Alfa Laval - DM

DM

Alfa Laval DMは、-10÷-20°Cの範囲の蒸発温度の中温アプリケーション向けの商用および産業用冷凍冷却用のシングルパス乾式膨張式エバポレーターです。 DMは、中圧(21.5 bar(g))のR134aおよびR407F冷媒用に最適化されています。容量範囲は100〜800kW。 PED / CE、ASME、EAC、SELO、DNVおよびその他の主要な海洋承認が入手可能です。 Alfa Laval DMは、負の蒸発温度用のAlfa Laval Dryplus-3製品ラインの後続モデルです。

refrigeration cooling

Alfa Laval DMは、中温冷凍用途向けに開発された乾式膨張シェル&チューブエバポレーターです。DM設計はR407FおよびR134a冷媒用に最適化されていますが、R404AおよびR507でも使用できます。

用途

Alfa Laval DMエバポレーターは、中温(-2°C〜 + 4°C)での商業用および工業用冷凍用途、スーパーマーケットの食品貯蔵用冷却、または工業用プロセス冷却用に開発されました。これらのアプリケーションでは、通常、システムの効率と、プロピレンやエチレングリコールなどの塩水に応じて、-10〜-20°Cの範囲の蒸発温度が必要です。

技術

Alfa Laval DMの設計は、R407FおよびR134a冷媒用に最適化されていますが、R404AおよびR507でも使用できます。革新的なシングルパス向流設計により、アルファ・ラバルのDMシェル&チューブエバポレーターシリーズは、最大の効率、低コスト、および新しいレベルの競争力を保証します。

特徴

  • 新しい設計は、2017年にR404AやR507などの冷媒を段階的に廃止する将来のEU規制に準拠するために、R134aおよびR407F冷媒用に最適化(GWP> 2500)
  • シェルバイパスを最小限に抑える特許取得済みの専用分配システムと新しいバッフルにより、非常に優れた熱性能が達成。
  • 非常に効率的なシングルパスの向流設計により、可能な限り最高のパフォーマンス実現。さらに、内側に溝のあるパターンの交換チューブは、熱伝達係数を最大化し、圧力損失による悪影響を制限。
  • DMエバポレーターのサーマルサイジングにはAlfa Laval smarTubeユーザーガイドラインで他のエバポレーター(Dryplus-3およびDryplus-E)に一般的に推奨されている安全マージンは必要ありません。

Alfa Laval DM乾式膨張式エバポレーターの供給と納品

Alfa Laval DMエバポレーターは、最大1,000 kW(中温)の容量を持ついくつかの異なるモデルでご入手いただけます。

利点

  • 市場の同等製品と比較してコンパクトなデザイン
  • アルファ・ラバルラボテストによるパフォーマンスの保証
  • 市場の同等製品と比較して環境への影響が少ない:CO2排出量-52%
  • オンラインで構成可能:アルファ・ラバルの地域のセールス部門に連絡してログインを取得

オプション

  • ASME、EAC、SELO、DNV、およびその他の主要な海洋承認は、リクエストに応じてご入手いただけます
  • 取り付け脚
  • Vic:フランジ
  • 断熱材

動作原理

組成

Alfa Laval DM乾式膨張式エバポレーターは、内部フィン付きチューブを備えたシングルパスストレートチューブバンドルを含むシェル(圧力容器)で構成されています。中温冷凍用途向けに開発されたこの新設計は、R134aおよびR407F冷媒用に最適化されています。

動作原理

Alfa Laval DM乾式膨張式エバポレーターは、内部フィン付きチューブを備えたシングルパスストレートチューブバンドルを含むシェル(圧力容器)で構成されています。中温冷凍用途向けに開発されたこの新設計は、R134aおよびR407F冷媒用に最適化されています。

二相冷媒は、膨張弁を通ってエバポレーターに流れ込みます。その後、チューブ内を流れ続け、周囲の二次流体から熱を吸収しながら蒸発し、この熱損失によって冷却されます。

可能な限り最も効率的な冷却を実現するために、蒸気の形で確実にコンプレッサーに到達するようにチューブの最後の部分で冷媒が過熱されます。シェル側に特別に設計されたバッフルは、熱伝達効率をさらに高めます。