Alfa Laval - バラスト水処理装置 PureBallast 3.1

バラスト水処理装置 PureBallast 3.1

Alfa Laval PureBallast 3は、第3世代のバラスト水処理技術であり、改訂G8に対応する最初の解決策です。 淡水、汽水、海水のあらゆる水域で比類のない性能を発揮します。 現在までに、1700基以上のPureBallastシステムが販売され、そのうち数百基はレトロフィットとして設置しています。

Ballast water system

きれいなバラスト水と世界的なリーチ

  • UV透過率が42%でも最大流量
  • エネルギー効率の良い性能
  • 米国沿岸警備隊 (USCG)、IMO、およびAMSの型式承認品、また、改訂G8に対応
  • 防爆システムと小型船舶用のコンパクトシステム
  • 完全自動化によるシンプルで化学物質を使用しないオペレーション

高品質のバラスト水により、船舶が世界中を自由に航行することが可能になります。 また、世界中のどこでも当社のパートナーからサポートを受けられるという安心感があります。 当社は大規模な生産資源、包括的なサービス、世界中に存在する在庫の豊富なサプライヤー、そして最高水準のきれいなバラスト水を提供しています。

アルファ・ラバルPureBallast 3の概要

アルファ・ラバル "PureBallast 3" は、生物学的な殺滅性能からフットプリント、そして消費電力管理機能に至るまで、バラスト水処理のあらゆる面で効果的です。 インライン構造と柔軟なデザインは、ほぼ全ての船舶に適合します。 単一システムで32~3000 m3/hのバラスト水流量を処理するほか、複数のシステムによりさらに大流量に対応できます。

 

偽りのない信頼 - すべての水域

Alfa Laval PureBallast 3は、第3世代のバラスト水処理技術であり、改訂G8に対応する最初の解決策です。 現在までに、1900基以上のPureBallastシステムが販売され、そのうち数百基は改修向けに設置済みです。 さらに、Alfa Laval PureBallast 3は、十分に準備が整ったサプライヤーによりサポートされます。 大規模な生産資源、強力なパートナーシップ、および十分に整備されたサービス提供により、アルファ・ラバルはバラスト水処理において信頼性の高い選択肢です。

BWTherobanner 640x360
.

システムの概要

処理技術

アルファ・ラバル "PureBallast 3" は、Wallenius Water社との協力の元に開発された強化UV処理方式を採用しています。 淡水での運用であっても塩分や化学物質を添加せずに機能します。

生物学的殺滅

主な処理プロセスである生物学的殺滅は、強化されたUVリアクター内で行われます。 リアクター内部は、流量が最適化され、高い乱流性とUV線量の密度が維持されます。

リアクター内の中圧UVランプは、専用設計の合成石英製ランプスリーブを採用しています。 このユニークなスリーブは、より広波長スペクトルの伝送をサポートし、消毒時により大量のUV光を照射します。 リアクターの内部設計と組み合わせることで、最適なUV線量と低エネルギー消費を実現しています。

フィルタリング

この生物学的殺滅の前に、大きな生物および粒子を除去するフィルターによって、リアクターの機能は補強されます。 これにより、特に濁った沿岸水域や淡水での運用時に処理水質が向上します。

効果的なバスケット型フィルター設計がリアクターと組み合わさって、最大42%という低いUV透過率で淡水、汽水、海水のフルフロー処理が可能になります。

PureBallast-treatment-technology-624.jpg


システム

"PureBallast 3" 製品ポートフォリオは、さまざまな種類の船舶や用途の特定のニーズを満たすために開発されました。

PureBallast Compact Flex

どこにでもフィットする性能

アルファ・ラバル "PureBallast 3 Compact Flex" はほとんどの船舶に適合し、設置を容易にするためにルーズコンポーネントとして納入されます。流量は32〜1000 m3/h です。

"PureBallast 3 Compact Flex" は、フットプリントが小さく柔軟性の高いインラインシステムです。 処理段階は、インラインコンポーネントとしてバラスト配管に設置されています。 シンプルなプラグアンドプレイによる接続により、エンジニアリングと設置の時間およびコストが削減されるため、ほとんどの設置に適合します。

処理コンポーネント

  • フィルター
  • リアクター

サポートコンポーネント

追加コンポーネントは、最適な設計のために柔軟に配置できるサポートシステムです。

  • 電源盤
  • コンパクトな自動洗浄(CIP)ユニット
  • 300 m3/hを超える流量向けのLDC1/LDC2

バックフラッシュポンプ、サンプリングポイント、バルブパッケージ、リモートコントロールパネルを含めて、あらゆる船舶への設置をサポートする幅広い補助機器があります。

PureBallast System.png

compact-system-white.jpg

市場のニーズを満たすコンパクトなシステム

"PureBallast 3 Compact" は、コンパクトな設置と32〜300 m3/hの流量をサポートするプラグアンドプレイ対応のモジュールです。

スキッドに据え付けられたソリューション

アルファ・ラバル "PureBallast 3 Compact" は、スキッドに据え付けられたモジュールとして納入できます。これにより、小型であると同時に、配管工事が最小化され、設置が容易になります。 スキッドは最小のフットプリントで、簡単なプラグアンドプレイ接点により接続されます。 32〜300 m3/Hの流量向けです。

柔軟に配置できる制御盤に加え、他のすべてのコンポーネントがスキッド上に組み込まれています。 この制御盤は、ランプ駆動キャビネットと制御キャビネットを一体化したものです。

以下のコンポーネントがスキッド搭載PureBallast 3 Compactに組み込まれています。

  • フィルター
  • リアクター
  • コンパクトな自動洗浄(CIP)ユニット
  • 制御盤は、UVリアクターから30m以内で柔軟に配置できます

バックフラッシュポンプ、サンプリングポイント、バルブパッケージ、リモートコントロールパネルを含めて、あらゆる船舶への設置をサポートする幅広い補助機器があります。

Exシステム

大流量用で防爆設計のPureBallast 3は、250~3000 m3/hに対応し、複数のシステムを組み合わせることでより大きな流量の処理を可能にします。

簡素化された防爆設計

PureBallast 3は、ゾーン1、IIC、およびT4への適合性を含むさまざまな防爆構成で提供されています。 電源盤の柔軟な配置により防爆設計は簡素化され、リアクターから最大150 m離れた危険区域外の場所に設置できます。

特定の標準機能も防爆システムに関連しています。 たとえば、リアクターの温度センサーとレベルセンサーが、PLCをバイパスする安全リレーを介して接続されているため、万が一PLCの誤動作があっても信号が失われることはありません。

Ex system image.jpg


運用手順

PureBallast 3は、IMO規制水域のほとんどの状況で最大運転電力のわずか50%で運用可能です。 最も困難な運転環境では、最大出力まで高めることができます。

Ballasting.jpg

バラスティング

PureBallast 3は完全に自動化されたシステムです。 稼働開始時に、短い起動シーケンスがあります。

バラスト水処理の開始時に、取水したバラスト水は最初にフィルターを通過します。 これにより、サイズの大きな生物や粒子が除去され、処理する水の水質が向上します。 このフィルター段階は、濁った沿岸水や淡水での運用で役立ちます。

濾過後、水はリアクター段階を通過し、強化されたUVによって滅殺処理されてからバラスト水タンクに入ります。

バラスト水処理が完了すると、自動洗浄装置(CIP)サイクルでリアクターが洗浄されます。 このサイクルは、バラスト処理の直後が望ましく、30時間以内に実施すべきです。 リアクターとフィルターの両方の領域は、シャットダウン前に清水で満たされます。

デバラスティング

デバラスティングでは、フィルター段階を必要とせずに(水がすでに濾過されているため)バラスト水処理プロセスが繰り返されます。始動、CIP、およびシャットダウンシーケンスは同じです。

リアクター段階が繰り返されることにより、タンク内貯蔵中に再増殖した可能性のある微生物は滅殺処理されます。 これにより、デバラスティングの前に、水が設定された限度まで滅殺されます。

Deballasting.jpg

Environmental Legislation

すべての水域での準拠性

.

コンプライアンス

現在までに1,600基以上のPureBallastシステムが販売されています。 数百基ものPureBallastシステムが、さまざまな造船所でレトロフィットとして設置されています。

PureBallastは、コンテナ船、タンカー、ばら積み貨物船、海上補給船、海軍艦艇など、さまざまな種類の船舶用に選択されてきました。

アルファ・ラバルのPureBallast 3では、IMOおよび米国沿岸警備隊(USCG)の規制を最大限に遵守すると同時に、改訂G8にも対応しています。

IMOおよびUSCGの型式承認

PureBallast 3は、淡水、汽水、および海水用にIMOにより型式承認されています。 IMO認定による運用では、システムの電源管理などの機能を生かし最もコスト効率よく運用できます。 多くの船舶に最適です。 米国海域でバラスト水を排出する必要がある船舶では、USCG型式承認を得たPureBallast 3システムが利用可能です。 このシステムでは、特定の船舶の運用ニーズに対応するために、2つのバージョンが用意されています。 標準のUSCG認定システムでは、IMO認定システムと同じ能力を備えています。

us coast1

USCG型式承認へのアップグレード

PureBallast 3では、米国海域でのバラスト排水が必要になった場合のために、柔軟なオプションがあります。 最初にIMO規制水域向けにPureBallast 3を設置した船舶は、USCGの型式承認を受けたシステムバージョンに容易にアップグレードできます。 USCG型式承認のないバラスト水処理装置を搭載した船舶は、この主要市場で事業を行いたいバイヤーに向けた売却は困難です。

US coast2

すべての水質での準拠性

船舶で航行できる水域が増えれば、より多くのビジネス機会が得られます。

すべての水質条件を考慮

海水と汽水はほとんどの船主にとって重要ですが、淡水を含む3水域の承認は河川やバルト海、五大湖以外の場所でも必要です。 汽水であると考えられている多くの港は、淡水に近づいています。 PureBallast 3では、塩分や化学物質を使わずに淡水を処理できます。

一部の港では、水温がほぼ0℃である場合や、透明度が低い水の場合があります。 港湾水域の紫外線透過率は通常90~60%ですが、それを下回ることもあります。 PureBallast 3は氷点下の低温水を処理し、UV透過率が42%の低い状態でも最大流量で運用できます。

保護効率

バラスト水処理に費やす時間とエネルギーが少ないほど、ビジネスに集中できます。

運用の継続

船舶にとって、効率的にバラスティングやデバラスティングを行う能力は重要です。 ただし、UVベースの処理システムの多くは、港内で水の透明度が低い場合に流量を減少させる必要があります。

これは、UV透過率が低いためで、UVランプの洗浄が効果的でない場合にさらに悪化する可能性があります。

PureBallast 3は42%の低いUV透過率で最大流量での運転が可能です。 自動洗浄装置(CIP)を使用して効率が維持されます。 これにより、乗組員の作業やランプの損傷の恐れなく、紫外線を弱める蓄積物が除去されます。

IMO規制水域の航行のそのほとんどで、PureBallast 3は最大能力の半分の電力で運転でき、最も困難な低透明度の水域でのみ電源出力がアップします。

コンプライアンス・サービス・パッケージ

バラスト水処理装置の選択期限が近づくにつれて、この1回限りの投資の長期的な影響について、認識する船主が増えています。 技術的な選択肢以外にも、サプライヤーのサービス能力が注目されています。

バラスト水排水規制が発効する前は、業界での議論は処理法の違いに主に集中していました。 しかし今日では、サプライヤー間の違いに焦点が当てられています。 バラスト水処理システムは船舶の全運航期間にわたって遵守性を維持すべきであることを考えると、船主は、サプライヤーの安定性と技術サポート、特に部品の入手性に関して懸念しています。

PureBallastコンプライアンスサービスパッケージ

この年次パッケージには、型式承認に基づいてシステムが機能していることを確認するために必要な要素がすべて含まれています。

  • 完全なシステムチェックと試験
  • 校正-すべてのセンサーとトランスミッタが制御システムに正しい値を伝達していることを確認します。
  • システム最適化
  • 乗組員ガイダンス

初めからの信頼性

IMOバラスト水管理(BWM)条約が批准されたため、2019年9月以降に行われる最初の船舶更新調査からこの要件が適用されます。

お客様のPureBallastシステムが12ヶ月以上使用されていなかった場合、予期したとおりに機能しなくなったり、始動時の損傷につながる障害が発生する可能性もあります。

コストのかかる事故を防ぎ、型式承認に従う性能を保証するため、再試運転の実施をお勧めします。

状態によって決まる範囲

当社はまず、お客様のPureBallastシステムの状態チェックを行います。 これにより、事前に再試運転について準備し、必要な部品を手元に用意することができるよう、再試運転作業の範囲とタイミングが決定されます。

状態チェックの結果に基づいて、当社は必要な修正、調整、更新、またはソフトウェアアップグレードの最適化を行います。

その後、障害が検出されなかった場合でも、システム全体のテストを行ってシステムの性能を検証します。 また、乗務員が確実にシステムを使用できるよう、船上にいる間に乗組員向けの取扱説明を提供します。

.
Legislation

認定および承認

型式承認

PureBallast 3は、IMOと米国沿岸警備隊(USCG)の双方によって型式承認されています。

IMO型式承認

PureBallastの全ての型式は、IMO型式承認を受けています。 PureBallast 3は、淡水、汽水、および海水のすべての水質での使用が明示的に承認されています。

さまざまなバラスト水処理システムのIMOタイプ承認証明書を比較するときは、認証日に注意することが重要です。 2014年より前に発行された証明書にはシステムの制限が記載されていません。

USCG型式承認

PureBallastのUSCG型式承認は2016年12月に発行されました。これにより、PureBallast 3は米国海域でバラスト水を排出することができ、すべての水質タイプ(淡水、汽水、海水)での使用が明示的に承認されています。 型式承認試験は、IMO承認バージョンのシステムと同じハードウェア、消費電力、および流量のCMFDA/FDA(染色)方法を使用して実施されました。

PureBallast 3は、船舶の認可日(当初認可日または延長日)から5年間使用できます。 PureBallast 3は、承認されたAMSおよびUSCG型式承認システムのいずれにも該当します。 AMSの運用が船舶運用の必要性を満たしている場合、USCG型式承認がなくても(たとえば、72時間のホールド時間の制限がある場合)、AMSは使用可能です(つまり、システムはIMOモードで運用できます)。

クラス認証

PureBallastは、標準バージョンおよび防爆バージョン共に、主要な船級協会によって認証されています。

型式承認証明書

    • アメリカ船級協会(ABS)
    • ビューローベリタス(BV)
    • 中国船級協会(CCS)
    • DNV-GL
    • 韓国船級協会(KR)
    • ロイドレジスター(LR)
    • イタリア船級協会(RINA)
    • ロシア船級協会(RMRS)
.