蒸気になります。その後、水蒸気は続いての効用の蒸発エネルギーとして利用され、その後、効用の数に応じて同じプロセスが数回繰り返されます。

最後の効用で発生した水蒸気は、海水で冷却されたメインシステムのコンデンサーで凝縮されます。専用のPLC(プログラム可能なロジック制御)システムによって、短い起動時間で必要な淡水生成をするまで、脱塩ユニットは完全に自動的に動作します。

チタンプレート式MEDプラントの特徴

  • 高品質のチタンエバポレーターによる耐食性
  • PHE設計の高い熱効率により、軽量で設置面積が小さいコンパクトな設計
  • ドライスポットを回避し、それによってスケールの堆積も回避する制御された薄い落下フィルム
  • PHEユニット内の媒体の滞留時間が短いため、プロセスの応答が速くなり、スケールの堆積も減少
  • 簡単なメンテナンス。CIP洗浄と完全な機械洗浄が可能

CIP洗浄はアルカリ性のソフトスケールを除去でき、ハードスケールもPHEタイプの脱塩ユニットで100%除去できます。

 

世界中で30,000以上の設置

今日、50年以上の経験を持ち、世界中で30,000以上の設置および多数のご紹介をいただき、成功を収めているアルファ・ラバルは、まさに脱塩分野のテクノロジーにおけるリーダーです。
アルファ・ラバル製品によって、オフショアプラットフォームやクルーズ船、そしてあらゆる種類の商船で1日あたり1,000,000 m3を超える総造水量が生成されているほか、電力、産業、地方自治体で200を超える陸上設備が設置されています。